男性向け婚活&恋活

結婚のメリットVSデメリットの勝敗を見届けた男性は幸せになれない

結婚のメリットVSデメリットの勝敗を見届けた男性は幸せになれない

結婚におけるメリット・デメリットは何なのでしょうか?何となく感じている部分はあるかと思いますが、世間の意見も取り入れながら結婚について考えてみましょう。

日本国内における婚姻率(結婚する割合)は徐々に減少傾向にあります。昔から、男性は仕事をして、女性は家庭を守るという考え方がありました。30歳までに結婚をして子どもを授かるという考え方が一般的で、結婚適齢期という言葉も流行ったりしました。むしろ結婚出来ないのは、恥ずかしい感覚や周囲から冷ややかな目で見られるほど目立った時代です。

近年では、男女問わず生涯独身を貫く人が増えて、事実婚といった籍を入れないカップルも珍しくありません。そこには、結婚に対する義務感や価値観が変わってきた事が影響しているようです

【結婚のデメリット~その1】男性が生涯独身を貫く理由とは?

【結婚のデメリット~その1】男性が生涯独身を貫く理由とは?

婚姻率が減少している原因は、やはり結婚におけるメリットよりデメリットが強く感じられる事です。人間の思考は、現状を変える事に対して抵抗を覚えます。今よりも状況が良くなるのであればまだしも、悪くなると想像してわざわざ状況を変えたりしません。つまり、デメリットが多いと感じる結婚を望んでする必要がないというのが大きいでしょう。

今回、結婚経験のある男性にアンケートを取りました。「結婚におけるデメリットは何ですか?」という質問に対しての回答で圧倒的に多かったのはこちらです。

お金と時間が自由に使えなくなる

ほぼ全員の方が、お金と時間について不満を持っています。どうしても独身時代と比較してしまうので、自分一人で誰にも気を遣う事なく使えていたお金と時間が減ってしまうのは事実です。毎日、一生懸命働いて稼いだお金は家族のために使って、休みの日は家族サービスでどこかへ連れて行ったり外食したりと時間も使います。

周りを見れば、独身の男性は好きなだけ趣味に没頭したり飲食をしたりとお金と時間を自由に使っています。そんな状況化にいる人と自分を比較した時に「ああ、何て自分は不自由な生活を送っているんだ」と嘆いてしまうのでしょう。

昔から、男性は外で働いて家族を養う、女性は家事や育児をして家庭を守るという考え方が一般的でした。いまだにその認識は高く、特に男性の結婚に対するイメージはデメリットを先行して考えがちです。

【結婚のデメリット~その2】離婚が珍しくない現代社会が原因

【結婚のデメリット~その2】離婚が珍しくない現代社会が原因

また、離婚する夫婦の状況からも結婚に対する意識は変わってきたようです。現在、年間の婚姻件数と離婚件数の割合はおよそ3:1です。つまり、3組のうち1組は離婚をするという計算が成り立ちます。もちろん、原因は様々でお金と時間のせいだけではないですが、デメリットとして感じている部分は、多少なりとも精神的なストレスになっているでしょう。

    • 参考:厚生労働省 平成29年人口動態統計の年間推計 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei17/dl/2017gaiyou.pdf

つい20~30年前まで、離婚するという行為はどこか後ろめたさもあり、世間体を気にする人も多かった時代がありました。しかし、現在は「シングルマザー」という言葉も一般的になり若い女性が1人で子どもを育てる事も珍しくありません。そこには、女性の社会的・経済的な自立が大きく関係しています。要は、生活費を稼ぐ旦那さんがいなくても何とか暮らして行ける時代になったと言えます。

そうなると、ますます結婚に対するメリットは弱まってきます。「わざわざデメリットがある生活を選ばなく良い」「離婚するかもしれないリスク」「世間体も気にならない」このような考え方を持つ人が増えれば、生涯独身の割合が増えるのも理解が出来そうです。

【結婚のメリット】お金と時間の使い方で人生が変わる

【結婚のメリット】お金と時間の使い方で人生が変わる

果たして結婚にメリットはあるのでしょうか?実際に結婚経験のある男性に、「結婚におけるメリットは何ですか?」というアンケートを取りました。回答が多かったものを並べてみましたので下記をご覧ください。

お金持ちの考え方から学ぶ

上記から考えられるポイントの1つは、、お金に関する項目がほぼない点です。唯一ある「共働きでお金を節約」という項目も、お金が増えるという感覚ではありません。無駄や余計なお金が節約できて便利といった感覚です。

お金というは、使い方によって価値がまったく違います。自分の好きなものや好きな事に使うお金は、浪費と呼ばれます。自分を満足させるために使うお金が悪いわけではありません。しかし、使ったお金は自己満足だけで無くなってしまい何も残らないのがほとんどです。

お金持ちと呼ばれる人の考え方はまったく違い、所持しているお金の大半を投資に使います。投資とは、株やFXのようなものばかりでなく、自分自身のスキルアップのための自己投資も含まれます。現在の資産を増やすのであれば、投資をする事が圧倒的に早く効率的です。

また、人材に投資するという考え方もあります。結婚して、子供が生まれて教育する資金を投資と考える人がいます。勉強だけにお金を使うのではなく、色んな所へ旅行に行ったり様々な人たちとふれあいの場を作ったりします。将来、自分の子供が成長した姿を想像するのは特別な幸福感を得られます。

時間の使い方が最も重要

そして、もう一つのポイントは時間です。最も重要なのは、お金ではなく時間に価値を見出す事です。結局、何をするにしても自分が楽しめなかったり幸福感を得られなければ、ただただ時間を浪費する事になります。それは、結婚していても独身でも同じです。

例えば、仕事が終わって家に帰ると、奥さんや子供から迎えられて、一緒に食卓を囲みます。休日は外出して遊んだり地域の交流に参加したりと、結婚すると得られる時間があります。その時間に価値を見つけるのが幸福感です。それは、あなた自身が見つけて感じられたら、誰かと比較する必要はないのです。

上記の項目についても感じ方は人それぞれです。家族といる時間を楽しめる人もいれば、苦痛に感じる人もいます。ただ、起こる出来事はすべて結果であって、どう感じるかであなたの気持ちはまったく違うものになります。幸福感は、使えるお金の量ではなく有意義に使える時間がどれだけあるかなのです。

結婚にメリットやデメリットを求めると結局幸せになれない

結婚にメリットやデメリットを求めると結局幸せになれない

結論、結婚にしても独身にしてもメリット・デメリットで比較し出すと幸せにはなれません。なぜなら、メリット・デメリットは自分自身ではなく他人と比較して感じてしまうからです。

最大のデメリットは他人と比較してしまう人生

「独身はお金や時間が自由に使える」を例にあげると、独身男性は、結婚にデメリットを感じます。逆に既婚の男性は、独身にメリットを感じます。要は、他人と比較する事で自分の状況を判断してしまうのです。

何度も言いますが、今ある状況に満足できれば他人は関係なく幸福感を得られます。せっかくのあなたの時間、あなたの人生を他人と比較して喜んだり嘆いたりしてはもったいないです。もっと自分が楽しめように時間を使うべきです。

メリットを見つける習慣を身につける

メリット・デメリットで表現するなら、現状にメリットを見い出せるのが最も幸せな生き方です。周りからはデメリットだと思われる事も、自分がメリットだと感じられればそれでいいわけです。

上記の「結婚におけるメリット」も誰かが決めた定義ではありません。結婚経験者が、「奥さんや子供がいる生活」「家族がサポートしてくれる環境」をメリットだと思ったのです。他人がとやかく言う事ではありません。どんな人生を選択しても、デメリットを少しでもプラスの感情に変える事が出来れば、人生は豊かなものになるはずです。

まとめ

・結婚におけるデメリットは、お金と時間の自由がなくなる事である
・離婚率の増加が結婚に対するメリットを弱めている
・お金に執着せずに有意義な時間を過ごす事が重要
・デメリットは考え方次第でプラスに変える事ができる

デメリットにおけるお金について、お金がたくさんある事や自由に使える事を幸福だと考える人は世の中にたくさんいます。物が溢れている現代社会において、確かにお金がある事は便利かもしれませんが必ずしもそれだけが幸福とは限りません

幸せだと思える瞬間を分かち合える人や困った時に助け合える人がそばにいる事は、まったく違った幸福感を味わえます。もちろん、それは結婚という形にこだわる必要はありません。ただ、人間関係を充実させる事は、人生を豊かにする大きなメリットである事は確かです。

恋愛未経験で結婚を諦めてた42歳の兄貴がたった半年で入籍できた

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ