男性向け婚活&恋活

【結婚する事にメリットはない】人はなぜデメリットばかりの結婚をしたがるのか?

日本国内における婚姻率(結婚する割合)は徐々に減少傾向にあります。その昔、世間一般に男性は仕事をして、女性は家庭を守るという考え方があり、20~30代に結婚をして子どもを授かるのが普通とされていました。むしろ結婚出来ないのは、恥ずかしい感覚や周囲から冷ややかな目で見られる時代もありました。

近年では、男女問わず生涯独身を貫く人やそういった考えを持った人が増えて、恋人はいるけど籍は入れないという人も珍しくありません。そこには、結婚に対する義務感や価値観が変わってきた事が影響しているようです。結婚におけるメリット・デメリットは何なのでしょうか。何となく感じている部分はあるかと思いますが、世間の意見も取り入れながら結婚について考えてみましょう。

結婚にはデメリットしかない 生涯独身を貫く理由とは

婚姻率が減少している原因は、やはり結婚におけるメリットよりデメリットが強く感じられる事です。人間の思考は、現状を変える事に対して抵抗を覚えます。今よりも状況が良くなるのであればまだしも、悪くなると想像してわざわざ状況を変える事はしません。つまり、デメリットが多いと感じる結婚を望んでする必要がないというのが大きいでしょう。

今回、結婚経験のある男性30名にアンケートを取りました。「結婚におけるデメリットは何ですか?」という質問に対しての回答で圧倒的に多かったのはこちらです。

お金と時間が自由に使えなくなる

ほぼ全員の方が、お金と時間について不満を持っています。どうしても独身時代と比較してしまうので、自分一人で誰にも気を遣う事なく使えていたお金と時間が減ってしまうのは事実です。毎日、一生懸命働いて稼いだお金は家族のために使って、休みの日は家族サービスでどこかへ連れて行ったり外食したりと時間も使います。

周りを見れば、独身の男性は好きなだけ趣味に没頭したり飲食をしたりとお金と時間を自由に使っています。そんな状況化にいる人と自分を比較した時に「ああ、何て自分は不自由な生活を送っているんだ」と嘆いてしまうのでしょう。

昔から、男性は外で働いて家族を養う、女性は家事や育児をして家庭を守るという考え方が一般的でした。いまだにその認識は高く、特に男性の結婚に対するイメージはデメリットを先行して考えがちです。

結婚にメリットを感じないのは離婚が珍しくない現代社会が原因

また、離婚する夫婦の状況からも結婚に対する意識は変わってきたようです。現在、年間の婚姻件数と離婚件数の割合はおよそ3:1だそうです(注1)。つまり、3組のうち1組は離婚をするという計算が成り立ちます。もちろん、原因は様々でお金と時間のせいだけではないですが、デメリットとして感じている部分は、多少なりとも精神的なストレスになっているでしょう。
(注1)厚生労働省 平成29年人口動態統計の年間推計より

その昔、離婚するという行為はどこか後ろめたさもあり、世間体を気にする人も多かった時代がありました。しかし、現在は「シングルマザー」という言葉も一般的になり若い女性が1人で子どもを育てる事も珍しくありません。そこには、女性の社会的・経済的な自立が大きく関係しています。要は、生活費を稼ぐ旦那さんがいなくても何とか暮らして行けるという時代なのです。

そうなると、ますます結婚に対するメリットは弱まってきます。「わざわざデメリットがある生活を選ばなく良い」「離婚するかもしれないリスク」「世間体も気にならない」このような考え方を持つ人が増えれば、生涯独身の割合が増えるのも理解が出来そうです。

結婚にメリットを感じる瞬間は〇〇ができる事

果たして結婚する事にメリットはあるのでしょうか?実際に結婚経験のある男性30名に、「結婚におけるメリットは何ですか?」というアンケートを取りました。いくつか意見がありましたので下記をご覧ください。

多くの回答があったのは「家族ができること」です。やはり独身では味わえない家族という存在が、生活の中で精神的な安らぎと豊さを与えてくれます。そして、そこには「子ども」という存在が大きいです。夫婦という生活から新しい生命が誕生して、自分の子孫として成長して行く姿を見れる事が、結婚における最大のメリットかもしれません。

親孝行ができるという回答もありました。結婚さらには子どもが生まれる事はご両親にとってこれ以上の喜びはありません。孫を見て喜ばない親はいません。自分の子孫が生まれて成長していく姿は、目に入れても痛くないほどかわいいと表現されます。自分たちと親や家族の幸せを考えた時に、結婚という選択肢は大きなメリットの一つになると思います。

家族が出来れば共同生活になります。デメリットについては上記のようにお金や時間が制限されるという面もありますが、メリットとして考える事も出来ます。家事や悩み事色んな面で共有したりお互いにサポートし合える喜びもあります。物理的にも精神的にも「一人ではない」事は非常に心強いです。

結婚する事や結婚生活を続ける事は幸せで 結婚しない事や離婚する事は不幸である

結婚しても独身でもメリット・デメリットを感じる瞬間は存在します。双方に違いがあるとすれば、デメリットは回避する行動を取り、メリットは求める行動を取ります。最初に申し上げた通り、人間は変化に対して抵抗があります。変化よりも現状維持という選択を優先させるため、メリットを求めるのはやめてデメリットを回避する行動を取るのです。

世間一般には、まだまだ結婚に対する偏見が存在します。それは、結婚する事・結婚しない事両方に言えます。「結婚出来たら幸せ」「結婚出来ないのは不幸」「長い結婚生活を送れると成功」「離婚する事は失敗」など、どうやら自分自身ではなく他人に置き換えた時に感じる事が多いようです。

「あの人は結婚出来て幸せそうだ」「あの人は生涯独身だからかわいそう」「あの人は離婚したから失敗だ」など勝手な先入観で人の幸せや不幸を予想しているに過ぎません。結局のところ、何が幸せで不幸かは本人が感じる部分であって自分と同じ感情とは限りません。また、感情というのは瞬間的なもので永遠に続くわけでもありません。

結論としては、結婚する事・結婚しない事・離婚する事・離婚しない事に良い悪いはなく、メリット・デメリットは個人差で瞬間的に起きるものという事です。子どもが出来る家族が出来るという未知なる幸福を経験する事で、自分が生まれてきた喜びを感じる事は素晴らしい事です。そして、それを必要としない事も決して不幸な行為ではありません。

どんな人生を選択しても、メリット・デメリットの両方があるのであれば、メリットを追い求めてデメリットを少しでもプラスの感情に変える事が出来れば、どんな人生も豊かなものになるはずです。

まとめ

・結婚におけるデメリットは、お金と時間の自由がなくなる事である
・離婚する夫婦をみると結婚に対する興味が薄れていく
・結婚の最大のメリットは家族が出来る事である
・デメリットは考え方次第でプラスに変える事ができる

デメリットにおけるお金について、お金がたくさんある事や自由に使える事を幸福だと考える人は世の中にたくさんいます。物が溢れている現代社会において、確かにお金がある事は便利かもしれませんが必ずしもそれだけが幸福とは限りません

幸せだと思える瞬間を分かち合える人や困った時に助け合える人がそばにいる事は、まったく違った幸福感を味わえます。もちろん、それは結婚という形にこだわる必要はありません。ただ、人間関係を充実させる事は、人生を豊かにする大きなメリットである事は確かです。