男性向け婚活&恋活

【結婚を諦めた年収の低いアラサー男性】結婚ってそんなにお金が重要なの?

結婚を考える時に、お金の問題は切り離せません。女性も「高収入の男性」を結婚相手の条件にあげるので、低収入の男性には非常にツラい情報です。

やはり、収入が低いと結婚できる可能性も低いのでしょうか?女性の意見も踏まえて調べてみました。

年収が低い男は本当に結婚ができないのか?

結婚において、女性はどれくらいの年収も求めているのでしょうか?また、男性の年収の平均はいくらなのでしょうか?

結婚するなら旦那の収入は最低いくら必要なのか?

結婚相手に求める条件として、高収入と答える女性は多いです。お金の話は、結構突っ込んだ質問なので聞きづらかったり答えづらかったりするものです。

しかし、結婚をして一緒に生活していくためにはとても重要な問題です。生活をしていくレベルに満たない男性なら、その時点で即終了と判断する女性も少なくありません。

では、実際にどれくらいの年収があれば女性は結婚できると判断するのでしょうか?一般女性に「最低どれくらいの収入なら結婚できますか?」というアンケートを取りました。結果は下記の通りです。

【最低どれくらいの収入なら結婚できますか?】

一般男性の平均年収は約400万円

ちなみに、厚生労働省が出した「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、一般労働者の賃金のうち男性の月額の平均賃金は約33万5500円です。年収でいうと約400万円になります。

厚生労働省『平成29年賃金構造基本統計調査』https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/index.html

全国平均になるので、都心部と地方によって平均賃金に違いはあります。また、年齢層によっても賃金の差はあります。若い人は平均以下で、年齢が上がって昇給すると平均以上になっていく傾向です。

年収が低い男性が結婚して気をつけるポイント

年収が低いと感じる男性が、結婚した場合に気をつけるポイントは何でしょう。一般女性に聞いた「結婚相手が低収入の場合、それをカバーできる方法があるとしたら何ですか?」という質問の回答です。

浪費しない(酒、タバコ、ギャンブル、車、家、ファッション、趣味、など)
節約する(食費、光熱費、通信料、などの生活費)
家賃を抑える(実家暮らしや田舎暮らし)
子供を作らない
余計な見栄を張らない
男性にも家事を協力してもらい共働きをする
親や親戚にも協力してもらう
貯金をして将来のために蓄える
少額からでも金銭投資を勉強してお金を増やす

女性はとても現実的なので、かなり具体的な対策を考えます。ご意見の中には、「低収入でも、その仕事が好きで向上心を持って真摯に取り組んでいるのならそれでいい」という女性もいました。

ただ、結婚後に経済的な苦労を経験した女性が聞いたら「現実はそんなに甘くない」という声が飛んでくるかもしれません。

結婚したい女性はなぜ年収にこだわるのか?

なぜ、女性は年収にこだわるのでしょうか?改めて女性の考えを聞いてみました。

女性が年収にこだわる理由

icon-user 生活費を管理するのは女性の勤めなので、毎月切り詰めたギリギリの生活は耐えられない
icon-user お金で揉めるのが目に見えていて、結婚生活も長くは続かない
icon-user 子どもができれば色々とお金も掛かる、子どもに苦労はさせたくない
icon-user 老後を考えると、年金だけでは生活が厳しいので一生働かないといけない

女性もぜいたくをしたいわけではありません。お金はたくさんあるに越した事はないですが、「苦労しない程度の生活を送りたい」というのが最低限の願いです。

実は女性もそれほど年収にこだわっていない

一般女性に、「どんなに好きで一緒にいたい男性でも年収が低いと結婚できないか?」という質問に「はい」か「いいえ」で答えてもらいました。

【どんなに好きで一緒にいたい男性でも年収が低いと結婚できない】

何と6割の女性が「いいえ」と答えました。確かに、4割の女性は収入が大事と答えていますので、相手の求める年収に達していないと対象外になる可能性はあります。

しかし、そんな考えの女性ばかりではありません。あなたがもし「自分は低収入だから女性にモテない」「将来を考えたら結婚なんてできない」と思っていたなら勝手な思い込みです。

年収をアップさせれば諦めかけた結婚に前向きになれる

あなたが誰と結婚したいかが重要なポイントです。特定の女性がいて、その女性が男性に「高収入」を求めているのであれば、あなたの年収を上げる必要があります。

年収を上げるために考える手段

現在の仕事の収入を上げるのは簡単ではありません。年収を上げるにはどんな方法があるでしょうか?

icon-check 資格を取ってスキルを磨く
現在の仕事でも資格を取得すると、昇給や資格手当の対象になるかもしれません。スキルを身につけて、仕事の幅を広げれば収入源も広がります。

icon-check 収入の高い職業に転職する
現在の仕事に見切りをつけて、少しでも時給・月給・賞与(ボーナス)の高い職業へ転職する選択肢もあります。

icon-check 本業以外の副業を始める
現在、クラウドソーシングなどで企業や個人が業務を外部委託するケースが増えています。個人でも在宅で副業ができて、利用者の中には、本業よりも稼いでいる人もいます。

icon-check 資産運用を活用してお金を増やす
手元にあるお金や資産をうまく運用して、長期的に増やしていく考え方です。投資や積立をいった手法を勉強して、老後や年金の問題に取り組む人は増えています。

確かに、年収を増やすのは自分自身の生活が豊かになるメリットがあります。婚活をする上でアピールにもなります。

現在の仕事をしながらでも、収入を増やす方法はあります。今の状況にこだわったり満足せずに、環境を変える努力が必要です。

そもそも年収にこだわる女性と結婚したいのか?

上記のアンケートにもあったように、すべての女性が年収にこだわっているわけではありません。要は、年収にこだわっている女性を対象外にすれば良いのです。

もちろん、生活する上で必要最低限の収入は必要です。でも、高収入を求めている女性以外に目を向ければ、結婚の可能性は十分にあります。

女性が男性に求める条件があるように、あなたにも理想の女性を求める権利はあるのです。年収をアップさせなくても、あなたの考えた次第で結婚に前向きになれます。

結婚したい男性が年収以外でアピールできるポイント

では、男性が年収以外にアピールできるポイントがあるのでしょうか?一般女性に聞いたアンケートを参考にしてみましょう。

収入以上に結婚にとって大事なこと

一般女性に聞いたアンケートで「収入以上に結婚相手に必要な事は何ですか?」という質問をしました。いくつか抜粋してまとめた結果です。

icon-check 健康であること
icon-check 家事を分担して行えること
icon-check 住む家がしっかりあること
icon-check お互いの家族を大事にしていること
icon-check 食の好みが合っていること

icon-check 自分本位にならないこと
icon-check 相手への感謝の気持ちを忘れないこと
icon-check 「相手がどうしてほしいのか」を考えること
icon-check 相手の立場に立った労わりや思いやりができること
icon-check 精神的な心の支えになること
icon-check お互いを尊重して信頼できる関係性であること
icon-check 何かあればお互いが納得出来るまで話し合いができること

icon-check 誠実であること
icon-check 向上心があること
icon-check 性格やお金に対する価値観が一致すること
icon-check 人生で同じ方向を向いていること
icon-check 一緒にいてストレスにならないこと
icon-check 家庭を大事に思ってくれていること

確かに収入はとても重要です。現に、日本の夫婦の3組に1組は離婚するというデータもあります。そして、離婚の原因に経済的な問題が関わっている事も少なくありません。

最も重要なのでは、経済的・金銭的な問題も含めて、あなたが家族のためにどのように考えてどう行動できるかです。

問題は年収の低さをカバーする覚悟と行動

あなたが結婚した状況を思い浮かべてください。目の前の奥さんや家族を幸せにするために、年収の低いあなたができる事は何ですか?

「仕事を変える」「収入を少しでも上げる工夫をする」「出費を抑える」「資産を増やす努力をする」「家事を協力する」などやれる事はたくさんあります。つまり、現状を少しでも良くしようという覚悟とそれを実行する行動力が大事なのです。

「家族のためにできる事は何でもやる」そういった気持ちを持って行動できれば、高収入でなくても結婚生活は豊かなものになります。そして、そんなあなたに寄り添ってくれる女性も現れるはずです。

結婚を諦めた男性が年収にこだわらない女性と出会う方法

年収にこだわらない女性はどれくらいいるのでしょうか?そして、年収にこだわらない女性とどのようにして出会うか調べてみました。

年収にこだわらない女性はどれくらい?

上記の円グラフからも、女性が結婚相手に求める最低年収は「300万~500万円」が40.0%で「500万~700万円」が33.3%となっているので、女性は男性の平均賃金くらいを理想としているのが分かります。

ただ、注目したいのは「300万円未満」と答えた女性が13.3%いるという事実です。女性の中には、平均賃金以下でも構わないと思っている女性がいるという事です。

単純に確率だけでいうなら、約10分の1です。10人の女性に出会えば1人くらいは年収にこだわっていない女性がいる計算です。20人と会えば2人、100人に会えば10人です。

結局、「年収が低いから結婚を諦めた男性」は、それほど女性に会っていないわけです。女性との出会いの数を増やせば、年収に対するコンプレックスは解消されます。

年収にこだわらない女性との出会いの数を増やす方法

女性との出会いには様々な手段があります。アラサーの独身男性が婚活をするのであれば、「婚活パーティー」や「結婚相談所」が効率が良いです。

icon-check 婚活パーティーのポイント
婚活パーティーには、「年収〇〇万円以上の男性限定」などのイベントがあります。まさに、年収にこだわっている女性が狙って参加するパーティーです。

条件を満たしていなければ参加できませんが、気にする必要はありません。他にも「30代限定」や「旅行好きの男女」「オタク系の男女」など、多種多様なカテゴリーでパーティーが開催されます。

自分の条件や趣味に合うパーティーを選んで参加すれば、年収にこだわらない女性と出会える可能性は高まります。

icon-check 結婚相談所のポイント
専門のスタッフが、あなたのプロフィールや女性の希望条件を見て紹介してくれます。そもそも条件に合わない男女が出会う事が少ないので、余計な時間を短縮できます。

最近は、男女が登録したデータをコンピュータやAIの技術でデータマッチングをします。例えば、以下のような条件です。

年齢/年収/身長/学歴/婚姻歴/子どもの有無/喫煙の有無

年収に限らず、こだわりのある条件から理想の相手をピックアップするので、条件や価値観の合わない相手と会う時間も省略できます。

自己アピールで差をつける

誰でもコンプレックスはあります。自分の欠点ばかり気にしていては婚活はうまく行きません。女性に対してアピールできる事を1つでも持っていると状況は変わります。

結婚相談所でも、登録するプロフィールには「自己PRの欄」や趣味・好きなこと・理想の結婚像・理想の家庭像など記入する項目があります。

より魅力的な内容で、女性の希望する条件にマッチすれば出会いの場がセッティングされます。そして、年収以外の魅力で女性と交際する事も可能になります。

まとめ

・女性が結婚する男性に求める最低年収は300万~500万円
・年収が低いと生活における様々な制限を要求されてしまう
・女性はぜいたくではなく、最低限の安定した生活を求めている
・年収をアップさせる方法を学びつつ、女性のタイプも見極める
・女性に対して、家族を守るための覚悟と行動力を見せる必要がある
・年収にこだわらない女性もいるので、女性との出会いの数を増やす事が重要

あなたが悩みは「自分に合う女性がいない」という事ではないですか?世の中には、あなたが思っている以上に色んなタイプの女性がいます。

たくさんの女性と出会うと、ネガティブな意見を聞く場面も増えます。でも、あなたの事を理解して興味を持ってくれる女性にも出会えます。

あなたの魅力を最大限に活かして、より多くの出会いを経験されると、男性としての魅力はさらに増してすてきな出会いが待っているはずです。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ