男性向け婚活&恋活

独身男性は会社で肩身がせまい|ストレスから開放される3つの解決策

独身男性は会社で肩身がせまい|ストレスから開放される3つの解決策

会社など職場環境では、独身であることで抱える悩みやストレスがあります。特に、結婚適齢期を過ぎても独身の男性は、まわりから浮いた目で見られます。さらに、結婚や家族の話を避けられると、ものすごく気を遣われている感じがして肩身が狭くなります。

そんなストレスを抱えたままでは仕事に支障をきたします。また人間関係がギクシャクして楽しくない職場になってしまいます。まずは現状をしっかり把握して、どうすれば独身でも気まずい職場環境から抜け出せるか方法を解説します。

会社内で自分だけ独身だと肩身が狭い

会社内で自分だけ独身だと肩身が狭い

会社という一日のほとんどを過ごす場所で、肩身の狭い思いをするのはとても苦痛です。例えば、会社内で自分以外の社員が全員既婚者だった場合、かなり浮いた存在になります。

20代の若い頃なら、まだまだこれからと笑ってくれます。しかし、30代になって独身のままだと冗談も言ってくれなくなります。もし、会社内で明るいキャラとしてイジってもらえる性格なら、「いい加減結婚しろよ」と冗談交じりに言ってくれるかもしれません。しかし、真面目でおとなしいキャラの男性だと、冗談を言ってくれるような状況になりません。

そのため、独身でいることがとても恥ずかしく、肩身の狭い思いを抱えたまま仕事を続けないといけません。せめて彼女がいれば言い訳もできますが、相手すらいない状況では周囲の人も掛ける言葉がありません。

独身が理由で周りに気を遣われると会社に居づらくなる

独身が理由で周りに気を遣われると会社に居づらくなる

会社内で独身者が自分ひとりだと、気を遣われることがとてもつらくなります。自分の前では結婚や家族の話題を避けられたりプライベートについて話をすることがなくなったりです。

例えば、上司や同僚が奥さんの愚痴や子育ての苦労話で盛り上がっている時も、共感できる部分がないので話についていけません。すると、周囲の人たちも自然と自分には結婚や家族の話をしなくなります。そのうち、仕事以外のことについて話をすることがなくなってしまいます。上司や同僚から気を遣われて距離が離れると、余計に会社内で浮いた存在になってしまいます。

会社において独身者は既婚者より損することが多い?

会社において独身者は既婚者より損することが多い?

会社において、独身者は既婚者より損することもあります。例えば、転勤のある会社の場合、独身者の方が異動を受ける可能性が高くなります。もちろん人事異動は、公平に判断されるケースがほとんどです。

しかし会社によっては、ある程度社員の事情や希望を確認します。すると、既婚者で子供が小さかったり家を買ったばかりの社員より、独身でフットワークの軽い男性に声を掛けるのは自然の流れです。

また会社員の場合、年末調整で所得から控除される割合が少ないです。既婚男性は、奥さんや子供を扶養家族すれば、配偶者控除扶養控除といった優遇を受けることができます。簡単にいうと、支払う税金が抑えられるわけです。

もちろん、既婚者は家族の生活にお金を使っています。ただ、同じ給料(収入)で支払う税金(支出)が違うのは損した気分になります。

独身男性が会社で肩身の狭い思いをしなくて済む3つの解決策

独身男性が会社で肩身の狭い思いをしなくて済む3つの解決策

独身で肩身の狭い思いをしなくて済む方法は下記の3つです。

1.まわりの目を気にしない

まずは気にしないことです。意外に自分が気にしていることは、周囲の人にとってはどうでもいいことがほとんどです。独身でいることが「恥ずかしい」「つらい」と感じる気持ちが強いと、まわりからも同じように思われていると誤解を生みます。「みんなが自分のことを気の毒な目で見ている」などの思い込みは、正直いって自意識過剰です。

みんな自分のことに精一杯で、他人のことをじっくり考えるほど暇じゃありません。つまり、まわりにどう思われているか気にしたことろで、みんなはそこまであなたに興味がないのです。気にするだけ時間がもったいないということです。

2.他人の考えはどうすることもできない

他人がどう思うかは、自分の努力ではどうすることもできません。これを、オーストリア出身の心理学者=アレフレッド・アドラーが説いた『アドラー心理学』を参考に解説します。日本でも著書やドラマで大ヒットした「嫌われる勇気」をきっかけに注目された『アドラー心理学』の一節に課題の分離というものがあります。

簡単にいうと、自分にとっての課題と他人にとっての課題は分ける必要があるということです。つまり、周囲の人があなたに気を遣っているのは他人の課題なので、あなたにはどうすることもできないのです。

結論、他人の心はあなたがどうにかできるものではないので、考える必要がないということです。それより、自分ができることを一生懸命考えて行動する時間を増やすべきです。

3.結婚したいなら行動する

もし、結婚願望のある男性であれば、結婚相手を探すために婚活をはじめるべきです。「独身で気を遣われたくない」「絶対に結婚したい」男性なら、結婚することが一番の問題解決です。

恋愛未経験で自信がない男性もいますが、結婚相手を探す方法はたくさんあります。この先、歳を重ねればどんどん独身であることにストレスを感じ続けます。30代、40代でも婚活をして結婚相手をみつける男性は多く存在します。

独身男性は結婚することで仕事もプライベートも充実する

独身男性は結婚することで仕事もプライベートも充実する

男性の場合、結婚することで仕事へのモチベーションが上がる人が多いです。家族を養うために頑張って働こうという意欲が芽生えるからです。もちろん独身でも仕事のできる人はたくさんいます。ただ、結婚することで余計なストレスから開放されて、仕事へのやる気が増すのは大きなメリットです。

恐らく、自分でも婚活をはじめる必要性に気付いているはずです。ただ、結婚できる自信がなかったり、女性と話すのが苦手だったりと恋愛に臆病になる男性は少なくありません。これも、自分の中で「どうせうまくいかない」という思い込みが働いているからです。

婚活は、正しい方法と考え方があれば誰でも成功する可能性はあります。もちろん、コンプレックスのある男性でも恋愛未経験の男性でも同じです。すべては行動することから始まります。

今行動した結果が明日以降の自分をつくる

結婚相手を探すにしても、独身のままポジティブに過ごすにしても、行動することでこれからの人生が変わってきます。逆に今まで通りの生活からは、これまでと変わらない生活しか待っていません。

最初の一歩は誰でも怖いです。失敗するかもという不安が大きいからです。でも、その一歩から少しずつ状況は変わっていきます。あなたの人生を変えれるのはあなたしかいません。

まとめ

・会社で独身者が自分ひとりだと目立ってしまい肩身が狭い
・独身であることで上司や同僚に気を遣わられると気まずい
・会社員は独身者が既婚者に比べて損することも色々とある
・気まずい雰囲気から逃れるには「気にしない」か「結婚する」
・現状を変えたいならまずは行動することが大事である

 

まわりの目が気になる人は、それだけ周囲を見渡せるという特徴があります。ネガティブ思考と取られがちですが、コンプレックスがあると人の痛みにも気付けるため優しい性格の人が多いです。

婚活をするためには、優しさはとても重要で女性が求める部分でもあります。結婚を望んでいる男性であれば、結婚相手をみつける方法はたくさんあります。恋愛未経験でも30代や40代の男性でも、女性と出会って交際に発展させることはそんなに難しいことではありません。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ