男性向け婚活&恋活

【結婚や恋愛を諦める方法】女性との出会いがない男性の悩みとは?

世の中にはたくさんのカップルが存在します。恋人や夫婦といったパートナーの存在は、暖かく自分を支えてくれる存在です。現在日本の人口の男女比は女性が約300万人ほど多い状況です。

    • 参考:厚生労働省 人口動態統計月報(概数)(平成30年8月分)

それなのに彼女が出来ない、運命の女性と出会えないと悩む男性が絶えないのはなぜなのでしょう。彼女がほしいのに恋愛が出来ないと、だんだん弱気な気持ちが芽生えて自分の人生を悔やんでしまいがちです。そして「恋愛なんて二度としない」と自分で宣言をしてしまうケースもあります。

確かに、人生は恋愛がすべてではありません。仕事や趣味に時間を使って有意義な生き方をしている人もたくさんいます。一生独身でも仲間との時間を楽しく過ごす生き方もあります。では、どうやったら恋愛の気持ちを断ち切れるのでしょうか?

結婚を諦める理由は実らない恋が原因

日本では年間に約3万6,000組の夫婦が誕生しています。1日で換算して98.6組と、まさに全国で約100組のカップルが毎日誕生している計算になります。

    • 参考:厚生労働省 人口動態統計月報(概数)(平成30年8月分)

もちろん、結婚する夫婦がいれば離婚する夫婦もあり、おおよそ3組に1組の夫婦が離婚していると言われています。という事は、全国で毎日約100組の夫婦が誕生して約33組の夫婦が離婚している事になります。それに、これはあくまで結婚と離婚に関するデータなので、恋愛関係いわゆる恋人同士のカップルを含めればその数は測り知れません。

あなたの身の回りでも、恋人同士で仲良く歩いているカップルや家族で楽しそうに過ごす光景を目にする事はあると思います。「世の中にはこんなにも幸せそうな人がいるというのに、なぜ自分には訪れないのだろう」そんな感情を抱いている人は一定数います。

いつか自分にも運命の人が現れると信じていても「いつか分からない」「人を好きになってもまったく実らない」となればだんだん消極的になります。そして、自分は恋愛や結婚に縁のない人間なんだと諦めてしまいます

彼女が出来ない原因はそもそも女性と会う機会がないから

物事には原因や理由が存在します。もし、あなたが女性との出会いがない事に悩んでいるのであれば、それにも原因や理由があるはずです。まずは、出会いが少ない事が考えられます。

当たり前の話ですが、女性と出会わないと何も始まりません。学校や職場・プライベートなど人生の中でより多くの女性と出会う事で、運命の相手と出会う可能性も高まります。

しかし、例えば学校が男子校とか、職場が男性の多い環境であれば、おのずと女性と接する機会は少なくなります。女性と接する機会が少ないと、いざ女性を前にした時にうまく会話が出来ないなんて事になりかねません。

「会社の同僚に誘われて、合コンに参加したけどまったく盛り上がらず女性の連絡先も聞けなかった」と落ち込む男性がいました。まさに女性とのコミュニケーションの取り方が分かっていない、経験の無さが原因で生まれた結果です。

結婚の年齢について 結婚適齢期とは何歳なのか?

結婚や恋愛を諦める理由として、年齢という問題も考えられます。人間は周りの影響を受けやすい生き物です。会社の同僚や友人など、自分の周りで結婚の噂を聞くと取り残されている気分になりがちです。時間だけが経過していく中でいつしか諦めの感情が強くなっていきます。結婚に関するデータのうち婚姻率を年代別で見ても、ある年齢を過ぎると下がっていく事はあなたにも想像がつくと思います。

では、そもそも結婚は一体何歳くらいがピークなのでしょうか?何歳くらいを過ぎると結婚できる可能性が下がって行くのでしょうか?結婚と年齢についてよく聞く言葉で、結婚適齢期と言われるものがあります。男女それぞれ結婚するのに適している年齢の事ですが、はっきりと決まっているわけではありません。

男女別の結婚と年齢についてアンケートを取りました。「結婚適齢期は何歳か?」「何歳までに結婚しないと難しいか?」という質問をそれぞれ60名に聞いて回答をもらった結果が下記の通りです。

【結婚適齢期について】

【結婚は何歳までにするべきかについて】

結婚適齢期について、男性の1位は「30歳」で女性の1位は「28歳」でした。30歳を節目と考える人が多いようです。

また、何歳までに結婚しないと難しいかという質問では、、男性の1位は「40歳」で女性の1位は「35歳」でした。結婚適齢期からおよそ10歳くらいプラスした年齢が目安のようです。男性より女性の年齢が若いのは、女性の場合出産や育児の事を考えるとなるべく体に負担のかかりにくい年齢が目安になっているようです。

男性の場合は、仕事をしてそれなりに収入やキャリアが安定してくるのが、40代前後というイメージがあるようです。最近では、晩婚も珍しくないので昔に比べて年齢層は高くなって来ていると思われます。

全体を見てみると、たった60名の意見でもばらつきがあり、幅広い年齢を良しとする人もいるので絶対的な数字ではないという事です。

結婚や恋愛を諦めるなら最後に〇〇をしてから

結婚や恋愛に期待するのに疲れたというのであれば、諦める事を前提に考えてみましょう。恋愛相談に数多く答えている恋愛アドバイザーの方に直接相談してみました。

Q.恋愛を諦めるにはどうしたら良いですか?

A.まず、これからの人生で女性に1人も会わないということは無いと思いますので、恋心を抱いてしまうこと自体は避けられません。これから人生を終えるまでの間に、運命の人に出会えるのか出会えないのかは誰にも分からないことです。

「恋愛を諦める」ということは、あなたが運命の相手だと強く感じるほど好きな女性が出来た場合も諦めるということになります。恋愛は失敗をいろいろ経ながら、経験を積むことで、少しずつスキルもアップしていきます。

しかし、「恋愛を諦める」ということは、スキルアップする機会を逃してしまうことにつながります。恋愛を諦めるということは、一生独りで生きると覚悟を決めることとほとんど同じことになります。あなたが本当に「恋愛を諦める」ことを選択されるのかはご自身でしっかり考えて、決めることをお勧め致します。

その上で恋愛を諦めることを選ぶのであれば、ご自身でルールを決めることが大切です。例えば、「すべての知り合った女性は、友達でしかなく、恋人になることはない」「恋心を抱いたとしても、相手には言わない」といったように、今後の人生で恋愛はないことを自分の中でルール化するという形です。

それから、もう1つは、「次の恋がうまくいかなければ諦める」といったように、「恋愛をやめる」タイミングをしっかりとあなたの中で決めることです。この場合、とても大切なことは、あなたの中で「最後」と考えられるくらい本気で全力でその恋にアタックすることです。

icon-check恋愛の書籍や記事を全力で読んで勉強する
icon-checkあなたが恋愛に効果的だとあなたが思うことはすべてトライする
icon-check告白もしっかりとやり遂げる

といったように「次の恋愛が最後の恋愛だ」という覚悟を持って全力でトライをしてみることです。そうすることで、その恋愛を最後に「もう恋愛はしない」という決意と覚悟があなたの心の中でより定着していきます。

どうでしょうか?人を好きになり想いを伝えて交際する事は簡単ではありません。しかし、人を好きになる事を諦めるのも簡単では無さそうです。自分の本当の気持ちを抑えたり忘れたりするわけですから当然ストレスは大きいはずです。

上記のアドバイスを参考に、自分の中でルールを決める事で踏ん切りをつけるきっかけは大事なようです。最後の恋愛だと全力でアタックする事も納得して恋愛を諦めるため良い方法だと思います。

結婚や恋愛は自分を好きになる事が最優先

あなたが、これまでの恋愛経験ですべてをやりきったと言えるのであれば、恋愛を諦める事に後悔はないと思います。ただ、やるべき事が分からず実行せずに諦めるのであれば、きっとその決断は時間とともに薄れてしまいます。

そして、またいつか誰かを好きになった時に、今と同じ状況を繰り返す事にならないでしょうか。そうならないためにも、最後の恋愛だと思って全力でアタックしてみてはどうでしょうか。「恋愛に関する知識やスキルを身につけて、やれると思う事はすべてトライして、自分の気持ちを思い切り伝える」すべてやり尽くしてうまく行かなかったのであれば、納得して恋愛や結婚を諦める事ができると思います。

そして、その際の注意点として「自分を好きになる」事が重要です。これまでうまく行かなかったからといって、ネガティブな気持ちでは絶対にうまく行きません。消極的な気持ちは態度や言動につながっているので相手に伝わります。

目の前の相手に自分の気持ちを伝えるのに、あなたの過去の恋愛経験は関係ありません。思い切りあなたの気持ちをぶつければ良いのです。最後の恋愛になるのですから何も恐れる事はありません。結果がどうあれ、全力でやりきったあなたは今までにない感情を味わえると思います。

まとめ

・周りと比較して自分には縁がないと恋愛を諦めてしまう
・出会いに恵まれないのは女性と接する経験が少ない事が原因である
・結婚適齢期についてのアンケートでは、男性の1位は「30歳」で女性の1位は「28歳」
・結婚や恋愛を諦めるには、最後に全力の恋愛をしてみる事
・自分を好きになって、相手への気持ちを精一杯伝える

人を好きになる事より好きにならない事の方が難しいです。それは、単純に人を好きになる時は「無意識」だからです。好きにならないとは「意識」する行為なので、絶対にストレスになります。だから、無意識に思ったり感じたりする気持ちを否定する必要はないのです。問題は、恋愛の感情が芽生えた次の行動です。

そもそも恋愛や結婚は、楽なものではありません。うまく行っても行かなくてもつらいと感じる瞬間はあります。それならば素直に現実を受け止めて次の行動を起こす事が、一番自分らしい生き方だと思います。さあ、人生最後の恋愛に向けて最大限の準備をしましょう。必ずうまく行くと自分を信じて。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ