男性向け婚活&恋活

【結婚における価値観の違いは致命傷?】人生を決める決断は早まってはいけない

結婚相手に求める条件の一つに、価値観が合う人という意見が多く聞かれます。これからの長い人生を共に過ごすわけですから、考え方や趣味など色んな面で価値観が合うのはとても重要です。

しかしながら、結婚前の交際期間で相手との価値観をすべて知る事は可能なのでしょうか?結婚して子供が生まれて環境が変わる事で見えてくるものも多いと思います。「結婚する前はこんな人じゃなかったのに」と思う事も出てくるはずです。

そんな時、自分の考えとまったく合わない価値観を持っている事に気付くかもしれません。何十年と続く人生を我慢したり喧嘩して過ごさなければいけないのでしょうか?結婚前に知っておきたい価値観について調べてみました。

結婚前に相手との価値観の違いに気付いてしまう

交際中の彼女がいる男性で、そろそろ彼女との将来を意識し出す頃にふと考える事があります。「本当に彼女とうまくやっていけるのか?」人生を決める大きな選択をするのですから慎重になるのは当然です。では、不安になる原因とは何なのでしょうか?

そこには、価値観が影響しているケースが多くあります。もちろん、彼女の事が好きだからこそ結婚についても意識しているのでしょう。しかし、長く交際を続けていると相手の性格や考え方など色々と見えて来ます。

価値観で分かりやすいのは会話です。お互いの考え方、話し方、聞きか方など心地よい会話ができる人もいれば、どうしても波長が合わず喧嘩っぽくなってしまう人もいます。

例えば、直感でものを言うタイプの人もいれば、論理的にものを言うタイプの人もいます。相手の考えや話し方に違和感を覚えて不快に思う人もいるでしょう。結局、会話もうまくまとまらず喧嘩をしてしまう場合もあります。

ただただ、時間を使ってストレスを貯めて、問題も解決できずいい事無しです。あなたが折れて、相手の意見を聞き入れると話は解決するかもしれません。でも、そんな事がこれから日々続いていくと思うとゾッとしますよね。

普段は仲良くても度々そんな状況が訪れると、「これから長い人生うまくやって行けるのか?」と不安になると思います。結婚を意識すれば尚更、マリッジブルーは強くなっていきます。

結婚後に価値観の違いから待ち受ける地獄の日々

それでも、彼女との結婚を選んだ場合、その後どうなるのでしょうか?実際に結婚を経験された男性に、「相手との価値観の違いで一番気づいた事は何ですか?」という質問に答えてもらいました。

◆生活習慣

新しい夫婦の生活は毎日の事なので、生活のリズムがもっとも重要です。まずは、時間について、就寝時間や起床時間といった何時に寝て何時に起きるのかという基本的な事です。また、休日の過ごし方もインドアなのかアウトドアなのかで変わってきます。

さらに細かい話をすると、入浴についても湯舟を溜めない人やバスタオルが1枚ずつしかない、別に毎日お風呂に入らなくてもいい人など習慣は様々です。生活のちょっとした事ですが、毎日続くとだんだんストレスが溜まって些細な事が気になってきます。

◆お金

やはり生活するにあたってお金の問題は避けられません。金銭感覚は、それまでの生活や人生までも影響しているので厄介です。節約家もいれば、浪費ぐせの人もいます。自分の小遣いの範囲であれば許されますが、例えば、生活の中で共同で使う光熱費(電気・ガス・水道など)は無駄遣いをすれば、公共料金が高くなる原因にもなります。

また、食費や家賃、趣味で消費するお金から、貯金や投資など貯めるお金についても考え方はそれぞれ違います。お金に困る状況が家庭環境を悪くするケースは少なくありません。

◆性格(相性)

性格や相性と一言で言ってもたくさんあります。例えば、「めんどくさがり」な性格で何をするにも行動が遅かったり愚痴を言ったりして動かない。テキパキと行動する人なら余計にイライラするようです。また、交際中は几帳面だったのに結婚して変わる女性もいるようです。

「物を大事にするかしないか」という意見もあります。家族の共有する家具や生活用品など、使い方が雑だったりすぐに捨てたり少しでも感覚が違うと、「物を粗末にする性格」「お金が掛かってしまう」と不満が出てきます。

料理に関するズレも多いようです。味付けや献立など今までの食生活に慣れてしまっているので、「野菜が少ない」「味付けが薄い」など好みは様々です。

衛生面にも違いがあると不快に思ったりもします。「掃除をあまりしない」「洗濯は毎日しない」「潔癖のくせに食べ方は汚い」など自分が嫌いな事はとことん気になってしまいます。

◆将来設計

将来についての考え方にも価値観は現れます。「家を建てるのか賃貸に住むのか」「子供にはいい学校に通わせるのか」など大事な決断になれば尚更意見が食い違う事も多いです。

仕事やプライベートについても、どちらが大事かなんて口論する夫婦もいます。仕事に関しては、男性が変化やチャレンジを求めても、女性は安定を重視して堅実な手段を選びやすいので意見が分かれやすいです。

夫婦生活は、日々色んな事に気付くものです。上記はほんの一部で毎日小さな事から大きな問題まで言い出すとキリがありません。考えただけでも頭が痛くなりそうですし、それほど価値観の違う女性と一生暮らしていく事ができますか?

価値観の合う女性とは?そもそも男性と女性は違う生き物

そもそも価値観がバッチリ合う女性などいるのでしょうか?十人十色という言葉通り、女性も人それぞれの個性があります。まったく同じ人間などいません。性格も「〇〇はいいけど、△△はちょっとなあ」という人もいれば、「△△はいいけど、〇〇はダメだなあ」と100%自分の理想通りの女性はいません。

男性と女性では、脳の思考が根本的に違うので合わないのはごく自然なのです。会話を一つとっても男性は、結論が大事で理論的に話す傾向にあります。一方で女性は感情が大事なので、会話の流れがズレたり落ちがなくても平気です。それよりも共感などを重要にしています。

ここに気付かずに会話すると、男性は「話が長い」「途中で違う話題に変わった」「結局何が言いたいか分からない」などまず聞く耳を持たなくなります。最悪の場合、途中で話の腰を折って自分の意見だけを言い出します。女性からすると、「全然話を聞いてくれない」と怒りだしてお互い言いたい事が言えない関係が出てきます。

まず、大事な事は「男性と女性は違う価値観を持った生き物だ」と認識する事が重要です。頭で分かっているだけでも気持ちが楽になると思います。そして、相手の話をしっかり聞いてあげる事もできます。

結婚したら価値観は合わせるのではなく受け入れる

価値観とは、否定したり正そうとするものではなく、認めて受け入れてあげる事です。こんな言葉はご存知ですか?「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」エリック・バーンというカナダの精神科医の言葉です。相手の考え方や言い方が気に入らなかったとしても、それは他人つまり女性側の問題です。あなたが無理に変えさせる必要はないのです。

それに人間は、どんなに厳しい言葉を掛けられようが自分で意識しないと直りません。だったら相手を否定するのではなく、一旦聞き入れて認める事が大事です。自分自身が変わるという事です。

「なるほど、そういう考え方もあるんだね。」そう言って相手を認める事ができれば、相手も自らの行動を振り返って自分の意志で変わろうとしてくれます。絶対にその方がお互い良い関係が築けます。それが未来を変えるきっかけとなるはずです。

結婚における価値観の違いは必要である

男性へのアンケートで「長く結婚生活を続ける秘訣について」聞いたところ下記のような回答がありました。

・我慢する、妥協する
・求め過ぎない
・気分で態度を変えない
・細かい事を気にしない
・自分自身の考えや行動を見つめ直す
・相手の気持ちを認める、尊重する
・二人の生活であると意識する
・感謝の気持ちを伝える

すべて自分自身が行う行動です。相手に何かをしてもらうという考えはありません。そう考えると、価値観はそんなに悪いものではないと思いませんか?

お互いの事を認め合って良い方法を一緒に探すという事です。相手に言われたからではなく自分の意志で変えていくのです。もっとも夫婦関係を良くする方法です。

まとめ

・価値観の違いで将来への不安が増してしまう
・価値観の違いは小さな事から大きな問題まで言い出すとキリがない
・男性と女性は違う価値観を持った生き物だ
・価値観は否定せず、認めて受け入れる事が大事
・結婚生活は価値観が違うからこそ相手を思いやれる

価値観は、習慣でつくられます。これまでの人生で経験した事が習慣になってあなたの常識になっているだけです。それは相手も同じ事です。という事は、相手の価値観を否定するのは、相手のこれまでの人生を否定しているのと同じ事なのです。

価値観が違うからこそ、人は新しい生き方を知って学び成長していくのです。そんなパートナーをもっと大事にして、あなたの人生の大きな糧にしてみてはどうでしょう。あなたが変われば未来は変わります。