男性向け婚活&恋活

実家暮らしはマザコンだから結婚できない|女性が嫌う男性の特徴とは?

実家暮らしはマザコンだから結婚できない|女性が嫌う男性の特徴とは?

実家に暮らす男性が、女性から結婚相手の対象として見てもらえないケースがあります。男性からすると、「実家暮らしか一人暮らしかはそんなに大事なことか?」と疑問に感じます。

特に、実家で母親と生活する男性は「マザコン」と馬鹿にされて嫌な思いをすることもあります。一体実家暮らしの何がいけないのでしょうか?また、実家暮らしだと結婚できる可能性が低いのでしょうか?

一般女性の声を参考に、実家暮らしの男性がどう見られているのか、また女性と結婚するために気をつけるポイントについて解説します。実家暮らしの男性で、これから結婚相手を探そうとしている男性は参考にしてください。

実家暮らしの男性と結婚したくない女性はどれくらいいるのか?

実家暮らしの男性と結婚したくない女性はどれくらいいるのか?

当サイトでは、「実家暮らしの独身男性は結婚相手としてアリかナシか?」というアンケートを取りました。結果は、100名の女性の70%がアリで、30%がナシという回答でした。つまり、実家暮らしを嫌がる女性はいたとしても、一部であることが分かりました。

実家暮らしの男性を嫌う理由

女性が、実家暮らしの男性を嫌う理由はいくつかあります。例えば「身の回りのことを親にやってもらってそうでお坊ちゃま」「いい大人の男が母親に任せっきりの生活は頼りない」などネガティブな意見です。

特に男性の場合、母親との仲が良すぎるとマザコンではないかと疑われる可能性が高いです。俗にいうマザコン気質の男性はなぜ嫌われるのでしょうか?

実家暮らしの男性はマザコンだから結婚したくないという女性の心理

実家暮らしの男性はマザコンだから結婚したくないという女性の心理

女性が実家暮らしの男性を避けるのは先入観です。実際のところがどうかという話は抜きにして、母親に頼りっぱなしというイメージが付いてしまいます。

例えば、仕事から帰れば晩ご飯の支度がしてあって、食事が終われば片付けをしてくれます。その後、お風呂も溜めてあるので入るだけです。さらに、洗濯は汚れた服を洗濯機に入れておけば、洗って干しての作業も母親の仕事です。昼間、家の掃除もしてくれるので、休日に家事を手伝うということもほとんどありません。

あくまで一般的なイメージなので、実際に食事の用意を手伝ったり家の掃除は役割分担でやっているかもしれません。しかし、女性は実家暮らしの男性はそんなものだと思っているので、下手に弁解をしたところで意味がありません。むしろ必死に家事ができる男性をアピールしても引かれてしまいます。

女性は実家暮らしの男性との結婚をマザコンだからと周囲に反対される

女性は実家暮らしの男性との結婚をマザコンだからと周囲に反対される

女性自身が実家暮らしの男性でも結婚できると思っていても、周囲から反対されるケースもあります。結婚して男性の親と同居することになれば、嫁姑問題が絡んできます。

実家暮らしでマザコン気質のある男性は「母親との絆が強いから、同居すれば肩身が狭い思いをする」と考える人もいます。もちろん、事実と異なっていたとしても女性が苦労することを勧める人はいません。「実家でずっと親と同居している男性なんて大丈夫なの?」と余計なこと言われかねません。

実際に、実家暮らしの男性と一緒に暮らす親のことを知った女性の両親が「自立していない男は頼りにならんから結婚はやめておけ」と反対するケースもあります。男性からすると、勝手な思い込みで勘違いにも程があると思うかもしれません。でも、女性のまわりには思い込みで反対する家族や友人がいてもおかしくありません。

実家暮らしの男性がマザコン疑惑を払拭して結婚するために必要なこと

実家暮らしの男性がマザコン疑惑を払拭して結婚するために必要なこと

実家暮らしでもマザコンというイメージを持たれないことが大事です。女性に誤解を与えないように対処法を考えましょう。

一人暮らしを経験してみる

思い切って一人暮らしをしてみると結婚への価値観が変わります。親に気を遣わなくて済む代わりに、すべての家事を自分でしなければいけません。また、家賃や光熱費など自分で生活費をやりくりする必要があります。

一人で生活する苦労や話し相手がいない寂しさを経験できて、結婚への意識も変わってきます。彼女をつくろうと積極的に行動したり、当然女性を家に招きやすくもなります。金銭的な問題もあるので、無理しない範囲で環境を変えるのも大切です。

実家暮らしの間に家事を一通りしてみる

実家暮らしをする中で、家事など一通りできるようになっておいた方が良いです。手伝い程度でもいいので、家の掃除したり生活費にどれくらい掛かっている知っておくだけでも違います。

結婚を前提に付き合う女性ができた時に、「ご飯の買い出しに行ったことがない」「電気代・ガス代は払ったことがない」なんて言うと引かれる可能性があります。「いい歳して、そんなことも知らないの?」「親に甘やかされて育ったんだ」と頼りない男性だと思われかねません。

母親との関係を誤解されないように気をつける

絶対に女性と母親を比較してはいけません。女性は、男性の母親と比較されることを嫌います。そのために、女性の前で母親の話をするのは程々にしておくべきです。

何かにつけて、母親のこと語ると「マザコンでは?」と敏感に反応します。親子の仲が良かったとしても、あえて女性に伝える必要はありません。ほとんどの女性が「親思いの素敵な男性」とは思わず、「いい歳した男がお母さんとか気持ち悪い」と誤解されます。

実家暮らしでも利点をうまくアピールすれば結婚できる

実家暮らしでも利点をうまくアピールすれば結婚できる

実家暮らしは、経済的な面で負担が少ないのが利点です。家賃が掛からないのであれば、一軒家を買ったり賃貸住宅に住む家賃代を削れます。月に8万円の支払いだったとした、年間96万円、40年間支払ったら約3,800万円です。

その負担がないと考えたら、あなたと結婚するメリットは十分にあります。女性の結婚相手に求める条件の一つに「安定した収入」というのがあります。家族を養う男性としては、絶対に求められる条件です。

一般的に男性の年収で判断されるので、稼ぐ収入にばかり注目されてしまいます。でも、家賃の3,800万円がいらないという不要な支出をアピールできれば、プラスに変換できるわけです。要は、考え方一つなので欠点をプラスに変えてアピールすることが大事です。

実家暮らしの男性でもストレスなく結婚相手を見つけたい

実家暮らしの男性でもストレスなく結婚相手を見つけたい

実家暮らしの男性にマイナスイメージを持つ女性を例にあげてきました。でも、世間には実家暮らしでも構わないという女性も存在します。実家暮らしでも気にしない女性と出会った方が、余計なストレスを感じることなく交際に発展します。

女性と付き合ってから実家暮らしであることを伝えていいです。でも、もし実家暮らしを良く思わない女性だったら、うまくいかない場合もあります。

婚活をするなら、お互いのプロフィールをオープンにして出会う方が展開がスムーズです。婚活サイト結婚相談所などの婚活サービスでは、事前にプロフィールを提示するので実家暮らしであることも伝えれます。

それによって、実家暮らしでもOKの女性と出会うことができます。また、他の条件であなたの印象が良くて付き合った女性であれば、実家暮らしであることを気にしない関係に持っていきやすいです。

まとめ

・実家暮らしの男性を嫌う女性は3割程度なので一部の女性の意見である
・実家暮らしを嫌う女性は、男性をマザコン気質だと感じることが多い
・マザコンの男性は女性や周囲の人から敬遠されて結婚を反対されることもある
・一人で家事ができたり家計のことを把握すること、母親との関係を誤解されないこと
・実家暮らしの欠点はプラスに変換して女性にアピールする
・そもそも実家暮らしでもOKな女性と出会える婚活サービスの利用が便利

 

実家暮らしでも一人暮らしでも、成人男性であれば身の回りのことを一人でやれるということが大事です。女性から、頼りがいがある男性と思われればOKですし、何にもできない男性と思われると損します。

実家暮らしを続けても女性と結婚できるチャンスはたくさんあります。あなたの生活スタイルや価値観を理解してもらえる女性との出会いを探しましょう。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ