男性向け婚活&恋活

【婚活で失敗する男性は会話ができない】初対面の女性と上手に接する方法とは

婚活に参加する男性の半数は失敗を経験します。これは「婚活パーティーを利用した経験のある男性」にアンケートをとった結果、43%の男性が失敗を経験した事があると答えました。(当サイト独自のアンケート結果)具体的な内容としては、「時間が短く十分に話ができなかった」「外見などで判断する女性ばかりだった」「いい女性はほとんどいなかった」などのネガティブな意見が多くありました。正直、自分自身の反省点はあまり聞こえてきません

婚活で失敗するケースの多くは、男女の会話がうまく出来ず、その場限りの関係で終わってしまうようです。限られた時間で相手に興味を持ってもらう必要があるので簡単ではありません。でも、もっと上手に会話ができたら、女性とも距離を近づけられるのにと悩む男性はいます。会話がうまい人はどんな風に話をしているのだろうと考える人もいます。今回は、婚活で失敗しない会話について調べてみました。

婚活やお見合いで失敗する原因のほとんどは会話ベタ

婚活に限らず、人間関係を築く上でもっとも重要なものは「言葉」です。動物の中でも人間だけが言葉を使って、相手に感情を表現する事ができます。そして、お互いの言葉を交換し合う行為を「会話」と言います。この会話を使って自分の気持ちを伝えて、相手の気持ちを受け取る事ができます。しかし、会話をうまくできない人が多く、さらにはうまく出来ていない事に気付いてもいない人がいます

そんな人に限って、「今日はいい女性がいなかった」「話がまったく合わない」などと愚痴を言って結局カップリングできない結果に終わってしまいます。いくらルックスが良くても高収入であっても、会話が下手な人は男性としての魅力に欠けてしまいます。まあ、会話など無くても十分過ぎるくらいイケメンや大金持ちだったら可能性は変わってきますが、そんな男性はそうそういません。

また、会話する事でお互いの相性や価値観なども確認し合えるので、婚活ではほとんど会話で決まると言っても過言ではありません。それくらい重要なもので、会話が、上手か下手かで婚活におけるカップリングの確率を上げる事も下げる事もできます。長い人生を共に歩みたいと思うパートナーを探しているのですから当然シビアにもなります。婚活という限られた時間で人を判断するには、ちょっとした話し方や表現で評価されてしまうものです。

会話が下手だと結婚はおろか彼女もできない

「自分は会話が下手だ」と自覚のある人は過去を振り返ってみてください。「女性と話すからうまく話せないのでしょうか?」それは、「緊張しているからでしょうか?」「相手に良く思われたいと必死になるからでしょうか?」それとも「相手が女性でなくても人とうまく会話する事が苦手なのでしょうか?」

一言に「会話が下手」と言っても、人によって状態が異なります。会話のやり取りについても「まったく話す事ができない」「話はするけど相手が楽しそうじゃない」「相手も答えてくれるけど、その後うまく返しができず沈黙で会話が続かない」など様々です。

どちらにしても共通している点は、相手が満足していないという事です。それでは、いつまで経っても結婚はおろか彼女すらもできない状況が続いてしまいます。また、現状に気付かず間違った行動で婚活を続ければ、余計な時間とお金を使うはめになってしまうのです。

女性と会話する際のコツは〇〇

最近、コミュニケーション能力を高める方法として、「会話術」「トーク力」など話し方を学ぶ人が増えています。それだけ現代人は人間関係をつくる事に悩んでいるのでしょう。色んな手法やコツはありますが、まずベースとなるのは「相手の話を聞くこと」です。会話とは、相手がいてはじめて成立するものだからです。

ちょっと話はズレますが、「聞く」という字にはもう一つ「聴く」という字を使う場合があります。どちらも似た意味ですので、使い分けが難しいですよね。ちなみに「聞く」は、自然と耳に入ってくる音や声を受け取ったり感じ取ったりする事で、「聴く」は、積極的または注意して、音や声に耳を傾けて受け取る事を指すようです。
参考『goo辞書』

これを参考にすると、今回は「聴く」という表現が近いかもしれません。「傾聴」というものをご存知でしょうか?人の話を聴く上での技法の一つとされています。言葉は知っていても詳しく理解していない人や誤解している人が多いです。その原因は「聴く」ではなく「聞く」という行動をしているからではないでしょうか?「傾聴」は、ただボーッと相手が喋っていることを聞いていれば良いわけではありません。それが通用するのは、一方的に喋り続けてくれる相手だけです。

人は基本的に話すのが大好きです。ただ、恋愛における「聴く事」の効果が少しずつ認知されてきているので、昨今状況は少し変わってきています。自分の話よりも相手の話を聴こうとしたり、初対面で話し過ぎると嫌われるかもという感性が働いて、最初からトップギアで喋りまくる人は減ってきています。

そんな状況下でも「傾聴」という技法は正しく活用すれば絶大な効果を発揮します。「相手に楽しく話してもらう」そのために役立つ傾聴の技法のうち、比較的簡単に習得できる技法を3つ紹介します。

 icon-check あいづち

最初にご紹介するのは、あいづちです。一見簡単そうですよね。その通り、ものすごく簡単です。相手の会話に合わせて、うなずいたり理解を示したりするだけです。慣れている人は、最も効果的なタイミングでうなずく事を意識してみてください。それが出来るようになると話をしている相手は「自分の事を理解してくれている」と安心して話を続けられます。

icon-check 共感

人は自己承認欲求を持っています。そのため、批判されるよりも同意される事を望みます。仲間だと感じるからです。その意味で共感を示す事は、相手に「自分を受け入れてもらえている」と感じてもらう重要な手段です。話を聞いていると、ついアドバイスしたくなる瞬間も出てくるかと思いますが、ぐっと飲みこんで「それ、すごい分かる」と伝えてあげてください。さらに「なぜ共感したのか」という理由を簡単に付け加えると効果は倍増します。

icon-check 質問

「聴く」という行動は質問がスタートです。何もせずに相手は話をしてくれません。相手が話した内容について、また質問をします。難しく考えず何でも聴いてみましょう。分かっている事でも、あえて質問してみてください。質問する事で相手は「自分の話に興味を持ってくれている」と感じるのです。だからこそ、会話を促すために必ず質問をしてください。相手の話の終わりに一呼吸おいて、質問を重ねると相手は喋りまくっていた自分を受け入れられるのです。興味と優しさを示す事が質問をする目的です。

この3つの技法で是非、女性に会話を楽しんでもらってください。自分の心遣いで女性が会話を楽しんでいると感じられれば、きっとあなた自身も会話を楽しめているはずです。

婚活において会話以外にアピールできるポイントで次へ繋げる

ここまでは、上手に会話を成立させるコツなどを紹介しました。それでも会話が苦手な人やまだまだ上手にできない人もいるでしょう。そんな人でも婚活で女性に気に入られたり、逆に嫌われないポイントはあります。大事なのは、その日限りで関係を終わらせずに次につなげる事です。次につながればチャンスはあります。会話以外でも簡単にできるアピールポイントを紹介します。

icon-check 清潔感

女性からすると、当たり前であり基本中の基本です。清潔感がないと判断されたら、会話がどうこうの前にまずスタートラインに立てません。なぜなら、人はまず見た目で相手を判断するからです。仮に、話ができるシチュエーションになって会話が始まっても、女性は「この人は無いな」と心の中で感じているでしょう。

正直、会話の上手な人は見た目も大事にします。それは、単にオシャレという事ではなく、まず見た目で相手に不快感を与えない事が会話をする大前提だと理解しているからです。なので、お金をかける必要はありません。「不潔感はないか」「だらしない恰好はしていないか」最低限の意識をして出会いの場に臨んでください。

icon-check 姿勢

女性の多くは、男性に頼りがいを求めています。女性が求める頼りがいは、経済的な部分や精神的な部分など人によって多少のバラつきがあります。経済的(金銭的)な部分での頼りがいをすぐに身につけるのは難しいです。でも、精神的な部分に関してはちょっとした工夫で変えられます。それが「姿勢」です。胸を張って、アゴの角度を少しだけ上げてください。それだけでも堂々としたあなたの姿勢に女性は安心感を覚えます。自信の無さは姿勢に出ると言いますが、逆に姿勢を正す事であなたの気持ちにも変化が生まれます。

icon-check 表情

正直、この表情が最も難しいです。なぜなら、表情は基本的に自分では見えないところだからです。日本は他に比べて、自己主張に対してあまり良しとするイメージがないように思います。そのため、多くの日本人は、自分が想像しているよりも控えめな表情になる傾向があります。婚活の場合、直前にトイレに行くなどして、鏡やスマートフォンのカメラを使って思い切り笑った顔などを練習しておいてください。これだけでも、表情の筋肉が動きやすくなります。

婚活も会話も回数をこなすと苦手意識がなくなる

婚活や会話についてご紹介してきましたが、やはり個人差はあります。人それぞれ個性も違いますし生活スタイルも異なります。全員が同じ事をやって同じ結果が出るわけではありません。ただ、何もしないと何も始まらないのはすべての人に共通します

子供の頃に、自転車に乗れなかったり、縄跳びが飛べなかった時に何度も練習した経験はあると思います。何度も失敗して、うまくできる人に教えてもらったり真似したりして出来るようになったのではないですか。

行動を起こせば失敗は付きものです。でも、何度も挑戦すると失敗しない方法が見えてきます。すると、あなたにも小さな自信が生まれてきます。これを繰り返すといつしか大きな自信を持てるようになります。そうなれば、女性と会話する事が楽しくなって苦手意識はどこかに行ってしまいます。

まとめ

・会話が下手な男性は、人として魅力が欠けていると見られやすい
・間違った行動で婚活を続ければ、余計な時間とお金を使うはめになる
・傾聴を使って女性に会話を楽しんでもらう事が大事
・会話以外で大事なポイントとして「清潔感」「姿勢」「表情」
・失敗を恐れず経験を積むと自信が増えて苦手意識はなくなる

会話について、質問が苦手という人は多いです。「何を質問したら話が盛り上がるのか?」という疑問が多いように感じます。やはり、相手に興味を持つ事が重要です。興味のない人や興味のないものに質問は思いつきません。無理して考えるのでストレスになってしまいます。

相手に興味を持って、相手の好きなものに興味を持って、共感しようと思ったら色んな質問が出てくると思います。あなたは相手の女性をどれくらい知っていますか?「どんな人で」「何が好きで」「何をしている時が幸せで」「それはなぜ幸せなのか」など質問が無数に出てきます。なぜなら、まだ相手の事を何も知らないからです。

そう考えると、婚活という場は最適な環境です。男性と話したい女性がたくさん参加するわけですから、どんどん話を聴きましょう。相手について知らない事はないというくらい質問しましょう。そして、相手に共感しましょう。色んな考えや価値観があってそれを知るだけでも、あなた自身の成長につながるはずです。