男性向け婚活&恋活

【婚活パーティーは時間との勝負】初めて参加するなら知っておきたいテクニック

私は32歳男性で、フリーランスのライターをやっています。30歳を過ぎてから途端に出会いが少なくなってしまい、彼女いない歴3年の私は日々焦りを感じるようになっていました。待っていても出会いはないと思い、婚活パーティーに参加する事を決意しました。

30歳を過ぎて焦りを感じた時に応募した婚活パーティ

取り合えずネットで色々と検索して、検索上位に出てきた比較的大手の婚活サイトに申し込みをしました。そのパーティーは、20代後半から40代の男女それぞれ20人ずつが参加していました。

男女1対1で5分ほど話をする方式で、女性は席が固定されて、男性が回転寿司のように隣の席に移動するというシステムでした。「もしかして知り合いがいたらどうしよう」なんてドキドキしていました。

参加してみると初対面の人ばかりだったので安心しました。ただ、初対面の人と話す事に慣れていないので最初はかなり緊張しました。

慣れないパーティーでも話を盛り上げるためのポイント

各自あらかじめ書いておいたプロフィールカードを交換して、お互いのプロフィールを見ながら質問し合います。唯一の情報源なので、そこから会話を膨らませて行くことでなんとか必死にコミュニケーションを取りました。

1名につき5分間という短い時間で相手の事を理解するのはかなり難しいです。ただ時間制限があるからこそ、限られた時間でより相手の事を知ろうと質問を絞りだして対話します。

そんな感じでお互いに質問をし合っていると、意外にも話が弾む人はいるものです。嫌いな食べ物が一緒で、「どこが嫌いか」とか「困ったエピソード」など大した事ない話も共通点があると盛り上がるもので、ずっとその食べ物について話してました。また地元や年齢が近いのも共通点を見つけやすく会話が続きます。

まあ、色んな人がいるので中にはよほど話す事が苦手なのか、こちらから質問をしても「はい」か「いいえ」しか答えない人もいました。会話の中身はさておき、やはり話が弾んだ人とはまたゆっくり話をしたい気持ちになります。

多数の参加者がいた場合に役立つ相手の特徴を忘れないテクニックとは

全員とのトークが終わり、5分とはいえ20人連続で話すのは結構疲れます。7〜8人を超えた頃から、誰が誰だか分からなくなりそうでした。

なので、それぞれ話した内容を思い出すためにキーワードをメモしました。そして絶対に見せられませんが、自分の中での評価を〇・△・✕にランク付けしてメモする事で記憶にとどめるよう工夫しました。

最後に、自分が気に入った人の名前を書いて提出するのですが、この時メモが大変役立ちました。私は、運良く第一希望で書いた女性と連絡先を交換する事ができました。そんな感じで、初の婚活パーティーは無事に終わりました。

緊張と20人連続で話し続けた事もあって、終わってからはドッと疲れてしまいましたが、普段はできない貴重な経験ができました。次に参加する時は、もう少し楽しく話せるように会話に詰まった時の質問をいくつか用意しておこうと思います。

そして、普段から初対面の人に積極的に話しかけて、こう言った場に慣れておくのも大事だと思いました。後は、自分のプロフィールもより詳しく書いたら、相手との会話も弾みやすいと感じました。私自身の良さが伝わるようなプロフィールの書き方も工夫したいなと思います。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ