男性向け婚活&恋活

婚活中のドライブデートは要注意|非モテ男が注意すべき女性の心理

婚活中のドライブデートは要注意|非モテ男が注意すべき女性の心理

婚活で知り合った男女がデートする際に、ドライブに出掛けるケースは多いです。ただ、ドライブデートに乗り気じゃない女性や誘いを断る女性もいます。男性からすると「ドライブデートが嫌のか?自分のことが嫌いなのか?」分からず悩んでしまいます。

男性にとって女性とのドライブは、ゆっくり二人だけの時間を過ごせるのでデートにはベストと考えます。しかし女性の中には、婚活で知り合ったばかりの男性とドライブデートに行くことへ抵抗を感じる人もいます。

では、女性にとって男性とドライブをするとは、どういう心理でどのようなリスクを考えるのでしょうか?女性の心理やドライブをする際の注意点などを調査してみましたので是非参考にしてください。

婚活で出会った女性との関係性をしっかり理解する

まず、婚活で出会った女性との関係性が、現状どれくらい深いのかを理解する必要があります。関係性が浅い段階でドライブデートに誘っても、断られる可能性が高いからです。

まだ、1~2回しか会っておらず、お互いのことが分からないうちはよそよそしい関係のはずです。女性としては、これから徐々にどんなタイプの男性かを見ていきたいと思っている状態です。もちろん、自分の理想と違えば交際に至らず終わってしまうケースも考えられます。

そんな段階で慣れない男性と車中という狭い空間で長時間過ごすのは、女性にとって非常にストレスです。会って話すなら、ランチなど1~2時間で済むような軽い感じのデートで充分と考えます。相手の女性がドライブや長時間のデートに乗って来ないときは、まだ二人の距離が遠いと自覚した方が良いです。

婚活中にドライブデートに誘うのはアリ?ナシ?

婚活中にドライブデートに誘うのはアリ?ナシ?

婚活中にドライブデートに誘うのは特に問題ありません。婚活で知り合った女性とある程度やりとりをして、「また今度二人で会いましょう」となれば、「どこに行きます?」となるのは自然な流れです。

その際に、ドライブデートはとても重要な役割を果たします。男性からドライブデートを誘うということは、その女性ともっと親密になりたいという意思表示になるからです。

誘ったデートの返事待ちの状態は不安になる

デートのお誘いをして、相手から返事がないと男性は不安になります。「自分に興味がないのか?」「ドライブが嫌いなのか?」ハッキリ答える女性は少ないのでやきもきします。

女性が答えにくい理由の一つとしてタイミングがあります。よほど意気投合して二人で行きたい場所が決まったり話が盛り上がったなら、初回デートからドライブもありかもしれません。

しかし、取り合えず改めて会うだけなのに初回からドライブデートに誘うのは、さすがにタイミングが早いと言えます。ある程度、他のデートを重ねてドライブデートを提案すれば、二人の距離も近づいて女性もOKしやすくなります。女性が、もう少し距離を縮めても良いと思えれば、長時間二人っきりでいることにも抵抗を感じなくなります。

デートの前にまずは警戒心をなくすことが重要

やはり、関係が浅い中で二人きりの車内は女性も勇気がいります。確かに、婚活パーティーやマッチングアプリで知り合った者同士であれば、身分も明かしているので露骨に変な行動を取る男性は少ないはずです。ただ、女性にとっては車という狭い空間で、男性と二人きりになるの怖さもあります。

ドライブデートは自分をアピールできるチャンス

ドライブデートに行くことになった場合、女性にとってはその男性を判断する上で重要なイベントの一つです。二人きりという特殊な空間での会話、運転マナー、車内の雰囲気、渋滞時における立ち居振る舞いなど、男性の人格を見られます。

ジャッジされるというプレッシャーもありますが、逆に自分をアピールできるチャンスになります。そのため、女性はドライブデートに誘われたら「もっと親密になりたいのかな」という意識が芽生えます。ドライブデートは、男性の魅力をアピールしやすいイベントなので是非活用したいところです

婚活中のドライブデートを断る女性は脈ナシなのか?

婚活中のドライブデートを断る女性は脈ナシなのか?

ドライブデートは、二人の仲を親密にする有効な手段です。しかし、断られるリスクもあるので、デートに誘うにも勇気がいります。万が一断られた場合、その女性は脈ナシと判断すべきなのでしょうか?

趣味が合わないのか?自分に魅力がなかったのか?

ドライブデートを断られた男性は、「自分のことが嫌いなのか?」と思いがちです。でも、必ずしもそうとは限りませんし、別の理由も考えられます。そのため、断られたからといって、そこで脈アリか脈ナシを判断するのは早いです。

断る女性にも理由はあります。「車酔いをしやすい」「男性への警戒心が強く二人きりにはまだなれない」など人それぞれ事情もあります。

デートはドライブだけでなく他のプランも考える

ドライブデートを断られても「違うデートプランで誘ってみる」「しばらく日にちを空けてみる」といった対策を取りましょう。それでも女性からの反応が薄ければ可能性は低いです。

ドライブデートは、誘う男性に勇気がいるのはもちろんですが、その誘いに乗る女性もまた勇気がいります。まだ知り合って間もない男性と二人きりになって「どこに連れて行かれるかわからない」「本当に大丈夫なのか?」など、警戒心が強い女性は多いので配慮が大切です。

ドライブデートの誘い方にも工夫が必要

ドライブデートに誘う方法もコツがあります。いきなり「ドライブデートをしようよ」とストレートに誘うよりも、「〇〇に行ったことある?」「△△観に行ってみない?」と場所や目的を先に決めてしまいます。相手はイメージすることで場所や目的に興味を持ちます

そこに行くための手段が車というだけなので「バスや電車だと歩く距離も長くなるから、車出そうか?」と提案しやすくなります。女性に安心感を与えるのはとても大事です。

婚活中の女性とドライブデートするならココがポイント

婚活中の女性とドライブデートするならココがポイント

婚活におけるドライブデートは、一種のスパイスのようなものであり、普段のデートとは一味違うものになります。ドライブデートのそもそもの利点は、デートスポットの幅が広がることです。一緒にいる時間が長ければ、女性とのやり取りも増えて相手の性格や好みなどをたくさん知ることができます。

ドライブデートって何回目に誘うのがベスト?

「何回目のデートでドライブに誘うのがいいか?」という質問がありますが、ドライブデートに誘うのは、3回目以降が理想です。前項でも述べたように、初回から意気投合してドライブに行く流れになれば問題ありません。

しかし、女性が相手を見極めようとしているなら、1,2回目は、一旦食事などをしてゆっくり話す時間を設けてからの方がスムーズです。その食事デートで、ある程度女性の趣味や行きたい場所を聞き出すのがポイントです。

ドライブに最適なデートスポットは?

ドライブデートで行く場所は、海辺などが人気です。食べることが好きな女性は多いので、地元の海産物を味わえるお店などがあると喜ばれます。せっかくなら普段行かないような、自然の多い場所が気持ちもいいはずです。

海辺であれば水族館などのレジャー施設も多いので、ゆったり散歩をしながら手を繋いでみるのも良いでしょう。「えっ手を繋ぐの?」と違和感を感じる人もいますが、デートスポットであれば周りにもカップルがいるのでおかしくはありません。ただし、女性の反応が大事なのでさりげなく聞いてみましょう。

ユキオ
ユキオ
手繋いでもいい?まだ、ちょっと早いかな?
女性
女性
いいよ。

女性がすんなり受け入れてくれればラッキーです。かなり脈アリと判断もできます。

ユキオ
ユキオ
手繋いでもいい?まだ、ちょっと早いかな?
女性
女性
そうだね、まだ早いかな。
ユキオ
ユキオ
ごめん、先走っちゃって。
逆に、女性が拒否する態度を見せたら素直に引きましょう。しつこいアプローチは逆効果になります。断られたとしても、気持ちが伝わるようなアクションは大事です。女性があなたを意識するきっかけになるからです。

ドライブデートで告白をするタイミングは?

海辺へのドライブデートが効果を発揮する最大の理由として、告白するスポットが多いことが挙げられます。例えば、帰り道にある海浜公園に「景色が綺麗だから行ってみる?」と立ち寄れたりします。海辺には工業地帯も多いので、工場の明かりが彩る夜景スポットはムード満点です。

正直、婚活はスピード勝負なので「告白はまた今度にしよう」なんて考えていたら、その間に女性は違う男性と話が進んでしまうことも十分にあり得ます。ドライブデートに応じてくれた時点で、男性にはある程度の脈あるので気持ちは早めに伝えるべきです。

婚活中のドライブデートで女性に配慮すべき点

女性とのドライブデートで配所すべき点

ドライブデートをする上で、配慮するべき点はいくつかあります。せっかく女性とドライブデートに行くのなら事前の準備はしっかりしましょう。

清潔感に気を付けてニオイ対策も忘れずに

まずは清潔感です。これは基本中の基本です。そもそも女性が乗りたいと思う車かどうかです。

別に高級車である必要はありません。洗車はされているかとか、車内はゴミで散らかっていないか、ホコリは目立たないかなど、荷物がたくさん乗っていないかなど、せめて見える範囲だけでも掃除しておきましょう。

ニオイについても大事です。やはり長時間乗る車内のニオイは気になります。あなた自身は気付かなくても初めて乗る人は敏感に感じ取ります。消臭剤カーフレグランスなどを使ってニオイにも気を付けましょう。

気温対策にはブランケット まずは安全運転を心掛けて

女性は、男性と違って冷え性だったりと体感温度が違います。車内の温度は迷う部分でもありますが、エアコンブランケットを活用しましょう。

夏場であれば冷房をつけますが、女性はちょっと寒く感じるかもしれません。そんな時に、サッとブランケットを渡すと女性は喜びます。男性の優しさを感じるという意味です。

安全運転や運転マナーは、一番重要な部分になります。例えば、「渋滞になった際イライラする」「周りの車にブツブツ文句を言う」など運転中は本心が出やすいと言われています。絶対に悪い態度を取らず、渋滞中もゆっくり会話ができるくらい余裕のある男性になりましょう。

また、適切な車間距離での運転、急ブレーキを避けるといった気遣いを女性はしっかり見ています。女性の負担にならないような安全運転を心掛けることで、女性に安心感を与えてあげたいところです。

ドライブは下見も大事 トイレ休憩の場所はどこにする?

できれば、デートに行く場所を下見するなど事前に把握しているとスマートです。現地についてバタバタしなくていいし、迷わなければ時間も有効に使えます。また、お手洗いについても重要で、高速道路のパーキングエリアやサービスエリアを活用すると良いですが、街中ではコンビニが定番となります。

ドライブデートにおいて、女性側から「お手洗いに行きたい」とは言い出しにくいので男性から促すようにしましょう。別に、お手洗いと直接言わなくても「ちょっと休憩しようか?」と言いながら、パーキングエリアなどのお手洗いを活用できます。何も言わずにお手洗いを促す手段です。

やはり、ドライブデートはお互いを深く知るきっかけになります。女性にまた行きたいと思ってもらえるような準備と心構えが大切です。

まとめ

・婚活で出会った直後は、二人の関係性をしっかり理解しておく
・ドライブデートは自分をアピールできるチャンスである
・ドライブデートを断る女性には色々な理由がある
・ドライブデートはそもそも可能性は上がっているので告白も一気にせよ
・事前の準備がデートの成功を左右する

ドライブデートは、二人きりで狭い空間に長時間いれるので男性はワクワクします。しかし、女性も同じ感覚だと誤解しないように気を付けたいです。焦る気持ちはなるべく抑えて、関係性がある程度深まってからの方がお互いに楽しめるはずです。

まずは、ドライブにこだわり過ぎないように、短時間でも良いので会う時間を増やして距離を縮めてみましょう。デートする中で、女性の行きたい場所が聞ければドライブに誘いやすくなります。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ