男性向け婚活&恋活

短期間の交際で結婚したら失敗する?結婚後に後悔しない婚活の進め方

短期間の交際で結婚したら失敗する?結婚後に後悔しない婚活の進め方

結婚をする前には交際期間があります。ある程度恋人としての恋愛期間があって、結婚をするのが一般的です。

ただ、交際から結婚するまでの期間は人それぞれで、短期間で結婚に至るカップルもいます。あまりにも交際期間が短いと、結婚後に問題が生じて離婚するのではと心配になります。

実際に、交際から結婚までの期間が短い男性に意見を聞いてまとめてみました。結婚願望のある男性で、早めの結婚を希望されている方は参考にしてみてください。

icon-check-square-o 短期間の交際から結婚して失敗しないか?
icon-check-square-o 結婚した後、どんな時に失敗したと感じるのか?
icon-check-square-o 婚活するうえでどんな事に気を付ければいいのか?

交際から結婚までの平均期間【年代別】

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが企画運営する「ブライダル総研」の調査を参考にしてみます。交際がスタートしてから結婚に至るまでの期間を表したグラフです。

どの年代別でも、1年~2年未満の交際で結婚するカップルが多い傾向にあります。さらに、20~40代で約50%のカップルが、交際がスタートして2年未満に結婚している事が分かります。

参考:ブライダル総研「夫婦関係調査2015」https://souken.zexy.net/research_news/files/19SRN150715.pdf

交際が始まって1年未満で結婚すると、短期間つまりスピード婚と言えるでしょう。最近では、ゼロ日婚なんていう言葉が流行するほど、短期間の交際で結婚するカップルも珍しくなくなりました。

また、子供を授かる「授かり婚」といって、子供ができたタイミングで結婚を決めるケースもあります。短期間の交際で、結婚して失敗しないのでしょうか?また、失敗したと後悔する人はいないのでしょうか?

短期間の交際で結婚を決断する決め手

短期間の交際から結婚に至った経験のある男性に、結婚を決断した決め手を聞いてみました。

 icon-user 年齢的に早く結婚したかった
 icon-user 見た目も価値観もバッチリの相手に巡り合った
 icon-user 気を遣わない女性でずっと一緒にいたいと思った
 icon-user 恋愛経験が少なく婚活で知り合った女性が最後のチャンスだと思った
 icon-user 相手の女性に子供ができた

短期間で結婚したために失敗したと思う瞬間

短期間の交際から結婚に至った経験のある男性に、「失敗した」と思う瞬間について聞いてみました。

相手のことをよく知らない

 icon-check 結婚してから相手の短所を知って、だんだん不満が溜まっていく
 icon-check 生活のリズムが違う点が少しずつ見えてきて度々喧嘩になる

相手との関係性が築けてない

 icon-check 気を遣っていたのが次第に面倒くさくなって愚痴が多くなる
 icon-check 子供ができなければ結婚なんてしなかったと時々感じてしまう

後悔や不安がだんだん出てくる

 icon-check 恋愛や趣味について、もっと色々な経験をしたかったが生活が制限されできなくなる
 icon-check 結婚生活が長くなるに連れて、別の選択があったのではないかと想像してしまう

結婚の準備が慌ただしい

 icon-check お互いの両親を説得するのに時間が掛かる
 icon-check 仕事も忙しく、結婚式や住む家の準備が間に合わない

結婚を失敗しないために交際期間に注意すべきポイント

結婚相手とは、今後の長い人生を共に歩んでいくパートナーです。そんな大事な相手だからこそ、結婚を決断するまでに気をつけるべきポイントがあります。

価値観や生活習慣が合致するか見極める

自分では当たり前だと思っている事も、相手の女性からすると理解できない事は少なくありません。特に、普段の生活で基本になる点はしっかり確認しておくべきでしょう。

短期間の交際では、相手の良いところばかりが目立ってしまいます。相手の長所だけでなく短所についてもじっくり知っておくのがポイントです。

icon-check 子供について
まずは、子どもを欲しいと思っているかどうかです。最近では、DINKs(ディンクス)という形を選ぶ夫婦もいます。DINKs(ディンクス)とは、夫婦共働きをして意図的に子どもを作らない選択をする夫婦です。子どもを欲しいと思っていなかったり、何人欲しいという考え方も事前に聞いておくと将来をイメージしやすいです。

icon-check 金銭感覚について
家族になれば当然お金の問題は重要です。

・浪費ぐせはないか
・借金はないか
・お金の管理が雑ではないか
など、結婚後に発覚するとトラブルになる場合もあります。あまりにも怪しいと疑う相手であれば、結婚相手の素性を調べる結婚調査(信用調査)を行なってくれる「興信所」や「探偵」などに依頼する方法もあります。

icon-check 仕事や収入について
結婚して家計を支えるのは男性の役目と考えるのは一般的です。しかし、女性も仕事をしていて結婚後も続けるのであれば、どんな仕事をしていてどれくらいの収入があるのかは知っておいて損はありません。

・仕事が忙しすぎて家庭の事が疎かになる
・お互いの仕事とプライベートに時間差があって会えない
・収入のバランスに差があり過ぎる
など、夫婦間のトラブルになる要素を含んでいます。

icon-check 将来設計について
結婚後の将来について、お互いにどんなビジョンを持っているかは知っておいた方がいいです。先の事は分からないし変わるかもしれませんが、価値観を知るうえでは重要です。

・マイホームを建てたいか
・実家暮らしをするのか
・親の面倒は誰が見るのか
など、分かる範囲で軽く話しておくだけでも、相手の考えやこだわりに気付けます。

icon-check 親との関係性について
結婚は、夫婦二人だけの問題ではありません。お互いの家族が身内になるので、相手の家族構成や付き合い方についても事前に知っておく必要があります。

・相手の親はどんな人柄か
・実家の生活環境はどんなものか
・将来、介護をする親族がいるのか
など、家族の一員になったつもりで考えてみましょう。

 icon-user 結婚相手に求める絶対に譲れない条件を決めて、当てはまる女性は結婚の対象から外す(30代男性/交際期間9ヶ月)
    • 正直、すべてを理解するのは難しいよね。優先順位をつけて絶対に譲れない条件を決めておくと判断しやすいよ。

相手との関係性をしっかり築いておく

一緒にいる時に、素の自分を出せるかどうかはとても重要です。交際当初は、相手に気を遣っている事が多いです。

さらに、結婚しても相手に合わせている部分が多いと、気付かないうちにストレスが溜まってしまいます。交際中から、相手の嫌な部分も理解できて、自分の本音もさらけ出せるくらいの関係性が出来ていれば不満を抱える事も少なくなります。

 icon-user 結婚前に同棲をした方がいいです。もし同棲が無理なら、相手の部屋に短期間で住んでみて、お互いの私生活をさらけ出す事で理解度が深まります(30代男性/交際期間3ヶ月)

 

勢いだけで結婚しない

「結婚は勢いも大事」と言ったりします。確かに慎重になり過ぎるのも良くないですが、相手の良い所・悪い所を知ったうえ判断すべきです。

勢いとは、なりふり構わず行動する事ではなく、しっかりと相手を見て最終的に決断する際に一歩踏み出す勇気です。好きという感情だけで先走らない事がポイントです。結婚までは、相手の女性をしっかり見極める期間です。

 icon-user 「外ヅラだけでなく、普段の生活の様子もしっかり見る」「相手の家族についても知っておく」など、嫌いな部分が見えた時に認められるかが重要です(20代男性/交際期間7ヶ月)

 

子作りは計画的に行なう

授かり婚はめでたい事ですが、ケジメとして籍を入れるカップルが多いです。結婚後に喧嘩や嫌な事があると「やっぱり結婚するんじゃなかった」と結婚は本意ではなかったと考えてしまいがちです。離婚する可能性も高くなるので、子作りはお互いの意思を確かめて計画的に進めるのが理想です。

 icon-user 結婚前は、きちんと避妊をするべきです(30代男性/交際期間6ヶ月)

 

短期間の交際で結婚した場合のメリット・デメリット

短期間の交際から結婚に至った経験のある男性に、メリットとデメリットを聞いてみました。

メリット

 icon-check 将来設計と貯金が早い時期から始められた
 icon-check だらだらと交際を続ける必要がない
 icon-check ラブラブ状態のまま新婚生活を送れる
 icon-check 結婚するまでに悩むことが少ない
 icon-check 気持ちが高ぶっている時期で何事も早く決まりやすい

仮に、嫌な事があっても、交際期間が短いと許せるケースも多いので揉めにくいです。また、「結婚する前はこうだったのに」と比較してイライラする必要もありません。相手を知るのは結婚した後も続くので、結婚前とのギャップが少ない方がトラブルにもなりにくいです。

デメリット

 icon-check 相手の性格を十分に理解できない
 icon-check 価値観の合わない女性かもしれない
 icon-check お互いの気持ちがまだ固まっていない
 icon-check 相手との関係性を深く築けていない
 icon-check 周囲から反対される可能性が高い
 icon-check 勢い任せの結婚を後悔するかもしれない

結論

結婚において、もっとも大切なのは相手の事を受け入れる気持ちです。交際期間が短ければ、知らない面・嫌な面はたくさん見えてきます。

でも、結婚しないと分からない事もたくさんあります。結局、交際期間が短期でも長期でも考え方は同じで、最終的には相手を受け入れる器量が必要なのです。

ただ、結婚前に女性の性格や価値観に気付ければ、将来「失敗した」と後悔する事は少なくなります。交際の期間は「長さ」ではなく、何を感じ取れるかの「」が重要です。

まとめ

・交際から結婚までの期間の相場は、約50%の人が2年以内である
・短期間で結婚を決断する決め手は、年齢的な焦りや授かり婚が多い
・結婚後に相手の嫌な部分や価値観の違いに気付くことが多く後悔する
・交際から結婚までの間に、相手の性格や生活スタイルをしっかり見ておく必要がある
・交際期間は「長さ」ではなく「質」が大事で、相手を受け入れる気持ちも重要

交際期間だけで相手の女性を知るのは非常に難しいです。特に、一人で知り得る情報には限界があります。例えば、女性の知り合いから情報を得たり、自分の周りの人に相談してアドバイスを聞くのも貴重な情報源です。自分では気付かない事を指摘してくれるかもしれません。

婚活サービスを利用している男性であれば、結婚相談所などの紹介やサポートも便利です。事前に相手のプロフィールも分かりますし、アドバイスを受ける事もできます。色々な手法を使って女性を知ることが、交際の質を上げて婚活を成功させるコツです。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、40歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ