男性向け婚活&恋活

44歳からの婚活は手遅れ?アラフォー男の厳しい現実と成功のカギ

44歳からの婚活は手遅れ?アラフォー男の厳しい現実と成功のカギ
近年、男女とも晩婚化が高まり40代から婚活をはじめる人が増えています。20~30代の頃は、仕事や自分の好きなことに時間を費やして結婚を意識しなかった男性もいます。しかし、40代に入ってふと将来を考えたときに急に不安が押し寄せます。

「親がいなくなれば家族も無くなって、生涯孤独の生活になってしまう」と、独身の人生に改めて寂しさを感じてしまいます。そして、「やっぱり人生のパートナーは必要だ」と思い立ち、40代半ばにして結婚相手を探し始めます。

ただ、これまでの人生で大して女性との交際経験もなく、女性を紹介してもらうアテのない男性は何から始めればよいか分かりません。取りあえず女性との出会いを求めて、婚活をスタートさせてもなかなかうまくいきません。やはり、40代からの婚活は難しいのでしょうか?

今回は、40代男性が婚活をするリアルな現実と、結婚相手をみつけるためのコツについて解説します。これから、真剣に結婚相手をみつけたい男性は参考にしてください。

アラフォーの男性が婚活で成功するためのコツ

アラフォーの男性が婚活で成功するためのコツ

婚活は、結婚相手を探す活動です。そのため、恋愛関係から結婚につながるカップルとは違います。分かりやすく言うと、「はじめまして。私は結婚相手を探しています。私はこんなタイプの男ですが結婚相手としてどうですか?」とアピールするところから始まります。だからこそ、普段の生活で自然に出会う女性とは接し方を変えなければいけません。

女性の良い部分をみつける

婚活では、相手の良い部分をみつけることが大切です。逆に、悪い(嫌いな)部分を探し出すと結婚相手は一生みつかりません。なぜなら、誰にでも欠点はあるからです。女性と出会うたびに、相手の欠点を深堀りしたり粗探しをするとキリがありません。もちろん、絶対に嫌いなポイントは持っておいて構いませんが、せいぜい2~3つくらいに絞っておくべきです。

例えば、「子供を望んでいる女性」「タバコを吸わない女性」など限りなく少ない方がいいです。あまりにNGが多いと、選べる女性が限られてくるので自ら出会いの数を減らしてしまうことになります。どんなカップル、どんな夫婦でも100点満点の相手などいません。結婚すれば一緒に生活するので、嫌な部分もたくさん見えてきます。それなのに、最初から100点に近い女性を探そうとするから、「いい女性が全然みつからない」と嘆いてしまいます。

婚活では、6割くらい相手のことを知って好きになれれば結婚相手としては十分です。絶対に譲れないポイントをクリアしている女性であれば、実際にお付き合いをして徐々に相手の良い部分を探す方がうまくいきます。結婚相手となると慎重になるのは当然ですが、あまり迷い過ぎると結局選びきれずにズルズル時間だけが過ぎていきます。婚活の鉄則は、短期間に集中して行動することです。

すぐに結果を求めず、折り合いをつけることも大事

婚活は色々なタイプの女性と出会います。そのため「自分好みの女性と出会えない」「自分が好きになる女性からは相手にされない」というミスマッチは当たり前に起こります。これは、普通の恋愛でも同じことです。いきなり運命の女性が現れたらこんなラッキーなことはありません。婚活を始めたらすぐに相手がみつかると過度な期待はせず、順序良く進めるのがポイントです。

また、結婚相手を選ぶときは折り合いをつけることも大事です。世間的には、40代なんだから贅沢言わずに妥協しろと声が飛んできそうです。ただ妥協というと、お互いに気持ちのいい言葉ではありません。婚活は、一定の期間で人生のパートナーを探すわけですから、どこかで折り合いをつけないとなかなか決断できません。つまり、相手を認めることがとても重要なのです。

婚活でうまくいかないのはアラフォー男性特有の勘違いが原因

婚活でうまくいかないのはアラフォー男性特有の勘違いが原因

アラフォーの男性は、婚活の場で数々の勘違いをしてしまいます。自分で勘違いに気付かない男性は、なぜ婚活がうまくいかないのか原因にも気付きません。

アラフォー男性の婚活における需要を理解する

婚活に失敗するアラフォー男性は、自分が女性からどのように見られているか理解していません。結婚適齢期は男女ともに30歳前後です。男性の40代は、そもそも需要が少ないと自覚すべきです。

男性目線で考えた場合、40代で独身の女性に特別な感情を抱くのは珍しくありません。「今まで男性と付き合ったことがないのか?」「よほど性格が変わっているかルックスがイマイチかだろう」「女性で40代独身はなかなか厳しいぞ」など、マイナスイメージが多くなります。

女性もまったく同じ気持ちです。「40歳を過ぎるまで一度も結婚していないのは何か問題がある」と感じるのは自然な感情です。まして、婚活市場には20代・30代の男性はたくさんいます。わざわざ40代の男性を選ぶ理由がない限り、ライバルの若い男性と比較されて結婚相手の対象から外されます。

上から目線のオジサンになってしまう

アラフォー男性のもっとも注意すべき点は、女性を上から見てしまうことです。40代にもなれば、仕事のキャリアもあって収入も安定している男性が多いです。人生経験が豊富なことで、女性の行動や言動が気になってイチイチ指摘したりします。婚活では、女性は対等な立場です。仮に、女性の方が年下であろうと同じ目線で付き合わなければいけません。勘違いするアラフォー男性は、女性を部下のように扱ってしまいます。

女性と話をしても「考えが甘いな」「何も分かってない」「はいはい、そういう事ね」と、上司のような態度を取ってしまい、さらにエスカレートすると説教じみたことを言って嫌われます。これでは、ただの口うるさい上司と何ら変わりません。年下の女性と交際したいのであれば、尚さら対等な関係を意識することが重要です。

自分のことは棚に上げて、女性に対する条件を厳しくしない

結婚相手の理想が高すぎると、女性と出会う確率は下がってしまいます。例えば、女性の年齢を30代前半までに限定してしまうことです。男性は、結婚して子供を授かりたいと望むケースが多いので、必然的に年齢の若い女性を求めがちです。ただ、40代の男性が、自分より10歳以上も年下の女性を探すとかなり限定されます。女性側の立場でいうと、わざわざ10歳以上も年の離れた男性と結婚するメリットがないからです。

また、女性の容姿についても、自分なりの好みがあるはずです。付き合って結婚するなら、自分好みの女性を選びたい気持ちも分かります。しかし、女性にも選ぶ権利はあります。40代の男性は、20代・30代の男性と比べると若々しさもなく体型も太り気味です。自分のことは棚に上げて、女性の容姿にばかりこだわると出会いは増えません。

アラフォー男性の婚活は悲惨な現実が待っている

アラフォー男性の婚活は悲惨な現実が待っている

婚活市場には、自分以外にも男性がたくさんいて女性から選ばれる立場にあります。そのため、20代・30代の男性がライバルになることを自覚する必要があります。

テレビなど観ていると、40代の男性芸能人が20代・30代の若くてきれいな女性と結婚するニュースを目にします。そんな光景を見ると、40代の男でも若い女性と結婚できるんだと淡い期待が生まれます。しかし年の差婚はごく稀で、結婚するカップルのほとんどは同世代です。つまり、女性はなるべくなら同じ年代の男性を求めます。

婚活するアラフォー男性の一番悲惨な状況は、「女性側からどのように見られているか気付かず、出会いの数を増やせば可能性はある」と誤解してしまうことです。「見た目もそんなに老けていないし、清潔感も保っている」と、ひたすら若くてキレイな女性ばかりを求めても婚活は進みません。

アラフォーの男性が婚活でもっとも大事にすべき第一印象は見た目と年収

アラフォーの男性が婚活でもっとも大事にすべき第一印象は見た目と年収

婚活は、第一印象で決まることが多いです。女性は、男性の見た目の印象とプロフィール上のスペックをチェックしています。

見た目に関しては、顔の好みはもちろんですが、アラフォーであれば老けていないかをチェックされます。白髪頭や薄毛、顔のしわやシミといった細かい点、また体型についても中年太りでだらしない感じはないかなど見られています。さすがに面と向かって「見た目がタイプじゃありません」と言われることは少ないです。だからこそ、なぜ断られたのか分からない時は、外見でお断りされたというケースが少なくありません。

また、女性が結婚に求める条件の一つに「安定した生活」があります。贅沢できればなお良しですが、せめて家族が安心して暮らせるだけの収入を稼いでほしいと期待します。そのため、男性の学歴や職業にも注目して、将来苦労せず生活できるかシビアに判断されます。

もちろん、最終的には性格や価値観といった内面も大事になってきます。しかし、最初の段階で弾かれてしまうと、その先の展開に持っていくことができません。いかに、最初の印象を良くして会うきっかけを作れるかがポイントです。

40代でも婚活がうまくいく男性の婚活法とは?

40代でも婚活がうまくいく男性の婚活法とは?

婚活を成功させるためにはメンタルがとても大事です。どんな姿勢で婚活に取り組むか、またうまくいかない時にどう対処するかがポイントです。

40代の婚活は真剣さが大事、でもガツガツしてはいけない

40代の男性が婚活を始めるなら、結婚に対して前向きな姿勢を見せる必要があります。40歳を過ぎて、「取りあえず彼女ができれば」「良い相手だったら結婚も考える」程度の気持ちでは女性から相手にされません。「40代にもなって恋愛したいとか何考えてるの?」と嫌われるだけです。真剣に結婚相手を探してるという姿勢を見せるところから始まります。

とはいえ、結婚したいアピールが強すぎるのも逆効果です。「早く結婚したい」「子供もほしいから急いでいる」なんて焦りが女性に伝わった時点で引かれてしまいます。女性からすると、「結婚したいだけで相手は誰でもいいのか?」と不信感が生まれてしまいます。婚活は、大勢の女性と出会いますが、必ず一対一の関係であることを忘れてはいけません。

男性としての魅力を高めるか、自分に見合う女性を選ぶか

婚活をするアラフォー男性は、まったく理想の女性と出会えないと悩む人も少なくありません。残酷ですが、現状の自分と結婚を考えてくれる女性はその程度だと、自覚しなければいけません。

回避するには、男性としての魅力をもっと高める必要があります。女性が求める収入であったり、ルックスや性格だったりさまざまですが、自分自身が変わらなければ女性は近づいてきません。だからこそ、婚活では自分を知ることが大切なのです。

どうしても結婚したいのであれば、少しでも自分に好意を持ってくれる女性との結婚を考えるのが正しい選択です。女性の良い部分をしっかり見極めて、欠点もお互いに認め合えれば良好な関係は築けます。婚活は、自分が好きな女性を探すより、これからの人生を共に過ごしていけるパートナーを探す方が成功しやすいです。

まとめ

・婚活は相手の良いところをみつけて根気強く続けることが大事
・アラフォー男性は自分のことを十分理解して、女性と対等な立場で接する
・若い女性ばかり狙っていると一向に先に進まない
・第一印象は見た目とプロフィールの内容で決まるのでとても重要
・結婚に対する真剣さと謙虚さ、自分に見合う女性を探すことがポイント

アラフォー男性の婚活は増えているのは事実です。しかし、全員が成功しているわけではありません。恋愛経験の少ない男性は、どうすれば女性と出会えるのか?自分の魅力をどう引き出せばいいのか?分からない人も多いです。

40代の婚活には、結婚相談所といった専門のスタッフがサポートしてくれるサービスもあります。ひとりで悩んで時間を費やすより、女性の紹介や恋愛相談ができる婚活サービスを利用するのが成功への近道です。結婚相談所では無料相談も行っています。自分にあった女性がどれくらいいるのか、まず相談してみると今後の方向性が見えてきます。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ