男性向け婚活&恋活

婚活でお断りする理由が知りたい 相手を傷つけずに関係を終わらせる方法

婚活パーティーやお見合いで気になる女性とうまくマッチングして、連絡先を交換して後日会う事になりました。改めて会って話をするうちに、相手の色々な面が見えてあなたの好みのタイプではないと気付くのは珍しくありません。

もし、相手も同じような感覚であれば、それっきり連絡を取る事もなく自然消滅するかもしれません。しかし、相手があなたに興味を持って「また会いたい」と言われた時にどうしますか?

ストレートに気持ちを伝えるべきか、ちょっと遠まわしに気持ちを伝えるべきか悩むところです。相手にうまく自分の気持ちを伝える方法を調べてみました。

婚活でカップリングした女性と再会すると気持ちが冷める理由

婚活パーティーで見事カップリングできて、後日再会すると気持ちが冷めているケースがあります。正直、何となく選んだ女性であれば、冷める気持ちはさらに増します。

婚活でテンションが上がり何となく相手を選んでしまう

婚活パーティーなどに行くと、周りの男性や女性たちは積極的にお互いの自己紹介など始めます。少しで理想の相手を見つけようと必死になるのは当然です。

また、会場の独特の雰囲気やスタッフが色々な手法・言葉でパーティーを盛り上げてくれます。そのため、つい気持ちがたかぶってしまい何となく相手を選んでしまう場合もあります。

婚活パーティーも終わり、別の機会に二人っきりで会うと、出会った時の気持ちの高まりが無くなっているのは珍しくありません。

せっかくの出会いだから相手の女性をもっと知ろうと考えます。でも、逆に知れば知るほどにちょっとした違和感を感じてしまい、一度気になるとどうしてもその違和感が頭から離れなくなったりします。

さらなる期待を寄せてしまう男性の欲求

当然ですが、誰でもベストな結婚相手を選ぼうとします。ひょっとしたら次の婚活パーティーで、彼女よりも素敵な女性と巡り会えるチャンスがあるかも知れないと考えてしまうものです。

男性も女性も同じですが、すべての面で理想的な相手に巡り会えるのは奇跡です。容姿や考え方、仕草や性格まですべて気に入った女性に出会えるとなるとかなりの確率です。

逆に、少しでも理想と違った部分を見つけると、そこをクローズアップしてします。そして、少しずつ相手への気持ちが冷めていくわけです。

婚活は断るタイミングも重要 お互いの関係をハッキリさせて進めるのがベスト

年齢的にも焦りを感じているのであれば、きちんと自分の中で見切りをつけるポイントを決めておきましょう。そうでなければ、時間だけが進んで問題の解決にはなりません。もちろん、絶対に結婚相手として考えられないと思った時は、早めにお断りをした方が良いです。

行動を起こさなければ状況は何も変わらない

恋愛における交際とは、二人で様々な経験や付き合いを重ねながら信頼関係を築いていくものです。そのため、出会ってからしばらくは、何となくのお付き合いが続くのは自然な流れです。逆に、出会って数回会っただけで結婚相手として決める方がよっぽど珍しいです。

女性も二人の微妙な関係に気付いているはずです。このまま関係を続ける方が良いのか、しばらく会わない方が良いのか決めかねる状態で時間だけが過ぎていきます。

例えば、自分は気持ちがなくお断りをしようと思っている時に、相手から好意がある気持ちが伝わって来たらどうしますか?せっかく出会えて気に入ってくれているから、自分さえ気持ちが変わればお付き合いできるかもしれないと悩んでしまう事もあるでしょう。でも、相手に対する好意を持てなかったら、自分の正直な気持ちを伝えなければいけません。

相手がハッキリしない場合は訳アリかも?

今後は逆に、自分は気になっているのに、相手がハッキリしない場合もあります。おとなしいタイプの女性に多いですが、好きなのか嫌いなのか曖昧な反応の時です。

単純に気持ちをうまく表現できない人もいれば、何か隠し事をしている可能性もあります。例えば、「持病を抱えている」とか「バツイチで子供がいる」とか相手にとって躊躇している原因があるかもしれません。また、相手も婚活中なので、他に気になっている男性がいて比較されている最中かもしれません。

理由は様々ですが、結局は自分の意見が言えずにズルズルと微妙な関係が続く原因になります。それに「関係を続けて行けばいつかはいい方向に行くのでは?」という根拠の無い考えも関係が進展しない原因の一つです。

婚活後にお断りする方法を結婚のプロに聞いてみました

結婚できる相手かできない相手かを大まかに判断する

目安としては、出会ってから3回ぐらい会うと、絶対に自分には合わない女性であれば判断できるはずです。その場合は素直な気持ちを相手に伝えましょう。

3回程度会っても、まだ自分の気持ちが固まっていない場合もあります。そんな時も何となく優柔不断のまま会うのではなく、迷っている気持ちをきちんと女性に伝えるのも誠意の一つです。

男女の関係は、お互いの考えている事や気持ちを伝えながら深くなっていきます。特に婚活などで出会った関係であれば、お互いに結婚相手を探すのが前提です。

単に付き合って仲良くなりたいというものではありません。そのため、あまり時間をかけ過ぎたり慎重になり過ぎると、相手にも迷惑をかけます。

女性にも事情があって、別の男性からプロポーズを受けていたり、何人かと比較しながら結婚相手を選ぼうとしているかもしれません。まずは、タイミングを決めて今の気持ちを伝えてから、今後どうするのかを二人で話し合うとお互いにストレスを減らせます。

婚活で出会った女性にお断りをする際のポイント

好意のない女性にお断りを入れる場合のポイントを、結婚カウンセラー専門の方に相談してご意見を頂きました。

まず、重要なポイントとして、時間はとても貴重だと理解しなければいけません。婚活に礼儀があるとしたら、その一つは「お互いの貴重な時間を大切にする事」です。時間には限りがあります。それは、あなたも相手も同じです。自分の中で、お断りすると決めているなら、何度も会うより早い段階で伝えた方が良いです。何度も会ってしまうと相手は「気に入ってくれたのかな」と期待します。

そして、お断りする際の伝え方ですが「相手に配慮して傷付けない」のが最低限のマナーです。さすがに、「タイプではない」という伝え方はストレートで分かりやすいですが相手を傷つけてしまう可能性が高いです。また、「他に気になる女性がいる」というのも、それを言われた女性は「自分には魅力が無いのか」と強いショックを受ける人も多いので避けた方が良いでしょう。

例えば、「何度かお会いして話をする中で、自分とは感性が違うと感じました」とか「話をしていて価値観や人生観が違うと思いました」など、合わせようのない何かがあると伝えるのは一つの方法です。当然、結婚においては重要な条件ですので理解してもらえるはずです。言葉の言い回しやその時の二人の関係性もあるので、必ずこうした方が良いというのはありません。ただ、相手に誠意を持って伝えるのは絶対に必要です。

お断りするのも婚活のひとつ あなたに与えられた時間は限りがある

婚活において、相手に理由を述べてお付き合いを断るのは、まったく失礼な行為ではありません。むしろその気がないのにズルズルと関係を引き延ばす方が無責任です。

婚活は、男女ともにあまり時間が無いのが実情です。なぜなら、少しでも多くの人と出会って、少しでも選択肢を増やしたいと思うのは自然な考えだからです。

お互いに時間があまり無いという気持ちで、自分なりの見切りを決めた方が良いです。断る行為は、お互いの時間を有効に使えるとポジティブに捉えましょう。それだけ結婚相手を選ぶのは重要なので、人の評価などに振り回されずに最終的には自分で責任を持って決めるべきです。

人生は有限です。時間には限りがあります。あなたに与えられた、運命の女性に会うための時間は無限にあるわけではありません。お断りをする事は、終わりではなくお互いにとって次に進むためのスタートになるのです。

まとめ

・婚活で出会って何度か会うと色んな面が見えて気持ちが冷める事もある
・お互いにハッキリしない関係が続くと時間だけが過ぎて解決にならない
・自分の中でも区切りをつけて、断る場合は誠意を持って気持ちを伝える
・関係を終わらせる事は、次の出会いに向かってお互いのスタートになる

人は誰しも、他人を傷つけたくはないし、自分自身も傷つきたくありません。しかし、恋愛関係では正直な気持ちを伝えると、どうしても相手を傷付ける場面はあります。

相手の受け取り方を、あなたがコントロールできるわけありません。だから、結果について悩んでもしょうがないのです。

大切なのは、相手の立場になって自分自身の誠意を届けるだけです。そうやって出会いを重ねた先に運命のパートナーが待っているので、相手を思いやる気持ちは、常に持ち続けなければいけません。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ