男性向け婚活&恋活

シングルファザーが仕事や子育ての苦労から抜け出す再婚という選択

シングルファザーが仕事や子育ての苦労から抜け出す再婚という選択

現在、全国的に結婚する3組のカップルのうち1組は離婚している割合になります。夫婦の間に子供がいた場合、一般的には母親が親権を得てシングルマザーとして子育てする割合が多いです。しかしながら、夫婦によっては父親が子供を引き取ってシングルファザーとして子育てするケースもあります。

現実問題として、シングルファザーは仕事や家事・子育てに疲れを感じる男性が非常に多いです。シングルファザーとして生活していく上で、具体的にどんな悩みがあるのでしょうか?30代後半で、小学生の子供が二人いる父親の例をもとに調べてみました。

シングルファザーは仕事と子育てに奮闘する每日と送っている

シングルファザーは仕事と子育てに奮闘する每日と送っている

離婚後、親権を得て子供のために仕事や子育てを頑張ろうと心に決めても、いざ現実に直面すると理想とかけ離れている事を痛感します。実際に体験したシングルファザーの意見を参考にいくつか例を挙げてみます。

離婚後シングルファザーにのしかかる様々な問題

離婚後、シングルファザーとして子育てをする場合様々な問題がのしかかります。覚悟していたとは言え、その苦労は想像以上です。今まで夫婦で分担でしていた家事もすべて一人で行います。

炊事、洗濯、掃除、買い物など細かい事を言い出すとキリがありません。子供がそれなりに成長して手伝ってくれるような環境なら助かりますが、まだお子さんが小さい場合、お手伝いどころか子育てに費やす時間も掛かってきます。

家庭での悩みは仕事にも大きな影響を及ぼす

また、仕事についても悩む男性は多いです。例えば、仕事で残業になれば、子供を保育園に迎えに行く時間がありません。毎日、決まった時間までに迎えに行くには、仕事を切り上げる必要があります。

家庭の事情を説明して会社に都合をつけてもらう事もできます。でも、会社に毎回同じ理由で無理を言うのが気の毒に感じてきます。次第に会社での居心地が悪くなって、部署異動や最悪の場合、仕事辞めなければいけない状況にまで至る人もいます。

年齢的にも、再就職は簡単ではなく、また子供がいる状況を伝えると、尚さら再雇用に影響しそうです。勤務時間や業務の内容を変えたため部署異動などすると、収入が減ってしまう可能性もあります。

実際に、シングルファザーになったタイミングで仕事を辞めて、両親や親戚の近くに引っ越す人もいます。両親の住む実家に引っ越したとしても、仕事は見つけないといけませんので再就職は簡単ではありません。

シングルファザーとして家事や子育てに大忙し

また、仕事より大きな問題は家事や子育てです。仕事については、これまでのキャリアやスキルを使って再就職が出来たとしても、家庭の事についてはそうは行きません。

仕事で疲れて帰っても、慣れない料理や洗濯をして子供を寝かしつけるまで一日は終わりません。やっと休みの日になっても、子供の行事ごとがあれば、ゆっくり休日を過ごす事もできません。

シングルファザーは仕事と子育ての影響で負のスパイラルに陥ってしまう

シングルファザーは仕事と子育ての影響で負のスパイラルに陥ってしまう

子供を守るのは自分しかいないと頑張る男性に限って、なかなか思うようには行かず状況は悪化します。シングルファザーが抱える問題は、いつしか負のスパイラルに陥ってしまいます。

子育てを手助けしてくれる人がいない

男性が仕事と家事・子育てを一人で行なうのは限界があります。そういった場合、近くで手助けをしてくれる協力者が必要です。しかし、実家を離れて両親と別居していたり、頼れる人が近くにいない時はどうすれば良いでしょうか?

子育てに重要な食生活 慣れない料理に苦労する

男性で、一番悩みが多いのが食事です。子供が小さい場合は栄養に気をつけないといけませんし、思春期であれば食べ盛りで量も増えます。最初は、頑張って作っていた料理も、仕事が忙しくなると時間がなくスーパーのお惣菜やお弁当で済ませてしまいがちです。

小さい子供でも親の苦労は感じ取るもので、お子さん自身に「贅沢は言えない」という感覚が芽生えて我慢してしまいます。料理が苦手な男性にとっては、最も苦労する点だと言えます。

過度な頑張りは精神的にも肉体的にも負担が大きい

少しでも、子供に嫌な思いをさせてはいけないと頑張るお父さんは、いつしか仕事と家庭に振り回せて精神的にも肉体的にも限界を迎えます。実際に、ストレスで体調を崩したり精神的に鬱状態になる人もします。真面目な人ほどあれこれ抱え込むと、自分の気付かないうちに身体に負担を掛けている事はよくあります。

仕事と子育ての両立ができず子供に寂しい思いをさせてしまう

やはり、一番つらいのは、自分の事よりも子供に寂しい思いをさせていると感じる事ではないでしょうか?子供というのは大人が思っている以上に敏感で、自分の置かれている状況を察知します。親がつらい表情や言葉を発すると「自分のせいではないか?」と気を遣ったり、逆に反抗してしまうケースもあります。

    • 現実は非常に厳しく、家族が楽しく円満に生活するには色々な問題をクリアにする必要があるんだね

シングルファザーにとって重要なのは子育てするための環境づくり

シングルファザーにとって重要なのは子育てするための環境づくり

やはり、シングルファザーには協力者の存在はとても重要です。ひとりで抱え込まず家事や子育てを分担してできる環境をつくりましょう。

両親や兄弟が近くにいる実家に帰る

一番相談しやすいのはです。孫の面倒は大変でも喜んで協力してくれます。もちろん任せっぱなしは親子にとって良くないので、あくまで自分ができない範囲を協力してもらう心構えが重要です。

実家であれば、経済的な面でも負担が軽減される可能性が大きいのです。「親に頼むのは気が引ける」と考える男性でも、子供の事を優先して考えて親に頼む選択も検討しましょう。

人生のパートナーを見つけて再婚をする

新しいパートナーを探すという選択肢はお持ちですか?。確かに子供との関係性も気になるところではありますが、子供にとっても母親という存在は大きいです。

【あるシングルファザーの例】
父子家庭で、中学生と小学生の子供がいるシングルファザーがいました。仕事関係で知り合った女性と交際が始まり、再婚したいという感情が芽生えました。でも、思春期の2人の子供になかなか言い出せません。

ところがある日、子供たちとの何気ない会話で「お父さんは再婚しないの?相手いるなら連れて来ていいよ」と言われました。理由を聞くと、子供たちも家事をする大変さや父親の苦労を知って母親という存在を必要としていたのです。

もちろん再婚を望まない子供もいます。一番は子供の気持ちを優先すべきです。しかし、現状とこれからの家庭環境を見て子供に話してみるのは、決して悪い事ではありません。仮に、時間は掛かっても、親として子供にしてあげられる努力は常に考えるべきです。

シングルファザーが再婚相手を探すなら婚活アプリや結婚相談所が便利

シングルファザーが再婚相手を探すなら婚活アプリや結婚相談所が便利

仕事や子育てで忙しい日々を過ごすシングルファザーが、効率よく結婚相手を探す婚活サービスをご紹介します。

 icon-check 婚活アプリ
手軽に安価で女性と知り合える婚活として「婚活アプリ」があります。パソコンやスマートフォンを使って自分が住んでいる地域で、同じように登録している女性と出会えます。

お互いにプロフィールを見ながら質問もし合えます。意気投合して後日実際に会う約束を交わせます。最初は、直接会って話すわけではないので見えにくい部分もありますが、時間があまりないシングルファザーやサラリーマンには非常に便利です。

 icon-check 結婚相談所
費用はそれなりに掛かりますが「結婚相談所」も便利です。正直、他の婚活サービスに比べると割高になります。

ただ、高い料金を払ってでも結婚したいと思っている真剣な女性が多く参加します。また、シングルファザーでも良いという女性を探しやすいです。再婚という明確な目標を効率よく達成したいのであれば便利な方法の一つです。

シングルファザーが婚活を急ぐ理由 再婚するにもタイミングが大事

シングルファザーが婚活を急ぐ理由 再婚するにもタイミングが大事

いつか生活が落ち着いたら再婚したいと考えるシングルファザーは多いです。ただし、再婚にもタイミングがとても重要です。

仕事と家事や子育てで時間がないシングルファザーの日常

「婚活をしたいけど、仕事と家事をしながらは難しい」という意見はシングルファーザーからよく聞かれる悩みです。平日は仕事をして、家に帰ると家事や子育てをする。休日はゆっくりしたいけど行事ごとや子供との時間を大事に過ごす。

そんな生活をしていると、とても自分の事に時間を費やせないという男性は少なくありません。やはり、効率良く時間を使ってパートナーを見つける事がポイントになります。

再婚相手と子供の関係づくりには時間が掛かる

また、早めに行動してパートナーを見つける事は子供のためでもあります。仮に、素敵な女性が現れて再婚を考えたとしても、自分の子供たちに紹介をして家族としての関係性を築くためには時間が必要です。

お子さんが小さいうちはまだいいかもしれません。しかし、お子さんが思春期になると新しい家族という環境に違和感を覚えて、再婚を認めてくれない可能性もあります。そうなると、少しでも早く婚活を始める事が次のステップへ進むきっかけになります。

年齢が1歳上がると再婚する可能性が下がる

正直、男性も女性も年齢が上がると婚姻率は下がります。確かに「30代後半」と「40代前半」は実際の年齢差よりも大きい壁があります。やはり、少しでも健康で若々しい時期が女性も見つけやすいです。

まとめ

・シングルファザーは慣れない事や問題が次々に発生する
・負のスパイラルに陥り子供に寂しい思いをさせてしまう
・子育てには十分な生活環境をつくる事が必要不可欠である
・効率よく婚活をするなら「婚活アプリ」や「結婚相談所」が便利
・年齢が若くて健康なうちにパートナーを探すのが望ましい

現在、シングルマザーは増えていて、国や自治体からの援助もあります。一方で、シングルファザーの場合、収入などによって個人差はあるのもの女性と比べると援助は少ない傾向にあります。また、シングルマザーとは違った父親だからこその悩みも多いです。

シングルファザーとして、一人で立派に子育てをする男性もいます。しかし、無理をしすぎると自分も子供も悪い方向へ進むケースもあります。将来を見据えて人生のパートナーを探す事は、長い目で見た時にあなたにとってもお子さんにとっても最善の選択かもしれません。

恋愛未経験で結婚を諦めてた42歳の兄貴がたった半年で入籍できた

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ