男性向け婚活&恋活

【街コンは本気になるな】気軽に参加して気長に待つことが成功の秘訣

私は37歳の会社員です。以前、街コンのイベントに参加した内容をご紹介します。現在は、昔と違って「出会いの場」は様々です。私が20代の頃は女性と出会う手段は「合コン」が主流で、仲間うちのネットワークでつくられる飲み会も限度があります。今は、インターネットの普及や身近な所で行われる「婚活パーティー」や「街コン」で出会いの場は格段に増えました。

街コンは色々な人と自由に話せるのがメリット

私が参加した街コンは地元の自治体が主催者で、ちょうど職場で募集をしていたので「飲み仲間が欲しい」という軽い気持ちで応募しました。

当日、会場に着くと大勢の参加者がいて、一次会は立食パーティー形式でいくつかの円卓が並んでいました。最初に主催者の挨拶がありましたが、その後は特にこれといった決まりもないので、各自自由に気になる人と話すことができました。

2時間程度でそのパーティーは終わり、二次会として近くの飲食店で使える食事券2,000円が各自に渡されました。私は気になる人と意気投合して、「飲み直そう」という話になり居酒屋に行きました。

街コンでの服装や会話の内容について

今回は、街コンだったので服装はカジュアルな人が多かったです。(服装も特に指示はなかったです。婚活パーティーの場合は、もう少し正装が理想だと思います)

女性は、ワンピースやブラウスにスカートなどの女性らしい格好が男性受けしていたようです。男性は、ダメージジーンズなどの個性的な格好より、体型に合うピシッとしたシャツやTシャツにキレイなパンツなどシンプルかつ清潔感のある服装がモテていました。また、髭は整えた方が女性側の反応はいいみたいです。

フリータイムだと会話の内容に困る人もいると思います。私の場合、天気などの当たり障りない話から始まり、仕事の話や休日は何しているかを聞いて膨らませます。こちらが一方的に話さず、質問して話を聞くようにすると相手は心を開きやすいです。

話が止まって何を話せばよいか分からなくなった時は、「〇〇って歌手はどんなところが魅力ですか?」など相手に興味があって答えやすそうな質問をすると会話が続きます。

また、気になる人の連絡先を知るためには、「またみんなで食事に行きたい」「よかったら飲み友になりませんか?」と理由をつけて聞き出すと相手も返答しやすいようです。

正直一度しか会わない可能性が高いので、気になる人には積極的に連絡先を聞くことが大事です。仮に連絡先の交換を断られたとしても引きずらないことです。それくらい気軽で良いと思います。

街コンや婚活パーティーと結婚相談所の違い

確かに、街コンや婚活パーティーには向き不向きがあります。どちらかと言うと積極的に行動できる人に向いていると思います。消極的で自信が無い人は、結婚相談所など個別に紹介してもられる場が相応しいと思います。

そして、街コンや婚活パーティーで結果が出なかったとしても、諦めずに次の機会も参加することが大事です。(街コンや婚活パーティーは、現在色んな自治体や団体が定期的に開いているので行きやすいと思います)

正直、今まで参加したパーティーでは消極的で何も出来ませんでした。でも、この時は「飲み仲間ができたら」と軽い気持ちで参加していたので、逆に積極的ですが重くなり過ぎずに対応できたと思います。その結果彼女ができました。そして今年入籍をします。

今回の経験で学んだのは、「諦めない」ことと「ガツガツしない」ということです。街コンや婚活パーティーは、気軽に参加できるため気長に参加するのもポイントだと思います。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ