男性向け婚活&恋活

婚活で長男が嫌われる理由|女性を安心させて結婚相手に選ばれるコツ

婚活で長男が嫌われる理由|女性を安心させて結婚相手に選ばれるコツ

婚活において、女性に長男であることを伝えると結婚相手の対象から外されるケースがあります。昔から、「結婚相手は長男より次男(長男以外)を選んだ方がいい」と言われるくらい、長男と結婚することにリスクを感じる女性が多いです。

では、具体的に長男のどんな点を嫌っているのでしょうか?また、長男はどうすれば結婚相手をみつけることができるでしょうか?女性の意見を交えながら、長男の男性が女性を安心させるコツやストレスなく婚活を進める方法を解説します。

婚活において長男であることは不利なのか?

婚活において長男であることは不利なのか?

厚生労働省のデータより、2014年の世帯動態調査の結果から長男の割合を確認してみます。年代別に分けてみると、20代の男性では69.4%、30代の男性では67.6%、40代の男性では70.0%が長男であるとことが分かります。つまり、男性の約70%が長男というわけです。そのため、女性が長男の男性を避けるということは残りの30%の男性から選ぶということになります。

参考:厚生労働省 国立社会保障・人工問題研究所『世帯動態調査』http://www.ipss.go.jp/ps-dotai/j/DOTAI7/NSHC07_top.asp

さすがに、そこまで限定してしまうと女性も結婚相手をみつけるのが困難です。つまり、長男の男性でも結婚できる可能性は十分にあるということです。ただし、「絶対に長男がいい」という女性の数より「絶対に長男以外がいい」という女性の数が多いのは事実です。

例えば、恋愛関係から始まって将来的に結婚するカップルの場合、好きで交際した男性がたまたま長男でそのまま結婚に至るケースがほとんどです。一方で、出会いのきっかけが結婚である婚活においては、女性は男性の条件をしっかり見極めます。当然、いくつかの条件に絞り込んで男性を選ぶので、長男はNGと決めている女性からは相手にされないわけです。では、長男は具体的にどんな点が女性から嫌われるポイントなのでしょうか?

婚活で敬遠される長男は親との同居を求められるから

婚活で敬遠される長男は親との同居を求められるから

長男が女性から敬遠される理由に、男性側の親との同居という問題があります。長男は親の面倒をみるという風潮があり、男性の実家で親と同居する可能性があります。

特に、30~40代の男性の親となれば年齢が60~70代になります。親世代の人たちほど、長男は実家を継いで年老いた親の面倒をみるのが当たり前と考える人が多いです。仮に兄弟がいたとしても、実家や親の世話をするのは長男の務めで知らないふりはできません。そうなると、結婚すれば必然的に男性の実家で親と同居する流れになります。多くの女性は、男性の親との同居は絶対に避けたいと思っています。

最近は昔と違って、長男でも親と同居するケースは徐々に減っています。親が住む実家とは別に家を建てて、親とは別居で生活する世帯も増えています。女性からすると、男性の親が近くに住んでいても別居であればかなり印象は変わります。

都会暮らしと田舎暮しで違う長男の特徴

都会に暮らす男性の場合、実家が地方(田舎)にあってそもそも親とは別居しているケースが多いです。最近は、仕事の関係で実家を離れている男性も多く、長男であっても将来実家に戻る予定がない人もいます。女性にとっては、長男の男性と結婚しても実家に住む親に会うのは盆正月くらいです。たまにしか会えない距離に住んでいれば、余計なストレスを感じることもありません。そうなれば、長男であるデメリットも少なくなるので安心してもらえます。

一方で、すでに実家暮らしで親と同居している男性や、実家の近くに住んでいる男性は事情が異なります。長男であれば、当然親の世話が必要になり親との同居の可能性が高まります。また、結婚すれば男性の親と顔を合わせる頻度も多いので、何かとストレスを感じることも増えます。そのため、「親とは同居せず別の家に住む」という選択がアリの男性なら、女性にしっかりアピールする必要があります。仮に、将来どうなるかは分からないという男性でも、「将来なるべく負担にならないように考える」といった女性を安心させる言葉が必要です。

長男で自営業の男性は婚活で女性から断られる可能性が高い

長男で自営業の男性は婚活で女性から断られる可能性が高い

長男であることに加えて仕事が自営業の場合、女性から結婚相手として避けられる可能性が高まります。特に、実家の家業を継いでいるとなると、親と同居の可能性が高くなります。

また、家業を継ぐ場合、女性自身も仕事を手伝う可能性もあるので、どんな仕事をしているのかも女性にとっては気になるところです。体力のいる労働であれば女性から敬遠されますし、経理や事務的な仕事を任せられるのではないかと不安になる女性もいます。社員や事務員がいる会社であれば、仕事を手伝ってもらう心配はないと事前に説明しておくべきです。

自営業は会社員と違っていろんな面で不安定というイメージがあります。そのため、仕事や家庭のことで心配事の多い男性とは結婚しくない女性は多いです。仕事の面で女性を安心させるには、収入が安定している仕事だとアピールする必要があります。会社員や公務員と違って自営業の仕事であることは、それだけハンデがあると理解しておいた方がいいです。

婚活で嫌われる長男の男性は親の介護を意識させてはいけない

婚活で嫌われる長男の男性は親の介護を意識させてはいけない

女性が長男の男性と結婚したくない理由に、親の介護問題があります。親との同居を嫌がる女性の多くは、将来男性の親が介護を必要としたときに苦労することを懸念しています。同居していれば、親の介護をするのは主婦である女性にも負担となります。仮に、別居していたとしても、近くに住んでいれば長男の嫁として知らん顔はできません。

特に、認知症やからだが不自由になった場合の介護は過酷です。女性の実親ならまだしも義親となれば精神的なストレスも大きくなります。長男と結婚することのリスクを考える女性は多いので、親の世話や介護を誰がするのかハッキリしておくことも大事です。

例えば、兄弟が近くに住んでいるだけでも安心します。特に、姉や妹がいて親と仲が良いと聞けば多少なりとも安心材料になります。要は、女性にできるだけ負担を掛けさせないという配慮が必要なわけです。

婚活で長男より次男が好まれるのは結婚後のストレスがないから

婚活で長男より次男が好まれるのは結婚後のストレスがないから

長男であることのデメリットが目立つため、女性が結婚相手に選ぶのは次男(長男以外)の男性が多くなります。次男であれば、実家で親と同居する可能性は低いし、将来親の面倒をみるリスクもありません。年に何度か顔を合わせる関係であれば、喧嘩したり揉めることもないのでストレスを感じることもありません。

要は、女性は「結婚したいけど男性の親とは一定の距離を保ちたい」わけです。確かに逆の立場になってみれば、結婚して女性の両親と同居することを喜ぶ男性は少ないはずです。いくら家族になったとはいえ、他人との生活を受け入れるのは簡単ではありません。だからこそ、結婚相手を探すうえでは女性の不安を取り除くことが必要不可欠です。

昨今、結婚しても親とは別居する長男の男性も増えています。多くの女性が求めてないのであれば、結婚後は親とは一緒に住まない選択も考えておいた方が良いです。婚活を成功させるには、女性が求めていない条件は極力無くしておくことがポイントです。

婚活では長男でも結婚相手の対象にしてくれる女性もいる

婚活では長男でも結婚相手の対象にしてくれる女性もいる

すべての女性が、長男の男性を結婚相手としてNGと言っているわけではありません。女性の中には、長男であっても結婚できるという価値観を持っている人もいます。

長男であれば、「実家があるので住む家に困らない」というメリットがあります。新たに家を購入したり、毎月家賃を支払えばお金が掛かります。家賃や住宅ローンがないだけでも生活はずいぶん安定します。また、家族との生活を苦に感じない女性もいます。親戚やご近所との付き合いを大事にして、和気あいあいと暮らす生活が好きな女性もいます。

つまり、長男だからこそ持てる資産やライフスタイルをアピールして、その生活を好む女性を探せば良いわけです。婚活にもさまざまな方法があり、特に30代以上の男性は結婚相談所を活用する人が多いです。結婚相談所は、事前にプロフィールや希望の条件を出すので長男であることも伝えます。

長男であることを伝えたうえで、会ってみたいという女性を紹介されるので安心です。婚活は、いかに短期間に結婚相手をみつけるかがポイントです。そのためにも、事前にお互いの好みや条件を理解しておくことが大事です。そして、条件に合う女性を紹介してくれるサービスはより効果的に結婚相手を探せます。

まとめ

・日本人男性の約7割は長男だが、長男以外を求める女性は多い
・長男と結婚すると親との同居を求められるので女性から敬遠される
・自営業の長男は仕事や家庭の心配事が増えるので女性は嫌がる
・女性は男性の親の介護をしたくないと思っているので不安を取り除く必要がある
・長男より次男が好まれるのは結婚後の負担がほとんどないから
・結婚相談所などお互いの条件を事前に伝えれば、長男を認める女性とも出会える

 

長男であることは確かにハードルは高いかもしれません。婚活で出会う女性からも避けられる可能性もあります。しかし、最初から女性の気持ちを理解していれば対処ができます。

結婚したい女性であれば、当然男性の家庭環境は気になるので色々な質問も飛んできます。女性がどんなことに不安を感じてるか察知して、不安を取り除くことができれば印象はずいぶん変わって結婚を意識してくれる可能性も高まります。

それでも、女性との出会いや交際までの過程に自信がない男性は、結婚相談所など婚活をサポートしてくれるサービスを利用すると女性との出会いの質が高まります。結婚相談所では無料相談ができるので、自分の条件にあう女性がどれくらいいるのか一度聞いてみると参考になります。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ