男性向け婚活&恋活

独身は孤独でつらい|結婚できないと悩む男性の人生が楽しくなる方法

独身は孤独でつらい|結婚できないと悩む男性の人生が楽しくなる方法

独身で孤独に悩む男性が、明るく楽しい生活を送るための対策を紹介します。独身男性の中には、日々孤独を感じてつらい思いをしている人がいます。結婚している男性やもともと結婚したくないと思っている男性、また結婚を諦めた男性には分からない苦悩を抱えています。

そんな男性の多くは恋愛経験がなく、彼女いない歴=年齢といった感じです。結婚したいのにできないという苦しみは想像以上で、毎日結婚できないストレスを感じながら過ごしています。食欲もなく、休日も何もする気になれず家にいるだけで、そのうち体調を崩してしまう男性もいます。

独身男性の抱える問題を深堀りして、具体的な問題と解決法について解説します。独身生活がつらいと悩む男性は参考にしてください。

男性の独身生活は孤独で肉体的にも精神的にもつらい

男性の独身生活は孤独で肉体的にも精神的にもつらい

独身生活が続き、このまま結婚できないと悩んでしまうといろいろな問題が発生します。人前では平気な表情をみせても、いざ一人になるとマイナスなことばかり考えてしまいます。そうなると、食事ものどを通らず何もやる気になりません。生活の乱れから体調を崩す人もいます。

また、このまま一生独身かと思うと、自分には生きる価値がないのではと深く落ち込んでしまいます。精神的に追い込まれた男性の中には、鬱になるほど病んでしまう人もいます。

30代以降の独身男性が結婚できない現実で感じる孤独感

30代以降の独身男性が結婚できない現実で感じる孤独感

独身男性は、年齢が30歳以上になると孤独感をリアルに感じることになります。男性の結婚適齢期はおおよそ30歳前後です。

まわりの友人や会社の同僚も結婚したり、結婚前提の彼女ができたりします。今まで独身だった理解者がどんどん少なくなって、気付けば同世代で結婚していないのは自分ひとりです。

そうなると、自分ひとりが取り残されたことを実感します。さらに、結婚相手どころか、彼女すらいない状況に絶望を感じてしまいます。周囲の男連中は結婚しているのに、自分ひとりが結婚できない状況にますます孤独を感じます。

独身の孤独は一生続く、老後の寂しい生活を想像するだけで怖くなる

独身の孤独は一生続く、老後の寂しい生活を想像するだけで怖くなる

彼女ができない時期が続いてアラサー・アラフォーと年齢を重ねると、自分は一生独身ではないかと感じ始めます。そして、このまま歳をとって老後を迎えた自分を想像してゾッとします。

定年を迎えて仕事も退職して、老後の年金生活が始まります。誰もいない家で会話もなく一日中過ごすのはとても耐えられません。同じく老後を迎える友人は、子供の家族と一緒に住んでいるので孫の世話もあり忙しそうです。

生涯独身率というデータがあります。男女別に50歳の時点で結婚していない人の割合を示した数字です。2015年のデータでは男性の未婚率は23.37%です。ちなみに女性は14.06%なので、男性の未婚率が高いことが分かります。要するに、全体の2割ほどの男性独身のまま一生を過ごすということです。

参考:『国立社会保障・人口問題研究所-人口統計資料集(2018)』http://www.ipss.go.jp/

孤独で寂しい独身生活の不安を取り除くためにやるべきこと

孤独で寂しい独身生活の不安を取り除くためにやるべきこと

独身であることで深く悩んだり、ストレスを抱えて体調を崩してしまう場合、一旦考え方を変えたり楽しみをつくることが大切です。

結婚に対する価値観を考え直す

結婚を諦めるというより、独身で結婚しない人生でも幸せはあると感じることです。人は無い物ねだりをしたがります。結婚している男性が幸せそうでうらやましいと感じてしまいます。

でも一方で結婚した男性は、独身生活に戻りたいと思っている人が多いです。現在の日本では、結婚するカップルの3組に1組は離婚すると言われています。必ずしも結婚=幸せだと考えないことです。

独身でも楽しめることを始める

孤独から抜け出すには、仲間をつくることが最も重要です。最近では、ネット上でつながるコミュニティが増えています。同じような趣味嗜好を持った人が男女問わず集まります。

フェイスブックやインスタグラムなどのSNSでは無料でつながれますし、有料で会員になれるオンラインコミュニティもあります。普段はネット上で会話したり、自分の発言にいいねやコメントをもらって仲良くなります。そのうち、オフライン(実際に会って)でお酒を飲んだり、共通の趣味を楽しんだりできます。

コミュニティは老若男女多くの人たちと仲良くなれます。遠く離れていてもつながる仲間がいれば、孤独で寂しい生活から離れることができます。

独身男性が孤独な日々から抜け出すためには休日の過ごし方が大事

独身男性が孤独な日々から抜け出すためには休日の過ごし方が大事

仕事をしている時は大丈夫でも、家に帰ったときや休日に寂しさが押し寄せます。なるべく一人で過ごす時間を減らして、人と会う時間を増やすことが大切です。趣味を見つけると生活は変わります。悩む時間が減って楽しい時間が増えます。自分の好きな趣味があれば没頭しやすいですが、今までやったことのない趣味にチャレンジするのも効果的です。

生活環境を変えることは大事で、特に未経験のことは新しい発見があります。例えば、運動の苦手な男性がスポーツをはじめるのもアリです。意外に自分の得意な部分や興味のあるものに気づくことができます。また、趣味を通じて仲間が増えれば、孤独な時間は減ります。休日に誰とも会わず、誰とも会話しないという時間を作らないことが大事です。

現状に不満があるのでれば、今までの生活になかったことをやるべきです。いつもの生活を続けても変化は生まれません。朝早起きをしてジョギングをするだけでも、気分は簡単に変えられます。

孤独でつらい独身生活にピリオドを打つには結婚するしかない

孤独でつらい独身生活にピリオドを打つには結婚するしかない

独身でいることがストレスで、どうしても結婚したいのであれば婚活をするしかありません。自分でも「結婚するために行動しないといけない」と分かっていても、なかなか行動できない男性がいます。理由は主に下記の2つです。

1.自分に自信がない

恋愛未経験であれば自信がなくて当然です。コンプレックスがあったり、女性と話すのが苦手だったり勇気が出ません。「どうせ俺なんか女性にモテない」と決めつけてしまいます。

2.婚活することに抵抗を感じる

婚活をすることに抵抗を感じています。モテない男女が時間やお金を使って出会いを求めていると考えています。要するに、婚活をする人を負け組だと否定しています。

結婚する人はほとんど婚活をしている

現状、婚活はさまざまな方法があって、結婚するカップルの多くは婚活をしています。例えば、スマホで出会うマッチングアプリは無料のものがあるので、全国で何万人という男女が利用しています。

また、結婚相談所もモテないから利用する人だけではありません。単純に普段の生活で出会いがないから利用するという女性や、自分が求めている条件にあう男性がいないからという理由で利用する女性もいます。

つまり、結婚相手を探す婚活は、今や当たり前で誰でもやっていることです。むしろ、婚活を負け組とか恥ずかしいとか思っている方が負け組です。試しに、結婚相談所の無料相談で話を聞いてみると現状に驚くはずです。

日本の人口は女性の方が多いのは知っていますか?婚活市場でも女性が余っているのが現状で、つまり男性の需要が高いわけです。そのため「人生最大のモテ期が来た」とビックリする男性も多いのです。

まとめ

・独身で結婚できない悩みを抱えると心身ともに壊れてしまう
・30代以降はまわりが結婚して、より一層孤独を感じてしまう
・独身のまま老後を迎えたときを想像すると孤独な未来にゾッとする
・結婚に対する価値観を変えて、独身でも楽しめることを始める
・独身男性は休日の過ごし方を工夫して生活に変化を与える
・恋愛に自信がない男性でも婚活を利用すると出会いは意外に多い

 

人生は結婚がすべてではありません。独身でも楽しんで生活する男性はたくさんいます。でも、あなたにとって結婚が絶対に必要なものであれば、人生のパートーナーを見つけることは、あなたが思っているほど難しくはありません。というより、あなた自身で難しく考えている可能性が高いです。

婚活市場では、女性より男性の数が少ないので女性から求められる可能性は十分にあります。もちろん、女性との接し方身だしなみなど女性から嫌われないポイントもあります。恋愛が苦手な男性であれば、結婚相談所のように女性の紹介や恋愛のアドバイスをしてくれる婚活サービスが効果的です。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、40歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ