男性向け婚活&恋活

2回目のデートの誘い方が分かる2週間以内にやるべきLINE術

2回目のデートの誘い方が分かる2週間以内にやるべきLINE術

初回のデートを終えて、2回目のデートに誘うも断られるケースがあります。男性としては、一旦断られたので躊躇して誘えません。次のアクションを起こしたいですが、タイミングやアプローチの仕方が分からない男性が少なくありません。

女性の心理をしっかり理解して、タイミング良くデートに誘う方法を解説します。

2回目のデートの誘いを断る女性は意外に多い

2回目のデートの誘いを断る女性は意外に多い

初回デート後に、すぐに2回目デートに誘って断られても焦る事はありません。時間をおいて誘うとOKをもらえるケースは意外に多いです。

女性がデートを一旦断るのは嫌ではなく様子をみたいから

初回デート後に「次はいつ会えます?」「今後はどこ行きましょうか?」といきなり聞いても、ほとんどの女性はOKと即答しません。

理由としては、「少し時間をおいて検討したい」「すぐにOKして軽いと思われたくない」などがあります。よほど、あなたに好意があれば即OKをもらえるかもしれませんが、ほとんどの場合断られたり、濁されたりするのは珍しくありません。

「仕事の予定もあって、はっきり分からない」と濁されるケースはよくあります。それは、あなたが嫌われたわけではなく一旦考えたいというサインです。もちろん、本当に仕事が忙しい場合もあるので、急かさず改めて誘った方がよいです。

2回目のデートは2週間後に誘うのがベスト

初回のデート後に、LINEやメールで連絡を取り合う中で、2~3週間後に2回目のデートのお誘いを目標にしてみましょう。

例えば、デートは一般的に週末(土日)が多いので、1週間単位で考えてみます。初回デートの1週間後は、次の週末です。

週末を連続で2回もデートに費やしてくれる女性は、ほぼカップルに近い関係です。また、1ヶ月以上も空いてしまうと、女性は可能性がないのかと判断したり、他の男性のアプローチを受けるかもしれません。

初回デート後に、「今日はありがとう」「昨日は楽しかったです」などのお礼や感想を伝えます。その後のやり取りで、女性の興味を持ちそうな話題をつくっておきます。そして、2~3週間後くらいに「君が好きそうなおもしろい場所見つけました」「よかったら今後行ってみませんか?」と誘う感じです。

あくまで、誘うタイミングが2~3週間後でデートの予定日ではありません。お誘いして、相手の了解が得られれば、それからお互いの日程を調整するといった段取りです。

2回目のデートに誘う前に女性を徹底リサーチしておく理由

2回目のデートに誘う前に女性を徹底リサーチしておく理由

次のデートに誘うために、女性についてしっかりリサーチしておきましょう。恋愛は、相手を知らずして進める事は非常に困難です。

女性が興味あるものを徹底的にリサーチする

やみくもにデートに誘っても断られる可能性が高いです。相手の女性が何に興味があるか徹底的に調べる事が重要です。

女性にとって、デートに行く理由があなたと会うためなら誘うのは簡単なはずです。でも、あなたに関心を持っているかどうか微妙な関係であれば、デートに行くきっかけは、どこに何をしに行くかが重要になるからです。

「あなたと行く映画館」か「映画館に行くのがあなたと」の違いです。まずはデートをする事に的を絞って行動してみましょう。

好きなものと嫌いなものを聞いておく

女性の好きなものを知っておく事は大事ですが、同じくらい嫌いなものを知っておきましょう。

嫌いなもの苦手なものは誰にでもあるはずです。無理に勧めるのは当然ダメですが、仮に嫌いなものを味わったデートになると嫌な思い出になります。嫌な思い出が、あなたと過ごした時間になると、あなたの印象までも悪くしてしまいます。

例えば、汗をかくような運動が苦手だったり、嫌いな食べ物があるなど知っておくだけで回避する事ができます。相手の心理を十分に理解しておきましょう。

初回デート後にLINEやメールでやっておくべき会話とタイミング

初回デート後にLINEやメールでやっておくべき会話とタイミング

初回デート後の、LINEやメールのやり取りはとても重要です。数少ないチャンスをしっかり掴むために会話の内容やタイミングを学びましょう。

女性は男性からのお誘いを待っている

多くの女性は、男性からのお誘いを待っています。誰だって自分から誘うのは勇気が必要です。

特に女性からデートに誘って来るのは、よほど相手に好意を持っている証拠です。ほとんどの女性は、男性からのアプローチを期待しています。女性から連絡がないからと待っていては、恋愛は一向に進みません。

初回デートの思い出と共通の話題で会話を盛り上げる

初回デートは唯一あなたと女性が共有した時間です。女性が喜んだり興味を示した出来事を思い出して会話を盛り上げましょう。

相手の目線に立って会話をするのがポイントです。女性が「自分の事をちゃんと見てくれている」「些細な会話も覚えてくれている」と感じると、あなたの印象はグンと上がります。

例えば「この前食事した時、デザート美味しそうに食べてたけど甘い物結構好きなんですか?」など、些細でも女性が喜んでいるポイントに気付いてあげると、それだけで会話が広がるきっかけになります。

女性のサインを読み取って誘うタイミングを見極める

2回目のデートの誘いに「仕事のシフトが出ないと予定が分からない」とか「今月は厳しい」など断られる場合もあります。そんな時は、デートに誘うのは先送りにして様子をみましょう。

他の予定と比較して、あなたとのデートは優先順位が低い状態です。無理に誘い続けても良い結果は望めません。それより、関係が自然消滅しないように小まめに連絡を取り続けましょう。

仕事を理由に断られたら「仕事忙しそうですね、無理しないように気を付けて」と返します。後日、状況を確認するために連絡を取っていいですが、しつこくなり過ぎないように気をつけたいです。

LINEやメールで相手から返事がないからと連続で送るのは、強引と感じられて印象が悪くなります。「相変わらず忙しいですか?」「たまには息抜きで美味しい物でも食べませんか?」など、相手を気遣うコメントで様子を伺いましょう。

デートに誘うタイミングと女性が喜ぶアプローチ方法

デートに誘うタイミングと女性が喜ぶアプローチ方法

初回デート後に、継続的に連絡を取れる関係にあるならタイミングをみて、2回目のデートの約束を取り付けましょう。

デートに誘うタイミング

初回デートから2~3週間後くらいに誘うのが理想です。個人差はありますが、近すぎず遠すぎずくらいの期間が女性も回答しやすいタイミングです。

連絡の頻度が多ければ、2週間より短くしてもいいかもしれません。ただ、毎日連絡するような関係性でなければ、連絡の頻度(密度)から2~3週間くらいが平均的です。

女性の心理として、期間が短い場合「すぐにOKして軽く見られたくない」「暇な女性と思われたくない」などプライドもあります。また、しばらく連絡を取り合って様子をみたいと考えている女性もいるので、焦りは禁物です。

一方で、あまり期間が長い場合「私に興味ないのかな?」「全然誘って来ないからじれったい」と思われます。また、他の男性からのお誘いがあればライバルに奪われる確率も高くなります。

初回デートから2~3週間後であれば、LINEやメールで数回やり取りができるはずです。何度か連絡を取り合っていれば、「今度、都合の良い日ってありますか?」と違和感なく聞けます。

デートに誘うアプローチ方法

積極性は重要ですが、あまり強引にならないようにしましょう。また、きちんとデートプランを立てる計画性は大事です。

急に「〇〇行きませんか?」と誘っても女性から引かれる可能性が高いです。積極性はあるが、強引さと計画性の無さが目立ちます。

逆に、会話だけ盛り上がってもデートに誘わないと会えません。ある程度の積極性は必要です。

例えば、「この前◯◯が好きって言ってましたよね?△△っていうお店を見つけて、あなたが好きそうだなって思ったんだけど、よかったら一緒に行きませんか?」とか

「私、あんまり◯◯について詳しくないんだけど、この前△△って場所があるって知って、◯◯に詳しいあなたと行ったら楽しそうだなと思って。よかったら一緒に行きませんか?」といった感じです。

具体的な計画性があって、「あなたの都合がよかったら」という積極性がありながら強引ではない雰囲気が感じられます。

【2回目のデートの誘い方】モテる男性のデートの誘い方のコツを知る

【2回目のデートの誘い方】モテる男性のデートの誘い方のコツを知る

デートに誘うにはきっかけが必要です。実際に、デートに誘う際のテクニックをいくつか紹介します。

女性の興味・関心のあるものから攻める

初回デートやLINEやメールのやり取りから、女性の興味・関心のあるものを把握します。そこから、女性の行きたい場所やりたい事の情報を収集して提案します。

基本は、女性が喜んだり興味を持つ事から攻めるべきです。女性も「自分に興味を持ってくれている」「些細な会話を覚えてくれている」と嬉しくなります。

例えば、趣味が映画であれば「好きなジャンル」や「観たい映画」までリサーチできれば提案しやすいです。「どんな映画が好きなの?」という質問でも会話が盛り上がるきっかけになります。「俺も観たい」とリアクションをすれば距離を縮めやすいです。

話題のスポットや食べ物をシェアしたいと提案する

世間で話題になっているスポットや旬の食べ物などを提案するのも良いです。テレビや雑誌などで取り上げられたような場所をリサーチしてみましょう。

何の前振りもなく「◯◯行かない?」と誘うより、世間で注目を集めているものであれば、女性も興味を示しやすいです。「行った事のない場所に連れて行ってくれるなら」とOKをもらえる可能性は高まります。

「雑誌で見たんだけど◯◯って人気らしいね」とか「◯◯が美味しい季節だけど食べれる?」などの前振りをします。女性が興味を示したら「いい場所調べたんだけど、一緒に行ってみませんか?」とつなげてみましょう。日本には四季があるので、季節にあった旬の料理は提案しやすいジャンルです。

女性目線の意見を取り入れたいと協力を依頼する

女性の意見が聞きたいと相談をします。「母の日のプレゼントを何にするか悩んでいる」など悩んでいると説明して、女性目線の意見を求めます。

男性の自分では分からない、でも誰かを喜ばせたいという気持ちがポイントです。また、女性も頼られていると感じて悪い気はしません。さらに第三者の立場なので気軽に答える事ができるのもポイントです。

相手は誰でも良いので、例えば会社の上司にお礼のプレゼントを買うためでもいいわけです。「女性だったらどんな物をプレゼントしますか?」と相談します。ただ、女性向けの商品が良い理由として「男一人で買うの行きづらいから、よかったら付き合ってくれませんか?」と相談しやすい点です。

【ポイント】選ばせるという心理テクニック

デートに誘う時のテクニックとして、二者選択でどちらか選ばせるという方法があります。選ばせたい答えとちょっと断りやすい答えを準備して問いかけます。すると、最低1つはOKをもらえるというわけです。

人間の心理には、2つの物事を同時に断るのは難しいという統計があります。相手からの提案に対して、NOを連続で言う事に抵抗を感じるためです。

例えば、「◯月◯日空いてたら会えませんか?」「◯◯に美味しい◯◯料理のお店があるけど行きませんか?」と問いかけます。女性のリアクションが「◯月◯日はちょっと忙しいかな」と言われて「時間が会えば◯◯料理のお店は行ってみたい」となれば想定内です。早速、いつなら都合が良いか日程調整に進みましょう。

デートに誘う時の心構えがない男性は必ず失敗する

デートに誘う時の心構えがない男性は必ず失敗する

女性をデートに誘う時の心構えを身に付けましょう。むやみに誘って失敗する男性は少なくありません。

女性には誠実さをアピールして下心を見せない

男性の基本は誠実さです。女性に好意を示すのは大切ですが、下心が見えるような態度や言動に女性は敏感です。

女性の心理として、わざわざ時間をつくってまで会う男性かという事を判断するわけです。当然、下心が見えたり不誠実な男性と会おうとは思いません。

女性の意見を優先するが提案するのは男性

主役は女性です。行きたい場所など優先すべきは女性の意見です。ただし、提案するのは常に男性の役目だと理解しておきましょう。

女性は男性の誘いを待っています。そのうえで「どこか行きたい場所ありますか?」と大雑把に聞かれるより、「◯◯に興味あります?一度行ってみませんか?」と具体的に計画立てて誘われた方が嬉しいです。

提案はいくつかプランを準備しておきましょう。断られても別のプランを提案したり、最初から選択してもらうようすると女性も選びやすいです。

断られるのは珍しくない絶対にめげないハートが大事

一度や二度断られてもめげない心が大事です。都合が合わない事は当然ありますし、女性の興味をハズしてしまう場合もあります。

「いつもタイミング悪くてゴメンね」とか「◯◯に興味あると思って調べたけど違ったんだね」と話せば誠意は伝わります。

デートに誘う女性が脈ありか脈なしは第三者に判断してもらう

デートに誘う女性が脈ありか脈なしは第三者に判断してもらう

気になる女性であればある程、脈ありか脈なしかの判断は付けにくいものです。自分一人で考えず冷静な判断をする人が必要です。

可能性がない女性は一定数いると理解しておく

初回デート後に何度かLINEするけど、返事がないとか遅いという女性はいます。お互いに好みや価値観は違うので、どうしようもないケースはあります。

LINEやメールの返信が1日以上無かったり、回答が曖昧だったりするケースは脈なしの可能性が高いです。そんな時は、一人の女性に絞るより他の選択肢も視野に入れておいた方が良いです。

婚活サービスを利用すると脈ありか脈なしかの判断がしやすい

一人で恋愛を進めると「相手の本音が分からない」「そもそも脈はあるのか?」と悩んでしまいます。例えば、結婚相談所のサービスは、出会いからカップルになるまでをサポートしてくれるので、途中で相手の女性がどう思っているかなどの情報も分かります。

お互いが会員なので、今の心境や相手への感情を専任のスタッフに相談しています。仮に、相手が自分に好意がないと分かれば、脈なしと判断して次に進む事ができます。要は、時間を有効に使えるという事です。

恋愛を一人で進めると見えない部分が多々出てきます。自分のまわりの人や婚活サービスのような専門家に相談する事も解決の一つです。

まとめ

・2回目デートは即OKがもらえなくても、時間をおいてアプローチすると良い
・2回目デートに誘うまでに女性について徹底的にリサーチしておく
・女性は誘ってほしいので、LINEやメールで会話を盛り上げてタイミングを見極める
・誘うタイミングは初デートから2週間後、強引にならず積極性と計画性が重要
・相手の女性が興味を持ちそうなものをいくつか準備して選んでもらう
・主役は女性と意識する、男性がリードして最終的な決断だけ女性にさせる
・見極めも重要なので、脈あり脈なしはまわりの人の意見も聞く

女性の心理がつかめず一人で悩んでいるとネガティブな気持ちになりがちです。そんな時、一歩引いた第三者の目線から見ると、冷静な判断ができると思います。

とは言っても、恋愛相談は誰にでもできるわけではありません。結婚相談所のような専任のスタッフがサポートしてくれると、相手の女性の気持ちも分かりますし、冷静な判断でアドバイスしてくれます。

何にしても、一番大切なのは独りよがりにならず、相手の女性を思いやる気持ちです。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ