男性向け婚活&恋活

【再婚した場合の相続について】子どもは血縁関係がないと相続できないのか?

39歳でシングルファザーのOさんは再婚を考えています。ただ、再婚相手にも子どもが1人いて、一気に家族が増える事になります。

ふと将来について考えたOさんは、自分が亡くなった時の遺産相続に疑問が生まれました。「相続は誰がどれくらいもらえるのか?」「子ども達全員が平等にもらえるのか?」

再婚して、新しい妻ができると配偶者としてあらゆる面で優先されます。それくらい法律上、夫婦の関係は深くなります。そして、自分に万が一の事があった場合、相続は配偶者として現在の妻が優先されます。では、子どもがいた場合はどうでしょうか?

前妻との間に生まれた子や再婚した女性の連れ子など、家庭環境は様々です。今は健康で死後の事など考えないかもしれませんが、人間いつどうなるかは分かりません。再婚を考えているシングルファザーなら相続についてもしっかり理解しておいた方が良いと思います。再婚相手や子供との関係によって変わる相続についてまとめてみました。

再婚前に相続について知っておこう

「そもそも相続って何?」「法定相続人って何?」「相続は誰にもらえる権利があるの?」「家族全員で折半するの?」そんな基本的なところから解説します。

相続ってそもそも何?

例えば、財産の所有者が亡くなった場合、その財産は国有化する(国が所有する)事ができません。また、財産の所有者が借金をしたままこの世を去った場合、債権者(貸していた人)が誰にも請求できなくなります。

相続とは、このような事例を防ぐため、財産を次の世代に受け継がせる事です。それによって、私有財産を維持して取引の安全が保たれるわけです。

法定相続人とは?誰がどれくらいの割合でもらえるの?

法定相続人は、基本的に「配偶者相続人」と「血族相続人」の2種類に分かれます。配偶者相続人は、配偶者でどんな場合にも相続人になれる存在です。血族相続人は、血がつながっている親族で範囲と順位が決まっています。

第1順位は「子または孫」、第2順位は「父母または祖父母」、第3順位は「兄弟姉妹または甥姪」で、それぞれ扱い方が異なります。法定相続分はパターンによって割合が異なりますが、あくまでも目安になるため親族で話し合って決める事も可能です。

割合については、基本的に配偶者のみ、子供のみ、親のみ、兄弟姉妹のみといった他に存在しない場合は、全部が相続されます。それが複数になると相続の割合が変動します。基本的に配偶者と組む相手によって変わる仕組みです。

「配偶者と子」は、【1/2:1/2】
「配偶者と親」は、【2/3:1/3】
「配偶者と兄弟姉妹」は、【3/4:1/4】

再婚後の親子関係で相続の分配は変わるのか?

相続の分配は、配偶者と子どもの数によって変わってきます。子どもとは、基本的に血縁関係にある子になるので、再婚者の連れ子は含まれません。親子関係によって異なる相続の分配についてそれぞれ確認しましょう。

自分と前妻の子と再婚者

相続権は前妻との間に生まれた子は発生しますが、前妻には発生しない事が決められています。再婚者は配偶者として扱われ相続権があり、自分が亡くなってしまった場合には所有する財産は前妻の子と半分ずつに分配される仕組みです。

自分と再婚者と連れ子

再婚者は再婚後に配偶者として扱われるため相続権がありますが、連れ子はないと決められています。しかし、相続権を与えたい場合は連れ子を養子縁組にすることで、法律上の親子にすると可能です。

養子縁組にするには手続きが必要なため、連れ子または被相続人の本籍地または届出人の住所地を管轄する市町村役場で、養子縁組届を提出する事が求められます。この場合は再婚者と連れ子が半分ずつ分配し、養子縁組がなければ再婚者がすべて引き継ぐ仕組みです。

自分と前妻の子と再婚者と連れ子

前妻の子は相続権が発生しますが、再婚者の連れ子は養子縁組をしないと発生しません。この場合は自分が亡くなると、再婚者と前妻の子が半分ずつに分配される仕組みです。

養子縁組をすると前妻の子と再婚者の連れ子は兄弟姉妹として扱われ、分配は再婚者と2人の子にそれぞれ半分ずつになります。しかし、養子縁組をする時は扶養義務が生まれるので、責任を持って養育をすることが必要となります

相続における配偶者は前妻との別れ方で違ってくるのか?

前妻との別れ方は、離婚するケースと死別するケースがあります。別れ方によって相続に違いがあるのでしょうか?

 icon-check 離婚して再婚する場合

離婚して再婚をする時は基本的に前の妻には相続権はなく、再婚者の方が配偶者になります。このため、遺産の分配は配偶者のみになり、再婚者が100%引き継ぎます。

icon-check 死別して再婚する場合

前の妻が亡くなって再婚する場合は再婚者が配偶者になり、自分が亡くなった場合の遺産相続はそのまま引き継ぎます。このため、上の事例と同様に相続の分配は再婚者がすべて引き継ぎ、離婚と死別では変わらない仕組みです。

ただし、上記のケースは子どもがいない場合なので、子どもがいれば人数などで分配率が変わります

再婚後の相続においてトラブルになりやすいのはなぜ?

相続において、配偶者は最優先で権利を得る事になります。では、夫婦の間に子どもがいた場合は、どのような扱いになるのでしょうか?

配偶者は半分を相続する

配偶者は被相続人と関係が一番深くなるため、基本的に子どもがいれば半分になり、子どもがいなければ全額が配偶者に相続されるのが特徴です。配偶者とは基本的に夫や妻の事で、家族の中でも最も重要なため分配率が高くなります。

前妻の子と連れ子は相続に関して同等なのか?

前妻の子は離婚しても子として扱われて、第1順位として相続権があります。しかし、再婚者の連れ子は基本的に相続権がありません。ただし、養子縁組にすれば権利を与える事ができます。その場合、扶養義務が発生する事が特徴です。

前妻の子と連れ子が同居する時は養子縁組をすると同じように扱われて、再婚者に相続の半分、残りの半分を子どもの数で分配します。

相続はお金が絡むのでトラブルになりやすい

相続は被相続人との関係によって割合が決められていますが、実際にはお金が絡むためトラブルが起きやすいものです。遺産分割に関するトラブルは中流家庭で起きやすいです。原因は、各々の主張の食い違いから本人が納得できない結果に至る場合が多いためと考えられます。

相続トラブルは決して他人事ではありません。現状、仲が良い家族でもお金の話になると急に憎み合う事はよくある話です。そのようなトラブルを避けるために、被相続人が生前に遺言書を残す方法があります。しかし、急病や事故など被相続人が予期せぬタイミングで亡くなる事もあり、遺言書がないため裁判になるケースも増えています。

再婚した家族が円満に相続できるように遺言書を準備をしよう

遺言書は、亡くなった人が遺族に伝えたい大事なメッセージです。そのため、法定相続より優先して効力を発揮します。遺言書についてご紹介するので参考にしてください。

遺言書の効力について

遺言書には3つの種類があり、それぞれに特徴があるのでご紹介します。

icon-check 自筆証書遺言は、被相続人があらかじめ亡くなった時を想定して、自筆で書く遺言なので一般的に知られている方法です。書面には、作成年月日や自署、自身の印鑑が必須で、これが無いと効力を生じないと定義されています。

icon-check 公正証書遺言は、被相続人が公証人(法務大臣から任命された公正証書を作成できる人)に伝えて、この内容を落とし込む形で作成・保管します。公正つまり国から認められたという証なので、効力に疑いがなくなるというメリットがあります。

icon-check 秘密証書遺言は、自筆証書遺言と公正証書遺言の間のような位置づけで、被相続人が遺言の内容に署名・押印をします。さらに、封筒に入れて内容を見せない状態で公証人に保管してもらう方法です。

遺言書の内容は、相続トラブルを防ぐために作成しているため、法定相続よりも効力が高く優先されます。

遺言書を作成する際の注意点

遺言書は、一度作成しても生前に心情の変化が起こる事があります。また、財産内容や評価額が変わる場合もあるため、その都度考え直す必要があります。このため、事前に遺言執行者を決めて、何かあった場合は任せられるように準備・打ち合わせが必要です。予期せぬトラブルにも対応できるよう入念な準備が大事というわけです。

もし、家庭トラブルなどが原因で遺産相続をさせたくない人がいる場合は、遺言で相続させないようにする事もできます。しかし、相続権そのものを剥奪すると違反になるため、専門の弁護士に相談して決めた方が良いでしょう。

まとめ

・法定相続人は「配偶者相続人」と「血族相続人」があり、相続できる家族構成で割合も変わる
・再婚者の連れ子でも養子縁組にすると相続権が得られる
・離婚と死別では相続の内容は同じである
・お金が絡むとトラブルになりやすいので遺言書を使って生前に決めておく
・遺言書は、内容や気持ちが変わる度に作成し直す必要がある

相続は、資産がたくさんあっても、逆に借金がたくさんあっても受け継がれるものです。残された家族が円満に暮らしていけるように、生前の元気なうちからじっくり考えておく必要があります。

再婚するにあたっては、血縁関係のない家族が増えるケースもあるので、トラブルを避けるためにしっかり夫婦で話し合うなどして準備が重要です。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ