男性向け婚活&恋活

【結婚を諦めた低収入の男】結婚にはお金がそれほど重要なのか?

結婚は、家族が増えて共同生活を送る事です。独身の場合、ひとり暮らしだったり実家で親と暮らしていたりとそれなりの生活を送っていると思います。しかし、結婚すると男性は一家の大黒柱として家計を支える立場になります。

現在は、女性も働く時代ですので必ずしも男性だけの収入で生活する訳ではありません。しかし、将来子どもが生まれて育児をするのが母親であれば、働いて家計を支えるのは旦那さんである男性の役目になってきます。

そうなると、男性の稼ぎ(いわゆる収入)は当然大事な問題です。家族が生活できるだけの安定した収入が必要になるのです。しかし、世の中の仕事は様々で当然それによって収入も人それぞれです。

結婚を考えるにあたって男性の収入は重要であり、女性側も男性の収入(経済力)はリアルな問題として考える人は多いです。そんな中、自分の収入がさほど多くないと感じる男性は結婚に消極的になってしまうようです。今回は、結婚と収入について調べてみましたので参考にしてください。

結婚するなら旦那の収入は最低〇〇万円は必要

出会いの場においても、女性は結婚相手に求める条件として収入と答える人が多いです。お金の話は、結構突っ込んだ質問なので聞きづらかったり答えづらかったりするものです。しかし、実際に結婚を考えるならとても重要な問題であり、生活をしていくレベルにないのであればその時点で即終了と判断する女性も少なくありません。

では、実際にどれくらいの収入があれば女性は結婚できると判断するのでしょうか?30名の女性に聞いたアンケートで「最低どれくらいの収入なら結婚できますか?」という質問をしました。結果は下記の通りです。

【最低どれくらいの収入なら結婚できますか?】

ちなみに、厚生労働省が出した「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、一般労働者の賃金について、男性の月額の平均賃金が約33万5500円です。年収でいうと約400万になります。年齢層によって違うので若い人は平均以下で、年齢が上がって昇給などをすると平均以上になっていくと予想されます。

あなたの賃金と比較してどれくらい違いますか?全国の調査なので、都心部と地方によって平均賃金に違いがありますが、家族を養うとなると特に子供を育てる養育費はそれなりに掛かってきます。

確かに、30名の女性の声からも「300万以上500万未満」が40.0%で「500万以上700万未満」が33.3%となっているので、平均賃金くらいを理想としている事が分かります。ただ、注目したいのは「300万未満」と答えた女性が13.3%いるという事です。たった30名の女性の中にも平均賃金以下でも構わないと思っている女性がいるという事です。

結婚するにあたって収入はそれほど重要なのか?

では、結婚するにあたって収入とはそれほど重要なのでしょうか?30名の女性に「どんなに好きで一緒にいたい男性でも年収が低いと結婚できない」かという質問に「はい」か「いいえ」で答てもらいました。結果は下記の通りです。

【どんなに好きで一緒にいたい男性でも年収が低いと結婚できない】

あなたはどれくらいの回答を予想していましたか?何と6割の女性が「いいえ」と答えました。確かに、4割の女性は収入が大事と答えていますので、相手の理想の条件に合わなければ対象外になる可能性はあります。

しかし、そんな考えの女性ばかりではないという事です。あなたがもし「自分は低収入だから女性にモテない」「将来を考えたら結婚なんてできない」と思っていたなら勝手な思い込みだったようです。

収入が低くても結婚できる方法

では、収入が低いと結婚生活はうまく行かないのでしょうか?収入以外にうまく生活を送る方法がないか女性の意見をいただきました。「相手が低収入でもそれをカバーできる方法があるとしたら何ですか?」という質問です。いくつか出た意見としては下記の通りです。

・浪費しない(酒、タバコ、ギャンブル、車、家購入、ファッション、趣味など)
・節約する
・家賃を抑える(実家暮らしや田舎暮らし)
・子供を作らない
・見栄を張らない
・男性にも家事を協力してもらい共働きをする
・親や親戚にも協力してもらう
・貯金をする
・少額からでも金銭投資方法を勉強してお金を増やす努力をする

そして、こんな意見もありました。「低収入でも、その仕事が好きで向上心を持って真摯に取り組んでいるのならそれでいいです」ポリシーを持って仕事をしている男性にはうれしい言葉です。もしかしたら結婚を経験して、経済的な苦労をした女性から「現実はそんなに甘くない」という声も飛んでくるかもしれません。

でも、現にそう思って応援してくれる女性はいるという事です。あなたが一生懸命に働く姿勢に寄り添ってくれる女性はきっといます。

収入以上に結婚にとって大事なこと

結婚とは共同生活です。あなたが働いている間に家庭を守っているのは結婚相手である女性です。もう一つこんな質問をしてみました。「収入以上に結婚相手に必要な事があれば教えてください」30名の女性の回答をそのまま表記します。

収入以上に結婚相手に必要な事があれば教えてください
価値観が合うのが理想だが究極には自分本位ではないことだと思う。互いに感謝を要求せず互いへの感謝を忘れないこと。善意の押し付けではなく「相手がどうして欲しいのか」を考えること。相手の立場に立った労わりや思いやりのできること。
お互いにこだわりを持ちすぎないこと。妥協点を見つけること。
価値観が相手と近いかどうかという事。
精神的な心の支えになること。
誠実であること。
性格やお金に対する価値観が一致すること。健康であることも重要。
信頼関係だと思います。
生活力、生きる力です。
価値観の一致。
他人同士が一緒に生活する上で価値観が違うのは当然なので、何かあればその都度お互いが納得出来るまで話をする。
相手の嫌な部分をストレス無しに受け入れられるかどうかだと思います。
お互いを尊重し合える関係であること。
家事の分担。すべてをどちらかがするのではなく、平等にちゃんと分担すべきだと思います。一緒に暮らしていくので偏った負担になりたくないです。あとは何でも話せることも必要だと思います。
思いやり、気遣い、感謝の気持ち。笑顔
家事スキル。生活に最低限のレベルでも毎日同じ事をこなせることは大切だと思う。あとは相手を思いやる気持ち。
収入は低くても持ち家があれば大丈夫ですから、住居が必要。
言葉とスキンシップ両方のコミュニケーションを意識して行うこと。子どもがいる場合は、育児の負担や息抜きの時間など、些細な不満も夫婦がお互いに相談し合える環境。
双方の趣味や性格など考えが合うこと。お互いに思いやりをもてること。生活スタイルが似ていること。
コミュニケーション、感謝の気持ち、人生同じ方向を向いて進むこと
会話と相手を思う心
相手を思いやること。感謝の気持ち。
自分の家族を大事にしているかどうか。食の好みが合うかどうか。
一緒にいてストレスにならない事。
お互いに信頼できる関係であること
理解力
愛情、誠実さ、健康な体、サバイバル力
低収入でも仕事にやりがいと楽しさを持っているか、家庭を大事に思ってくれているか、向上心はあるか。最終的には人柄と思いやりが必要。
相手に対する思いやりと誠実さ。そして相手の価値を認めて、感謝の気持ちを忘れないこと。
信頼と希望

どう思われますか?収入以上に大事なことはたくさんあります。これは女性からいただいた貴重なご意見です。あなたが自分の収入にコンプレックスを抱いているのであれば大きな間違いです。

確かに収入は大事です。必要ないとは言いません。現に日本の夫婦の3組に1組は離婚するというデータもあります。そして、離婚の原因で経済的な問題も関わっている事は少なくありません。ただ、経済的・金銭的な問題の前に夫婦のコミュニケーション不足が大きく影響しているという事です。

普段からお互いを思いやって、気持ちを伝え合っていれば経済的な問題にも協力し合えるはずです。そして、問題を解決する方法を見つけ出す事で夫婦生活も良くなるはずです。お互いが現状に不満を持って何の対策もせず愚痴を言ったり感情を抑えて生活するなら、いつ夫婦生活が破綻してもおかしくありません。

そして、あなたも相手を思いやって自分の考えを見つめ直す事も必要です。家族のために協力し合える相手を幸せにするために、あなた自身にできる事を考えるのです。「仕事を変える」「収入を少しでも上げる工夫をする」「出費を抑える」「資産を増やす努力をする」「家事を協力する」などやれる事はたくさんあります。

何度も言いますが、結婚は共同生活です。あなたは働いて家にお金を入れたら終わりではありません。「家族のために出来る事は何でもやる」そういった気持ちを持っていれば、高収入でなくても結婚生活は豊かなものになります。そして、そんなあなたに寄り添ってくれる女性も現れるはずです。

まとめ

・女性が結婚相手に求める最低の年収で多いのは300万円以上500万円未満
・女性は必ずしも収入だけで結婚相手を選んでいない
・低年収でも結婚できる可能性は十分ある
・収入以上に大切なものは相手を思いやる心である

家庭を守る奥様、つまり女性が明るい家庭は円満と言います。そして、家庭が明るいと仕事もうまく行き、子供も良い環境で育つ事ができます。つまり、まずは家庭を特に奥様である女性を大切にする事が最優先という事です。

あなたが仕事に生き甲斐を感じて、低収入でも今の仕事を続けたい、ただ結婚もしたいと思うなら結婚相手が明るくなるような環境をつくる努力が最大の課題と言えます。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ