男性向け婚活&恋活

バツイチ子持ちの40代男性が再婚する方法|子育てと婚活は両立可能

バツイチ子持ちの40代男性が再婚する方法|子育てと婚活は両立可能

結婚するうえで、バツイチ子持ち再婚年齢はハンデになります。婚活をする女性は、お互いに初婚同士の結婚を望むのが一般的です。ただ、現在は結婚した3人のうち1人は離婚するというデータもあるくらい、離婚する事は珍しくありません。

では、一度離婚した男女が再婚する可能性はどれくらいあるのでしょうか?そして最近は、シングルファザーとして子育てをする男性も増えています。また、40代という年齢を気にして再婚に踏み出せない男性もいます。

バツイチ子持ちの40代男性が仕事と子育てに忙しい中でも再婚ができるのか?また、簡単でより再婚できる可能性の高い婚活について解説します。

 icon-check-square-o 父子家庭で再婚したいけど子育てに追われて出会いがない
 icon-check-square-o バツイチ子持ちの40代男性は女性からどう見られるか知りたい
 icon-check-square-o バツイチ子持ちの40代男性が再婚相手を見つける方法が知りたい

バツイチ子持ちの男性は子供と同居しているか別居しているかで女性の反応が変わる

バツイチ子持ちの男性は子供と同居しているか別居しているかで女性の反応が変わる

当サイト独自のアンケートで、一般女性100名に「バツイチ子持ちの男性は結婚相手としてアリか?ナシか?」という質問をしました。下記は、バツイチ子持ちの男性を結婚相手としてナシと答えた割合です。その結果、バツイチで子供と同居しているか別居しているかで、反応が大きく分かれました。

子持ちで同居している:80.0%

子供と同居している男性に対しては、80.0%の女性が結婚できないと答えました。主な理由としては、「他人の子供とは一緒に住めない」「子供と仲良くできる自信がない」「自分の子供ができた時に困惑しそう」といったものです。女性にとっては、バツイチという条件に加えて、血のつながらない子と一緒に生活するのは簡単ではありません。

子持ちで別居している:23.0%

子供と別居している男性に対しては、23.3%の女性が結婚できないと答えました。主な理由としては、「子供がいると何かと問題がありそう」「養育費など出費で生活に影響しそう」「前妻と連絡を取られるのは嫌だ」といったものです。別居しているとはいえ、定期的に子供と会う時間もあったり、養育費を払うケースが多いので精神的・経済的な不安は発生します。

バツイチ男性の再婚率を統計データから解析してみた

バツイチ男性の再婚率については、厚生労働省が公表する婚姻に関する統計を参考にします。平成27年度における年間の婚姻数は、全体で約635,000組です。そのうち、男性が再婚のケースは約125,000組で全体の約20%です。

また、年間に離婚する夫婦が約226,000組になるので、結婚する夫婦の約1/3です。つまり、結婚するカップルの3組に1組は離婚している計算になります。

さらに、年間に離婚する夫婦の約226,000組と、男性が再婚する組み合わせの夫婦の約125,000組の割合は約55%です。つまり、離婚する男性の半数以上は再婚している計算になります。

参考『厚生労働省 平成28年度 人口動態統計特殊報告』https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin16/index.html

ただし、あくまで再婚した男性です。子供と同居しているか別居しているかで状況は異なります。また、再婚する年齢によっても婚姻率には差が生まれます。

バツイチ子持ちの男性の再婚は年齢が大きく影響してくる

バツイチ子持ちの男性が40代から再婚を考えた場合、年齢が大きく影響してきます。厚生労働省の人口動態統計によると、平成30年における男性の結婚する割合は20代後半~30代前半がピークです。40代は全体の約13%程度で、40歳以降の婚姻率は急激に少なくなります。

参考:『厚生労働省 政府統計人口』https://www.e-stat.go.jp/stat-search/?page=1

また、あなたが何歳くらいの女性を結婚相手として求めるかも重要です。自分より年下の女性を求めるなら、5歳くらい年下が一般的な目安です。

40代のあなたより10歳以上も年下の女性になると、30代前半か20代になります。年上の男性を好む女性もいますが、40代の男性を求める女性はそう多くありません。

バツイチ子持ちの男性が再婚するには婚活パーティーは難しい

バツイチ子持ちの男性が再婚するには婚活パーティーは難しい

婚活サービスの中でも婚活パーティーは、比較的安価で気軽に利用できます。特に、20代~30代半ばくらいまでは利用者も多く、恋人に発展する可能性もあります。しかし、バツイチ子持ちの男性が利用するには、少々ハードルが高くなります。

婚活パーティーは女性が求める条件が厳しくなる

婚活パーティーに参加する女性は、結婚を前提としたお付き合いができる男性を求めています。ただし、すぐに結婚ではなく、まず恋人として交際をスタートします。その結果、結婚につながったらと望んでいます。

そのため、交際する男性に子供がいる状況は受け入れ難いと思うのは不思議ではありません。バツイチの男性が増えてきたとはいえ、子持ちとなると条件が変わります。婚活パーティーのように、短時間で相手を選ぶようなスタイルの婚活では、ネガティブな条件は大きく影響します。

婚活パーティーの種類によって、「離婚経験に理解のある女性限定」といったバツイチの男性に理解のある女性が集まるパーティーもあります。特定の方向けの婚活パーティーであれば、女性からの理解も深まりますが、また別の問題も発生します。

婚活パーティーは自分のアピールが求められる

婚活パーティーは、自分からどんどんアピールする必要があります。特に、男性参加者が多ければライバルが増えるので、その中から選ばれなければいけません。

バツイチで子持ちの場合、自分をアピールするのが苦手な男性が多い傾向にあります。普段、仕事や子育てに一生懸命なので趣味と言えるものがなかったり、会話の内容も子供に関連するテーマになりがちです。

初対面の女性は、男性としての魅力が薄かったり価値観が違う相手に興味を示しません。ライバルがいる中で自分をアピールするには、それなりの準備が必要になります。

バツイチ子持ちの男性が知っておくべき正しい再婚の方法

バツイチ子持ちの男性が知っておくべき正しい再婚の方法

婚活で成功するには、自分好みの女性を一から探すより、自分を認めてくれたり・好意を持ってくれる女性の中から選んだ方が効率的です。そう考えると、婚活の方法としては結婚相談所の利用が効果的です。

バツイチ子持ちの男性が利用すべき結婚相談所

結婚相談所は、婚活サービスの中でも最も成婚率が高いと言われています。その理由は大きく分けて2つです。「自分のプロフィールや条件に合う女性を紹介してくれる」「婚活のプロが結婚に向けたサポートをしてくれる」。まさに、自分ひとりでは難しい「出会い」と「交際」について一緒に活動してくれる存在は非常に大きいです。

バツイチ子持ちの男性を認めてくれる女性もいる

婚活をする女性の中には、子持ちの男性でも良いと考える女性や、女性自身もバツイチ子持ちの場合もあります。子供のことを公表したうえで会ってくれる女性は、状況を理解したうえであなたに興味を持ってくれたということです。下手に不特定多数の女性と会って、バツイチ子持ちを理由に断られるストレスはなくなります。

女性へのアピールポイントを教えてくれる

女性に対するアピールが苦手でも、婚活のプロが適切なアドバイスをくれます。婚活は、出会った後に交際まで発展させるのが重要ですが、途中でダメになってしまうケースがよくあります。女性に気に入られたり不信感を与えないために、第三者の意見を聞くことはとても大事です。

バツイチ子持ちの男性が結婚相談所の利用を避ける理由

結婚相談所は成婚率が高いのに利用するのを避ける人がいます。具体的な理由は下記の2つです。

時間がない

結婚相談所は、店舗に来店して担当のスタッフと面談する時間が必要になります。子供を預けるのが難しい環境であれば、尚さら活動は大変になります。父子家庭で、仕事と子育てを両立する男性には、婚活する時間が作れないケースが多いです。

お金がかかる

結婚相談所は、他の婚活サービスに比べて費用が掛かります。女性の紹介や婚活のサポートがあるので、ある程度のコストは仕方ありません。しかし、経済的に無理ができないと感じる男性がいるのも事実です。

バツイチ子持ちの男性がお金と時間を効率的に使って婚活できる結婚相談所

バツイチ子持ちの男性がお金と時間を効率的に使って婚活できる結婚相談所

最近の結婚相談所では、自分の好きな時間に婚活ができて、かつリーズナブルな価格で利用できる相談所があります。完全にオンライン型で、店舗がないため来店する必要がありません。また、連絡や相談も電話やメールで行います。スマートフォンを活用すると、仕事や子育ての合間をみて婚活ができます。

料金についても、他の結婚相談所と比較しても非常に安い価格設定です。完全オンライン型で、コストを抑えていることが要因です。そのため、初心者が始めやすい結婚相談所とも言われています。実際に、エン婚活エージェントという結婚相談所を利用した男性に感想を聞いてみました。

 icon-user (30代後半/会社員)エン婚活エージェントは、他の結婚相談所に比べてリーズナブルでした。店舗に出向かなくても良いので、空いた時間に女性と会う約束ができて便利でした。担当のコンシェルジュの対応も頼りになりました。
 icon-user (40代前半/会社員)データマッチングというシステムを使って、私に合う女性を探してくれました。離婚歴があることもちゃんと説明したうえで、会ってくれる女性が数名いました。その中の一人と交際することができました。

まとめ

・バツイチ子持ちの男性は、子供と同居していると女性から敬遠されやすい
・男性の再婚率は、結婚する男性の約20%離婚する男性の約55%
・40代の婚活は女性から選ばれる可能性が低くなり婚姻率が下がる
・バツイチ子持ちの男性は婚活パーティーにおいて、女性の理解と自己アピールが求められる
・バツイチ子持ちの男性が再婚するには結婚相談所の利便性が高い
・バツイチ子持ちの男性は、時間とお金の問題から結婚相談所を避けてしまいがちである
・最近の結婚相談所は、自分の都合の良い時間に利用できてリーズナブルなサービスもある

正直、子供と同居しているという条件で、女性から断られるケースもあると思います。しかし、実際に婚活の場では色々なタイプの女性がいるので、男性の生活環境を理解してくれる可能性は十分にあります。

ただ、男性自身の年齢や子供の年齢によって状況は変わります。女性とお子さんが家族として絆を深めるには時間も必要です。また、男性自身の年齢も高くなるに連れて婚姻率は下がってきます。仕事と子育てを優先にしつつ、将来への不安を解消するために効率の良い婚活が理想です。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ