男性向け婚活&恋活

婚活デートは日程調整がカギ 出会う前から差をつけるイケてる男性

デートの日程調整が苦手で、うまく段取りができない男性は意外に多いです。自分のペースで日程を決めてしまう人や相手に気を使い過ぎて全然決まらないなど様々です。

せっかくデートの約束まで出来たのですから、日程調整はスムーズに進めて行きたいですよね。女性の意見や上手なやり方まで色々と調べてみました。

デートの日程調整がうまくいかないとイライラが募る

デートの日程調整がうまくいかない人の悩みには、いくつか特徴があります。

icon-check 自分の予定と相手の予定が全然合わない
icon-check 相手の予定に合わせるつもりなのに、予定を教えてくれない
icon-check 何度も連絡しているのに、返事が遅かったり連絡が途絶える事がある
icon-check そもそもデートするつもりが無さそう

「お互いに会う気持ちがあるのだから、もっと積極的になってほしい」というのが本音ではないでしょうか。それなのに、返事が遅いとか予定をはっきり教えてくれない状況にイライラしてしまいます。

なかなか噛み合わない状況が続くと、そのままキャンセルになる事もあります。せっかくのチャンスを逃してしまう事態になりかねません。

デートの日程が決まらないと面倒になって気持ちも冷めてくる

デートの日程調整がうまく行かなくて、せっかくのデートの約束がどんどん先送りになってしまいます。お互いの日程が合わないと、徐々に連絡が面倒になってきて気持ちが冷めてしまいます。

LINEと電話でのやり取りするメリット・デメリット

現在は、連絡の手段としてLINEでのやり取りが主流です。LINEやメールの文字で連絡を取り合うと、時間を気にせず質問や回答ができるメリットがあります。

ただし、日程調整は何度か質問や回答を繰り返すので、やり取りに時間が掛かる場合もあります。また、文字のやり取りだと誤解や行き違いが生じて、相手にイライラしたり、不信感を持ったりする原因にもなります。

電話であれば、ある程度まとめて話が出来るので、一度で済むケースがほとんどです。ただし、恋愛の初期段階では直接話すのを敬遠する女性もいます。また、ゆっくり話す時間が合わせづらい人もいるので、LINEやメールのやり取りを好む人が多いです。

LINEで起こりやすい言い間違いや聞き間違い

LINEで文字のやり取りの場合、同じ文面でも自分と相手で受取り方が違うケースもあります。例えば、「大丈夫です」という言葉を一つとっても、OK(いいですよ)という意味とNG(結構です)という意味の2つがあります。

会話と違って、文字だけだとうまくニュアンスが伝わらない時もあります。ちょっとした言い間違いや聞き間違いで、相手に嫌悪感や不信感を抱かせるのはもったいないです。普段、何気に使っている言葉や文章も、相手に誤解を与えないか注意して使用する事が重要です。

そして、誤解があった場合は「分かりにくい表現ですみませんでした」と素直に訂正するようにしましょう。決して相手のせいにしてはいけません。

婚活におけるデートの先延ばしは脈なしの可能性大?

最初は、デートをいつにするかの連絡をしていたのに、次第に返事が遅くなったり最終的に連絡がつかなくなるケースがあります。恋愛関係としては、かなり脈が無くなったと判断できそうです。

返事をしない女性の心理とは

婚活中の女性に、デートの日程がなかなか決まらない時の心理について聞いてみました。すると、男性に対する不満として、以下のような回答がありました。

icon-user 女性A:自分の都合でどんどん話を進めて、自分勝手な男性だと正直ガッカリ。
icon-user 女性B:段取りが悪くて全然予定が決まらないし、言い方が曖昧だから何をどうしたいか分からない。
icon-user 女性C:ほんとに忙しいから、落ち着くまで待ってほしいのに何度もLINEが来てイライラした。
icon-user 女性D:婚活中で、別の男性とも約束していた。そちらはスムーズに日程の調整ができたので後回しにした

時間が経つほど可能性は下がっていく

婚活の初期段階は短期決戦です。最初は、お互いにテンションも高い状態なので、連絡のやり取りもスムーズに行きやすいです。

ただ、日程を決めるだけの行動に、あまり時間を掛け過ぎるとストレスになります。そして、お互いを詳しく知らない段階でストレスを感じるのでは、かなり不利な状況になります。

デートの日程調整をスムーズに進める方法

なるべく時間を掛けずに、効率良く日程調整を行うためにいくつかコツをご紹介します。自分の行動と比較しながら参考にしてください。

まずは場所や目的を決める

まずは、どこに行くか、何をするかなどの場所や目的を決めてしまうと日程を合わせやすいです。「取りあえず...」とか「何となく...」だと、会う理由も曖昧なのでキャンセルされやすいです。

例えば、「映画館へ〇〇を観に行く」とか「〇〇まで車でドライブする」など、デートの内容が具体的であれば準備も具体的になります。「映画が13時から始まるとしたら、30分前の12時30分に集合する」という感じです。

お互い共通の趣味があると決めやすいです。もし無ければ、女性の興味のあるものや行きたい所を聞いて、場所や目的を決めると進めやすいです。自分が行きたい場所だと、女性は興味がない可能性もあるので気を付けましょう。

相手のスケジュールを把握する

相手の生活スタイルを把握しておくのも大事です。むやみに日にちを選択するより、相手の都合が分かっていれば選択肢が絞られるのでスムーズです。

例えば、「何の仕事をしているのか?」「休みの日は決まっているのか?」「何曜日が休みなのか?」だけでも日程を絞れます。さらに、時間帯まで把握するなら「仕事の日でも、18時以降なら夕食に行ける」など、把握しているだけで誘いやすくなります。

女性も「私の都合を気にしてくれている」「前に話した仕事の話を覚えてくれてる」と好印象を与える効果もあります。

日程を絞り込んでいく

「いつが予定空いてますか?」と聞くより、日程を絞り込んでいく方がお互いに決めやすいです。例えば、下記のような質問で日程を絞り込んでいきます。

男性:「今月と来月ならどちらが都合がいいですか?」
女性:「今月、大丈夫です。」
男性:「今週と来週ならどちらが都合がいいですか?」
女性:「来週の方が都合いいです。」
男性:「土曜日と日曜日ならどちらが都合がいいですか?」
女性:「日曜日がいいです。」

大まかな予定から徐々に範囲を狭めていくと、最終的に日時まで決める流れができます。お互いにスケジュールを確認して決めれるのでスムーズです。

選択肢を与える

日程を絞り込んで、相手に選択肢を与えるのがコツです。下記の例を比較してください。

〈パターン1〉
男性:今週の日曜日の午後ってお暇ですか?
女性:日曜日は忙しいです。
男性:じゃあ、いつなら空いてますか?
女性:最近、忙しいので予定が分かったら連絡します。
男性:...分かりました。連絡待ってます。
〈パターン2〉
男性:今週の土曜日日曜日はご予定いかがですか?
女性:日曜日だったら大丈夫です。
男性:そうですか。では、日曜日の午前午後はどちらが都合いいですか?
女性:そうですね。午後からがいいです。
男性:分かりました。午後なら1時とか2時でどうですか?
女性:1時でいいですよ。
男性:ありがとうございます。では、今週日曜日の午後1時お願いします。

選択肢を与えるポイントは、こちらが主導権を握っていながら、決定権は相手にある事です。〈パターン1〉のように、選択肢が無かったり相手に一から考えさせる聞き方は、あまり気持ちの良いものではありません。

一方で、〈パターン2〉のように、2択であればどちらか選べばいいので深く考える必要がありません。もし、どちらも無理な場合は、別の選択肢を与えればいいだけです。

この方法で約束をすると、相手は「私の都合に合わせてくれんだ」と感じます。そして、自分の都合で決めた日程だからこそ断りにくくなります。

仮に、デート直前に都合が悪くなったら「私の都合に合わせてくれたのに申し訳ない」と感じて、改めての日程調整も取りやすくなります。お互いに、気持ち良く約束を交わすためのやり方なので、是非参考にしてください。

婚活サービスはデートの日程調整まで代行してくれる

日程を調整は、なかなかうまく行かないからこそ、何度も連絡をしてコミニュケーションを取れるというメリットもあります。しかしながら、どうしても苦手だったり仕事が忙しくて連絡に時間を取れないという人もいます。

そんな時、婚活サービスでは日程調整まで代行してくれるサポートが付いています。結婚相談サイトの「エン婚活エージェント」に確認したところ、煩わしい日程調整のやり取りも簡単に済ませてくれます。

日程調整について、いくつか質問をしてみました。下記の通りですので、参考にしてください。

Q1.  自分の日程(日にちや時間)の希望をいくつか出しておくのでしょうか?

A.  コンタクトの候補日は、お二人のスケジュールを基に表示されます。まずは、ご自身が調整可能な日時を可能な限り登録してください。コンタクト日程は、ご登録いただいている双方のスケジュールをもとにマイページ上で調整します。

Q2.  場所は、どのようにして決められるのでしょうか?

A.  場所の候補は、女性の希望が優先されます。駅などの分かりやすい場所でお待ち合わせいただきまして、その後はお近くのカフェ、喫茶店などで30分~60分程度お話しをしていただきます。お店などの指定はございませんので、お二人でお決めください。

Q3. 待ち合わせをする場合、電話番号などの個人情報を伝える必要がありますか?それとも、連絡先など交換なしに、現地での待ち合わせは可能なのでしょうか?

A.  当日は、ご自身の目印をご登録いただきます。(〇〇色のスカーフをしています、など)また、お相手様と会えない場合や、時間に遅れそうな場合など、緊急のご連絡は「コンタクト当日用クラウド電話サービス」でお相手へ直接ご連絡していただきます。

お互いの希望する日程をいくつか申請しておくと、お互いにマッチする日時をセッティングしてくれます。わざわざ連絡を取り合う必要がなく、なかなか決まらないというストレスも無くなります。

また、実際に会って「違うな」という相手のケースもあるので、先に連絡先を教えるのは躊躇する人もいます。そのため、電話番号などの個人情報は伝えず、専門サイトの無料通話のシステムを活用できます。

婚活における日程調整の重要性

日程調整がうまく行かず、会うタイミングも失いそのままフェードアウトするケースもあります。また、婚活の場合、あなた以外の男性とも同時進行で進めているはずです。

そのため、予定を先送りにすると、その間に別の男性とお付き合いしてしまう可能性もあります。何事もチャンスはタイミングが重要で、スピーディーに進めるに越した事はありません。

婚活は勝負なのです。いかに他の男性よりも優先して女性と恋愛を進めるかがポイントです。そのためにも、デートの約束はスムーズに進めましょう。

まとめ

・ デートの日程調整は相手とうまく噛み合わずイライラしてしまう
・ デートの日程が決まらないと徐々に面倒になり気持ちも冷めてくる
・ 婚活は短期決戦 連絡が取りづらくなるのは脈なしの可能性が高い
・ 日程調整のコツは、選択肢を与えて相手に決めさせる
・ 婚活サービスにはデートの日程調整まで代行するサービスがある
・ 婚活は他の男性との勝負なので、より早く女性を会う事が重要

デートの日程調整は、お互いの都合を擦り合わせるのでタイミングがあります。自分の都合ばかり優先していたら、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

いかに、相手に気持ち良く会ってもらうかがポイントです。どうしても苦手な人は、周りをうまく使ってセッティングしてもらって構いません。運命の女性は、一瞬だけ顔をのぞかせて逃げて行く事もあります。その瞬間を逃さないように、万全の体制で望みましょう。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ