男性向け婚活&恋活

婚活で失敗ばかりのモテない男性にもっとも重要な2つのポイント

「婚活に何度も参加しているけど成果が出ない」「デートはできるけど先に進まない」なんて悩む婚活中の男性は結構多いです。当然、婚活をしている全員が良い結果につながっているとは言えません。

でも、失敗が多いのは必ず原因があるはずです。そして、婚活での失敗は、最初の段階で決まっているケースが非常に多いです。いかに、ファーストアプローチの重要性に気付いていない男性が多いかが伺えます。

今回は、出会いの段階から順に分析していきます。失敗ばかりの婚活にピリオドを打ちましょう。

婚活で失敗する男性はどうして見た目を大事にしないの?

第一印象は大事」とよく言いますが、印象を決める一番のポイントは視覚です。やはり、見た目からの情報は非常に大きく、あなたがどういう人間であれ勝手なイメージを持たれてしまいます。

見た目で嫌われるのはブサイクではなく不潔な男性

一般女性から「男性の嫌われる所」というアンケート(当サイトで実施)で多かった意見として、「品がない」という回答がありました。具体的には、「不潔」「身だしなみが悪い」「服装がだらしない」といった内容です。

誤解されやすいのは、見た目について男性は、「ブサイク」とか「スタイルが悪い」など自分の顔や体型のコンプレックスを考えがちです。見た目が男前じゃないから、女性にモテないんだと勘違いする男性がいます。しかし、見た目で大事なのは、ルックスではなくて清潔感です。では、清潔感のない「不潔」と感じられるポイントをいくつか挙げてみます。

・髪がボサボサ(寝ぐせがある)・目ヤニがついている・鼻毛が出ている・歯が汚れている・ヒゲの手入れが悪い・フケがついている・汗でびしょ濡れ・体臭や口臭がきつい・爪が伸びている・服装がだらしない など

まだ他にもありますが、男性からすると「確かにちょっと意識が足りなかった」と気付く人もいます。一方で「そんな事くらい別にいいだろ」とか「俺は中身で勝負するから」と思う人もいます。

見た目を無視する男性は相手の気持ちも分からない

見た目の印象で大事なのは、相手がどう思っているかです。あなたがどう思うかは関係ありません。

あなたが、婚活で成果が上がらなかったり、次に会う約束ができないのは、見た目でシャットアウトされている可能性があります。あなたも「この人は生理的に無理」と感じた経験は、同性異性問わずあるのではないでしょうか?

あなたが取る行動は、見た目で相手に不快な思いをさせず、逆に良い印象を与える事です。すると、その後の展開がスムーズに進んでいきます。女性と会う前は、鏡の前に立って清潔感のある男性であるかチェックが必要です。

婚活中の男性が出会いの場でやりがちな失敗パターン

では、第一印象がまずまず良かったとして女性と会話をしても、その後の展開に進まないという人もいます。いわゆるモテない男性ですが、その原因は何なのでしょうか?

聴覚から入る情報の重要性

まず、第一印象では「視覚」からの情報がもっとも強いとお伝えしましたが、次のステップとして「聴覚」の重要性についても説明します。「男性の嫌われる所」というアンケート(当サイトで実施)に答えた女性側の意見で、「品がない」という回答の具体例としてこんなものがありました。

「言葉遣いが悪い」「大声で話す」「くしゃみが大きい」「下ネタを平気で言う」など自分の耳に入ってくるものが不快であれば、その人に対する印象が悪くなるという状況です。

デリカシーがないと表現される事もありますが、まさに相手を気遣う行為であり自分の常識とは分けて考えなくてはいけません。聴覚」においては、数分間で判断されるのでほぼ直感です。

第一印象と合わせてもわずか数分間で、あなたという人間を判断されてしまうわけです。そう考えると人が感じる印象って怖いですね。

非モテの特徴から学ぶ

非モテの特徴」についての情報を参考にしてください。非モテとは、読んで字のごとく、モテないという意味です。異性から敬遠される人の特徴を知って、少なくとも女性から嫌われないポイントを抑えてみてください。

モテない要因として、シドニー大学(オーストラリア)の研究を参考にするケースが有名です。「関係性の破壊要因」というテーマで、まず結婚相手にふさわしくない要因をいくつも集めて、その中から、独身の男女にランダムに選んでもらった結果をランキングにしたものです。

ネガティブなワードが多いし、「えっそんな事まで?」と感じる内容もありますよね。特に、上位のものが2~3個当てはまるという人は、対人関係においてはかなり厳しい状態かもしれません。

最初に与えた印象は変わらない

そして、ここでも「不潔・服装がだらしない」という回答が堂々の1位です。いかに重要な項目かは言うまでもありません。

何度も言いますが、婚活であれば出会ってたった数分間であなたという人間を判断されてしまいます。そして、相手に一度植え付けられたあなたにの印象は、そう簡単に変わるものではありません。

その後、どんなにフォローやアプローチしても印象を覆すにはかなりの時間を要します。いくらデートに誘っても返事がなかったり避けられるのは、最初の段階で決まっているのかもしれません。だからこそ、出会って最初の数分間はその後の関係性をつくるのに、とても貴重な時間なのです。

婚活やデートで失敗しないために必要な自己分析

第一印象の重要性やモテない男性の特徴を説明しましたが、そもそも自分がどういう人間なのか自己分析がとても重要です。「自分の事は自分が一番よく分かっている」と思うかもしれませんが、意外にそうとも限りません。

自己分析で自分という人間を客観視する

それでは、一番理解しているという自分について自己分析してみましょう。「20答法」というやり方です。紙とペンを用意して、「私は〇〇です」という問いを20個書いてください。そして〇〇の中に自分について思い浮かぶフレーズを入れてみてください。ポイントはあまり深く考えず思いつくままに書き出します。

どうですか?最初はスムーズに出てくるかもしれません。ただ、後半はちょっと考え込んだりしませんでしたか?ポジティブなものからネガティブなものまで色んな項目が出たはずです。しかし、書き記した20個の回答は、すべてあなた自身が感じているものです。

自己分析は他人の意見が貴重なデータになる

今度は、家族や親しい友人・会社の同僚など周りの人にあなたがどう見えているか聞いてみてください。意外にあなたの書いた回答とは違う回答が出てきたりします。それくらい周りの印象とあなた自身の分析にはギャップがあるのです。

周りからの意見が聞ければ、女性が感じるあなたの印象として自己分析ができます。相手に悪い印象を持たれなければ次のステップに進めます。

婚活で失敗しないための目標設定 恋人はダメでも友達ならOK

婚活をうまく進めるために目標設定を明確にしましょう。むやみに恋人を作ろうと焦るから失敗するのです。

友達以上恋人未満の関係をつくる

自分で外見に自信がない人であれば、まずは、友達として関係をスタートさせましょう。「えっ彼女がほしいから婚活しているのに」と思うかもしれませんが、落ち着いてください。

出会って数時間で、しかも会話自体は数分しかしていないのにいきなりアプローチしてうまく行く方が奇跡です。もし成功するとしたら、相手があなたに一目惚れでもしている状態です。イケメンやそれに匹敵する条件を持っているなら一目惚れの可能性は高まりますが、なかなかそう簡単にはいかないものです。

婚活における一目惚れの危険性

そもそも一目惚れとは、外見で相手に好意を寄せるものです。そのため、決して中身に惚れる行為ではありません。

あなたが、黙っていても女性から近づいて来るほどのイケメンあれば、恋愛に発展するのも早いでしょう。しかし、そうでなければ、いきなり恋人の関係に持ち込もうとせず、友人としての関係をしばらく続けると良いです。

その理由は、一目惚れで交際した男女の関係性より、友人から恋人へ発展して交際した男女の関係性の方が、長期的な関係になる可能性が高いからです。実際に検証されたおり、外見より中身を知ってからの関係性は長続きしやすいという事です。

友人関係であれば成功率アップとさらなるメリット

恋人になるハードルから友人になるハードルになるので、女性も越えやすくなります。「すごく楽しい方なので、よかったら友達になってもらえますか?」とお願いすれば断られるケースはかなり減ります。もし、友達すら断られる状況であれば、また第一印象からの見直しが必要です。

そして、友人から始める大きなメリットは、女性を1人に絞る必要がありません。別に告白をしたわけでもないですし、相手があなたに好意を寄せているわけでもないのです。つまり、1人の友人として付き合えばいいわけです。さらには、別の新しい友人との出会いを求めても良いのです。

長期的な関係を築く方が恋愛に発展しやすい

そうやって、少しずつ女性の知り合いを増やして、長期的な関係を続けて行きます。恋愛における長期とは約3ヶ月ほどです。その間に、連絡を取り合ったり少しでも多く会うようにしてお互いを知っていく時間にします。

なるべく会話を増やしたり、相手の趣味に共感したりして時間が経つと、お互いに恋愛関係として脈があるのかないのかも分かって来るはずです。ここが重要なポイントで、短期的に結論を求めるとうまく行かないケースが多いが、長期的な関係を築くと次第に気持ちも変わってきます。

たまに「美女と野獣」のようなカップルを見かけませんか?男性がよほどのお金持ちなのかと詮索したくなりますが、そうでもなさそうです。案外、野獣はたくさんいる美女の中から運命の女性を選んだのかもしれません。

まとめ

・まず、見た目で相手に不快な思いをさせず逆に良い印象を与える
・出会って最初の数分間はその後の関係性をつくるのに、とても貴重な時間
・自己分析は周りの人の意見を聞くとさらに明確になる
・友人としての関係を増やして長期的な関係から恋愛に発展させる

婚活は、誰しも恋愛に発展させて恋人になる結果を求め過ぎてしまいます。また短期的な関係を築けても、最初のイメージと違うという理由で破局してしまうケースもあります。真剣に長期的な関係を求めるのであれば、じっくりお互いを知って深い関係性を築き上げたいですよね。

そのためにも、より多くの女性と出会って友人としての接し方から経験を増やしましょう。すると、今まで気付かなかった自分にもきっと出会えるはずです。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ