男性向け婚活&恋活

婚活パーティーでカップリングできない|非モテ男が選ばれるコツは?

婚活パーティーでカップリングできない|非モテ男が選ばれるコツは?
婚活パーティーを利用するけど、まったくカップリングできないと悩む男性がいます。婚活パーティーは複数の男女が参加して、毎回最後にお互い気になる相手を選びます。見事相性のあった男女はカップリング成立として、連絡先を交換したり後日会う約束をします。

何度もパーティーに参加していれば、一度くらいカップリングできてもよさそうですがさっぱりダメです。見た目はイケメンとは言いませんが、それなりに研究してオシャレや清潔感は保っています。また、女性から嫌われないように会話するときの態度にも気を付けています。それなのに、最終的に女性から選ばれることはなく連絡先すら聞けないまま終わってしまいます。

このままでは、何度パーティーに参加しても彼女すらつくることができず一生独身のままです。一体何が原因なのでしょうか?今回は、婚活パーティーに参加してもカップリングまでたどり着けない男性の特徴と改善策について解説します。

婚活パーティーで女性とカップリングできない本当の理由

婚活パーティーで女性とカップリングできない本当の理由

何をやっても女性にモテない男性は「どうせ俺なんかどんなに頑張っても彼女なんてできない」とネガティブになってしまいがちです。しかし、婚活がうまくいかない原因は意外に簡単なものだったりします。

イケメンやお金持ちじゃなくても婚活は成功する

婚活がうまくいかない男性に限って、「結局、イケメンやお金持ちじゃないと女性にモテないんだ」と卑屈になってしまいます。しかし、婚活パーティーで女性とカップルになる男性は、決してイケメンやお金持ちだけではありません。

確かに、見た目がかっこいい男性は第一印象が良いですし、収入の高い男性も人気です。でも、それは今すぐにどうにかできるものでもありません。だとしたら、違う角度から女性に関心を持ってもらう方が簡単にアプローチができます。特に、際立った特徴がないと考える男性なら、尚さらアピールするポイントを抑えておく必要があります。

婚活は好かれるより嫌われないことが大事

モテない男性は、「コレをやったら女性にモテる」とか「こうすれば女性に興味を持ってもらえる」と女性に好かれる方法ばかりを探してしまいます。しかし、婚活においては嫌われないことの方が重要であることを理解しなければいけません。

女性の立場になって考えると、初対面の男性ともう少し話したいなあとか、また会ってみようかなと思うのは好きになったからではありません。「悪い人ではないから、もうちょっとこの男性のことが知りたい」と思う感情です。

でも、最初から嫌いな男性には「また会いたい」という感情は芽生えません。それくらい嫌いには強い気持ちが宿ってしまうので、まずは嫌われないことがもっとも重要なわけです。では、女性から嫌われる原因はどんなものがあるのでしょうか?

婚活パーティーで女性と会った瞬間に失敗してしまう原因

婚活パーティーで女性と会った瞬間に失敗してしまう原因

婚活パーティーなど初対面で嫌われる男性には、いくつかの特徴があります。第一印象では見た目の印象が大きく影響します。ただし、世間一般に言われる「不潔な男性」とか、太っている・低身長など「コンプレックスのある男性」は省きます。あくまで、どんなルックスの男性にも当てはまる特徴に限定します。

雰囲気

笑顔は大事ですが、ニヤついた表情で女性を見ていると気持ち悪がられます。婚活パーティーには、複数の男女がランダムに異性へ声をかける場面があります。そんな中、離れた場所でチラチラ目の合う男性が、ニヤついた目をしていると「気持ち悪い」「怖い」と思われても仕方ありません。また、キョロキョロしている男性も挙動不審で引かれてしまいます。パーティー中は、目の前の女性だけでなく、色んなところを他の女性にも見られていると意識することが大事です。

ニオイ

第一印象で見落としがちなのがニオイです。特に、タバコを吸う男性は嫌われる可能性が高くなります。女性の中には、タバコのニオイがとことん嫌いな人も少なくありません。服についたニオイはもちろん、話したときに気づく口臭にも敏感です。タバコのニオイが原因で、一切近づいて来ないでほしいと思っている女性は意外に多いです。婚活に参加するエチケットとして、衣類の消臭やブレスケアなど口臭対策は徹底しておくべきです。

奇抜なファッション

オシャレに気を遣っているかもしれませんが、独特で奇抜なファッションは逆に浮いてしまいます。仮に、それが自分の趣味であったとしても婚活の場では控えるべきです。個性的な出で立ちは、オシャレと取られるより「ナルシスト」や「オタク」といったネガティブな印象を与える可能性が高いです。初対面では、個性を出しすぎるより清楚な格好をしている方が好印象です。そのため、下手にヒゲを生やしているのも女性によって評価が違うので、キレイに剃っている方が無難です。

婚活パーティーで女性との会話中に失敗してしまう原因

婚活パーティーで女性との会話中に失敗してしまう原因

第一印象で悪いイメージを与えていなくても、女性と会話をする中で嫌われるケースもあります。もちろん、男性のプロフィールを見て条件やスペックが影響する場合もあります。ただし、ここでは女性が求める条件やスペックはクリアしていると仮定します。そのうえで、女性から嫌われる男性の特徴をいくつか紹介します。

対応が雑で気持ちがこもっていない

婚活パーティーに何度も参加している男性に多い傾向です。毎回、同じように自己紹介や自己PRをしていると馴れてしまいます。すると、台本を読むように決まったセリフを早口で話してしまう状態になりやすいです。女性からすると、流れ作業のように感じてしまいまったく気持ちが伝わりません。何十回とこなす自己紹介も、目の前の女性からすると初めての挨拶です。常に、初心の気持ちで接することが大切です。

話し方で知性や教養がバレてしまう

女性との話し方だけで人間性を判断されることはよくあります。言葉遣いや話の内容で、「あまり頭が良く無さそう」とか「仕事が出来無さそう」と思われてしまいます。女性は「この人とは話が合わないな」と感じた瞬間に、男性の話はほとんど聞いていません。「早く別の男性と話したいなあ」と気持ちが他のところに行っています。

また女性は、受け答えがオドオドしたり、目線も合わせず挙動不審な男性にも敏感に反応します。すると、対人関係が苦手で一緒にいるのは難しい男性だなと烙印を押されてしまいます。婚活パーティーで成功するには、短時間の会話で不快感を与えないことが重要です。

自分の話ばかりで自慢話になってしまう

男女問わず人は自分に一番興味を持っています。そのため、どんなに気を付けていても、自分の話ばかりになってしまいがちです。さらに、自分をアピールしたい思いが強いと、ついつい自慢話になってしまいます。「年収が〇〇以上で」とか「〇〇って会社で働いていて」など、女性が知りたい情報ではありますが、イチイチ強調して説明すると嫌味に伝わって逆効果の場合もあります。女性へのアピールは、さりげなくするのが鉄則です。

女性との距離感がわかっていない

初対面の女性に対して、急に距離を縮めようとすると嫌われます。例えば、女性の経歴や過去の恋愛事情を聞く行為です。男性としては、女性に興味を持って色々と質問をしようと努力しているかもしれません。しかし、女性にしたら「何でそこまで答えなきゃいけないの?」「なんて図々しい男なの?」と嫌悪感を抱きます。コミュニケーション能力が低い男性は、相手の心理が理解できず距離感を間違えてしまいます。

まわりに対する気遣いができてない

特定の女性の前だけいい格好をして、他の参加者やスタッフに対しての態度が悪い場面を見られている可能性があります。婚活パーティーは、複数の参加者がランダムに接する時間があります。仮に興味のない女性から話しかけられて雑な対応をしていると、その様子を見られていることはよくあります。「なんか性格悪そうな男性」と印象付けられると、いくら必死にアピールしてもプラスに変えるのは難しいです。パーティー中は、最初から最後まで気を抜かないことが大切です。

婚活パーティーで女性とカップリングするためのコツ

婚活パーティーで女性とカップリングするためのコツ

婚活パーティーでカップリングするコツは、女性との共通点をみつけることです。初対面の女性と短時間に距離を縮めるためには、女性に親近感を持ってもらう必要があります。

自分に置き換えてみると分かりやすいです。例えば、アニメ好きの男性であれば女性から「私もアニメ大好きなんです」「どんなアニメが好きですか?」と言われたら親近感がわくはずです。極端な話、出身地が近いだけで「えっ私も〇〇の近くに住んでたことあるんですよ」なんて会話にもつながります。「類似性の法則」といって、人間は共通点がある相手に心を許しやすいという心理が働きます。

仮に共通点がみつからなくても問題ありません。女性が関心のあるものに興味を示すだけで共通意識が生まれます。例えば、女性が猫が好きだったとして自分はそこまで好きではなかったとします。そんな時は、「猫がお好きなんですね」「私飼ったことないんですけど、どんなタイプの猫を飼われているんですか?」と話を膨らませます。

知らない知識は、質問して相手に答えてもらえば自然と会話が続きます。「もっと詳しく知りたいです」と興味を示せば、お互い猫に興味があるという共通点が生まれます。たった数分間で女性の印象に残るためには、共通の話題をつくるのがベストです。

そもそも婚活パーティーでカップルになったら結婚できるのか?

そもそも婚活パーティーでカップルになったら結婚できるのか?

婚活パーティーのゴールは、交際できる可能性のある女性と出会うことです。そのため、結婚を目標に婚活パーティーに参加する男性は、「本当に結婚相手なんかみつかるのか?」と疑問に思う人も少なくありません。

仮にカップリングが成立したとして、その後交際するまでにはまだまだ時間が掛かります。そもそも婚活パーティーのカップリングは、もう一度会ってもいいかなと思う異性であってすぐに交際につながるわけではありません。パーティー後に連絡を取り合ったり何度か会う中で、お付き合いする相手かどうかを決める流れです。

婚活パーティーは彼女をつくる手段としては悪くありませんが、年齢的に早く結婚相手をみつけたい人にとっては少々時間が掛かるやり方です。特に、30代以上の男性にとっては、カップリング後にお付き合いに至らなかった場合、また一から相手を探すのはかなりのリスクです。

モテない男性が婚活パーティー以外で結婚相手をみつける手段

モテない男性が婚活パーティー以外で結婚相手をみつける手段

アラサー以上の男性で、婚活パーティーに参加してもカップリングできない人であれば、別の婚活サービスを検討するのが望ましいです。恋愛が苦手で婚活がうまくいかない人には、結婚相談所が適しています。

自分にあったタイプの女性を紹介してくれたり、女性と接するうえでの注意点や自分では気付かない欠点などもアドバイスしてくれます。何より、結婚することをゴールとして活動をサポートしてくれるので目的がはっきりしています。

婚活で大切なのは、期限を決めて集中して活動することです。うまくいかない方法でダラダラとやっていても時間とお金をムダに使ってしまいます。特に、年齢を重ねると女性から選ばれる可能性がどんどん低くなっていきます。もし、いろんな対策をしても婚活パーティーで結果が出ないときは、別の方法を試してみる選択も必要です。

まとめ

・婚活では女性に好かれるより嫌われないことの方が大事
・第一印象で嫌われるのは「雰囲気」「ニオイ」「奇抜な見た目」
・女性との会話では相手の気持ちをしっかり理解する必要がある
・婚活パーティーで成功するコツは共通点をみつけること
・婚活パーティーはカップリングできても結婚までの道のりが長い
・モテない男性こそ婚活をサポートしてくれる環境が効果的である

 

婚活パーティーは、参加すれば必ず複数の女性と出会えるので、女性と付き合えるチャンスは大きいです。しかしながら、短時間で女性に興味を持ってもらわないといけないので、ある程度のスキルが必要です。

女性にモテない男性は自分の欠点になかなか気付けないので、うまくいかない原因にもたどり着きません。何をどうすればいいか分からない時は、結婚相談所の無料相談で婚活のプロに聞いてみるといろいろと検証して教えてくれます。自分ひとりで悩まず、第三者の冷静な意見を聞くことも大切です。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ