男性向け婚活&恋活

実家暮らしの30代男性が気づかない結婚に大事なアピールポイント

実家暮らしの30代男性が気づかない結婚に大事なアピールポイント

30代になる独身男性が「実家で暮らしている」と言うと「なんで一人暮らししないの?」「実家で暮らす理由があるの?」などネガティブな声を聞く場面が増えてきます。

特に、婚活をする男性は、相手の女性が「実家暮らしの自分に悪いイメージや先入観を持っている」「結婚相手として見てくれない」と不安になってしまいます。女性の考え方や実家暮らしでも上手にパートナーを探す方法についてご紹介します。

30代の独身男性は実家暮らしだと結婚できないって本当?

30代の独身男性は実家暮らしだと結婚できないって本当?

女性は、実家暮らしの独身男性を結婚相手として見れないのか?また、独身男性は何歳までなら実家暮らしをしても問題ないと考えるかについて調査しました。

女性は実家暮らしの独身男性でも結婚の対象にする

一般女性に「実家暮らしをする独身男性は、結婚相手としてアリかナシか?」という質問に対して、100名の女性のうち全体の約70%の女性はアリ、逆に約30%の女性がナシと答えました。という事は、実家暮らしだからと言って結婚相手の対象から外れるわけではありません。

確かに、実家暮らしをよく思わない女性もいます。でも、ごく一部の女性で、どうしても実家暮らしの男性が対象外という女性なら、こちらも相手にしなければいいだけです。

    • 今まで、実家暮らしをマイナスと捉えていた男性も希望が持てますね

独身男性は何歳までに実家を出るべきか?

別途、一般女性に「独身男性が実家暮らしをするのは、何歳までが限度と考えますか?」という質問もしてみました。結果、100名の女性のうち全体の約23%の女性は「何歳まででも構わない」という回答です。この結果からも、実家暮らしをネガティブに捉える必要はない事が伺えます。

以下、「35歳まで」「30歳まで」「25歳まで」という回答が、それぞれ約13%でした。年齢的に見て「結婚適齢期を過ぎても結婚せずに、実家暮らしをしている独身男性」に違和感を感じる女性もいる傾向が分かります。

2つのアンケート結果から、「結婚の対象から外れるわけではないけど、独身で実家暮らしをする男性には特別なイメージを持っている」ようです。

女性が感じる実家暮らしの独身男性に対するイメージ

女性が感じる実家暮らしの独身男性に対するイメージ

なぜ、独身男性の実家暮らしを嫌う女性がいるのでしょうか?その理由について、もう少し調べてみましょう。

実家暮らしの独身男性のマイナスイメージ

icon-user 働いて無さそう(フリーターやニート)
icon-user 仕事が出来なそう、収入が少なそう
icon-user お金の管理が苦手で適当なイメージ
icon-user 自分の趣味などにお金を使い過ぎていそう
icon-user いつまでも親に甘えている(親のすねをかじっている)
icon-user 親に依存している(マザコン気質ではないか?)
icon-user 家事がまったく出来なそう
icon-user 家事をしてもらうのが当たり前と思っていそう
icon-user わがままな性格のイメージ
icon-user 自立していない、頼りがない
icon-user 大事な決断は親に委ねそう(決定権がない感じがする)
icon-user 結婚後に親との同居を求められそう(親の介護を任されそう)

かなり厳しい意見もありますし、結構言いたい放題な気もします。実際どうなのかは別にして、女性は実家暮らしの独身男性にマイナスな先入観を持っている事が分かります。

マイナスイメージの原因

実家で親と同居して生活するのは、親に養われているというイメージが強くなります。親から養われるのは、せいぜい成人するまでで、大学に通ったとするなら22歳頃までです。

実家で暮らしているというだけで、未成年と同じく食事や洗濯など身の回りの世話を親にしてもらっていると見えてしまうようです。そして、親に依存しているという偏見から「いつまでも自立できない」「収入が少ない」など勝手なイメージを持たれてしまいます。

家庭環境は人それぞれで、実家暮らしをする理由も様々なので他人がどうこう言う権利はありません。ただ、実家暮らしに偏見を持つ女性もいる現状を把握しておきましょう。

実家暮らしの30代男性が覚えておきたいアピールポイント

実家暮らしの30代男性が覚えておきたいアピールポイント

では、実家暮らしである状況をマイナスと見なされた独身男性は、どうすれば良いのでしょうか?こちらも女性の意見を交えてご紹介します。

実家暮らしの独身男性が結婚するために必要なこと

icon-check 家事は一通りできるように家事スキルを磨く
icon-check 必要以上に親に頼らない
icon-check 経済的な自立を目指す
icon-check 安定した仕事と収入を確保する
icon-check お金の管理をしっかりして貯金もする
icon-check 母親と女性を比較しない
icon-check 親とは別居して暮らす

つまり女性は、自分一人でも生活していけるような男性を望んでいるのです。そして、実家暮らしという事実を伝える場合は、女性にマイナスイメージや不安を抱かせないアピールポイントが必要です。

具体的なアピールのポイント

女性が抱きそうな不安を取り除くために、男性からアピールをしておきましょう。いくつか例を挙げてみます。

icon-check 家事が得意(好きな)ことをアピールする
icon-check-square-o料理が得意だったり、家でも作ったりする
icon-check-square-o散らかっているのが嫌いだから、家の掃除は好んでやる

icon-check 仕事や収入・貯金をアピールする
icon-check-square-o〇〇という会社で働いている、大体年収は△△万くらい
icon-check-square-o貯金や貯蓄、資産運用で〇〇万円くらいは持っている

icon-check 将来についてアピールする
icon-check-square-o結婚したら親とは別居して、家を建てるつもり
icon-check-square-o親の介護は自分の兄弟で考えている

あくまで、さりげなくアピールするようにしてください。あまり強調し過ぎると、自慢していると誤解されるので気を付けましょう。

実家暮らしの男性でも結婚相手に選んでくれる女性はいる

実家暮らしの男性でも結婚相手に選んでくれる女性はいる

実家暮らしの独身男性に、マイナスなイメージを持っている女性ばかりではありません。逆にプラスイメージを持っている女性の意見をいくつかご紹介します。

icon-check お金をたくさん持ってそう(貯金が多い)
icon-check 家事が苦手なら、女性の家事にもあまり細かく指摘しないイメージ
icon-check 家族と仲がいい、家族想いの男性
icon-check ちゃんとした生活を送っているから健康的な印象
icon-check 家があるなら住む場所に困らない

実家暮らしであるからこそのアピールポイントがあります。自分の置かれた環境をプラスに捉えて、女性に良い印象を与えるように事前に準備しておきましょう。

実家暮らしの男性でもOKという女性と出会うなら結婚相談所が便利

実家暮らしの男性でもOKという女性と出会うなら結婚相談所が便利

結婚相手を探す際に、実家暮らしをNGとする女性に出会う可能性もあります。なるべくなら、条件に合う女性と効率良く出会いたいですよね。

結婚相談所を利用すれば効率の良くパートナーを見つけられる

そのためにも、事前に実家暮らしである事を伝えて、女性も了承のうえで会った方が、お互い余計な時間を掛けずに済みます。婚活において、事前にお互いの情報を知る方法としては、結婚相談所に登録しておくと非常に便利です。

結婚相談所は、登録したプロフィールや希望の条件をもとに女性を紹介してくれます。最初に、プロフィールで実家暮らしという情報を伝えておけば、その条件でも構わないという女性だけに会えるという事です。

実際に結婚相談所にも質問してみました

結婚相談所を全国に展開する「エン婚活エージェント」に、婚活するうえで、実家暮らしの独身男性は女性から良い印象を持たれないのか聞いてみました。

【結婚相談所の回答】

実家暮らしの方でも成婚の実績はあるのでご安心ください。確かに、入会者の中には一人暮らしを重視している女性もいますので、すべての女性が条件に合うわけではありません。

ただ、フィーリングや価値観を重視する女性もいるので、長期的に前向きな活動をされて、成婚されている方がいるのも事実です。

具体的には、プロフィールなどの自己PRで、ご自身のアピールポイントを記載するなど努力される方も多くいらっしゃいます。また、活動の際には専任のコンシェルジュがつくので、入会後は色々なご相談に乗らせていただきます。

エン婚活エージェント」は、入会する前でも専用サイトの無料相談のページから簡単に相談ができます。数時間後には回答のメールが届いてレスポンスも早いし、親切・丁寧な回答をもらえました。

    • 一人で婚活を進めるのはとても大変です。不安や悩みも周りのサポートがあれば解決しやすいですよ。

まとめ

・実家暮らしの独身男性でも構わないという女性の方が多い
・実家暮らしだと「親に甘えている」「自立していない」などマイナスイメージを持たれやすい
・女性が抱くマイナスイメージを払拭するために、さりげないアピールが必要
・実家暮らしだからこそアピールできるポイントを見つけておく
・結婚相談所は条件に合う女性を効率良く探してくれる

実家暮らしをネガティブに考えるのは思い過ごしだと分かりました。でも、相手の女性がどのような印象を持つかは分かりません。

印象は、伝え方と受け取り方の違いでプラスにもマイナスにもなります。実家暮らしである特徴をポジティブに捉えて、女性が興味を持つようなアピールをどんどん試してください。

婚活は、継続がとても大事です。一度や二度うまくいかない男性はたくさんいます。そして、失敗が続いている時こそ、自分は上手にアピールが出来ているか見つめ直す事も重要です。

恋愛未経験で結婚を諦めてた42歳の兄貴がたった半年で入籍できた

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ