男性向け婚活&恋活

40代で結婚願望が芽生えた男性|40歳からの婚活はアリ?ナシ?

40代で結婚願望が芽生えた男性|40歳からの婚活はアリ?ナシ?

40代から本格的に婚活を始めようと考える男性が増えています。若い頃は結婚に対する意識もなく、独身が気楽でいいと過ごしてきた男性は少なくありません。ただ、40代になって急に結婚願望が芽生える男性が増えるのも事実です。

結論からいうと、40代から婚活は十分に可能です。最近は、昔に比べて晩婚化が進んでいるので、40代で初婚を迎える人も珍しくありません。ただし、20代・30代の頃と違って、40代からの婚活にはいろいろなリスクがあり手法も異なります。

今回は、40代から婚活をする男性が気をつけるポイントや、上手に結婚相手をみつける方法について解説します。相手の女性や子供について不安を抱える男性は参考にしてください。

40代になるまで結婚願望がなかった男性の特徴

結婚願望がない男性の特徴として、一人の生活が気楽で時間やお金が自由に使える生活を好む人が多いです。結婚すれば一家の大黒柱として、家族を養わなければいけません。また、家族と過ごす時間が増えるので、独身の自由な時間を奪われると不安を感じる人もいます。

また、20~30代の期間を仕事に費やしてきた男性も、婚期を逃している傾向にあります。働き盛りで仕事に没頭していると、プライベートは二の次で結婚など考える余裕もありません。この場合も、仕事に集中するための時間を優先しているので、結婚することはマイナスだと感じる男性がいます。

そして、そもそも結婚に対して良いイメージを持っていない男性もいます。自分の親や周囲の人の結婚生活を目にしたり話を聞くと、結婚が良いものだと思えません。奥さんへの不満や結婚生活の不便さなど愚痴ばかり聞いていると、結婚しないことのメリットの方が大きく感じます。

結局、結婚することで得られるメリットより、結婚しないことで回避できるメリットが大きいと感じてしまいます。また、独身生活に慣れてしまうと、今の生活が変わってしまうことにストレスを感じるもの結婚願望が生まれない原因です。

40代になって急に結婚願望が芽生える理由

独身生活を良しとしていたものの、年齢が40代になると結婚願望が芽生える人も増えてきます。大きな理由として、年齢による将来への不安があります。人生80年と考えれば、人生の半分が過ぎたことになります。ふと将来のことを考えたときに、一生独身で過ごすことが本当に良いのか考えてしまいます。親がいなくなれば、孤独な人生が待っていると急に不安が押し寄せます。

また、親の年齢を考えたときに、いい加減安心させてあげたいと考える男性も増えます。60~70代になる親がいた場合、早く結婚して孫を見せてあげることが一番の親孝行だと気付きます。今までは感じてこなかったけど、まわりの家庭のように家族そろって楽しく過ごす光景をイメージすることも増えます。

40代になると、周囲に独身の男性がいなくなることも大きく影響します。友人や会社の同僚など、みんな結婚して子供も大きくなり家族の話題ばかりになります。気付けば結婚していないのは自分一人で、完全に浮いた存在になります。事あるごとに「結婚しないのか?」「いい加減親を安心させろ」と言われるのが苦痛になってきます。

年齢的にも、40代は仕事やプライベートが落ち着いてくる時期です。そうなって初めてじっくり人生を見据えたときに、「やっぱり独身はマズい」「今結婚しないと一生独身のままだ」と一気に不安が押し寄せるわけです。

婚活において結婚願望のない男性は女性から相手にされない

40代から始める婚活において、「取りあえず彼女を作りたい」と考える男性の多くは失敗します。婚活はそもそも結婚を前提に相手を探す場所です。しかも、40代で彼女を作ろうと悠長なことを言っている男性は、女性から相手にされない可能性が高いです。

婚活を恋愛の延長として捉える男性が多いですが、婚活と恋愛は大きく異なります。婚活は、結婚相手をみつける活動で、すぐにでも結婚したいという考えの人がほとんどです。女性からすると、普段の生活で結婚相手がみつからないから時間とお金を掛けて婚活をはじめるわけです。そんな中「取りあえず彼女を作って、お互いに気持ちが深まったら結婚したい」なんて考えの男性は論外です。

さらに、40代でそんな余裕をかましている男性には、「どうぞ一生独身生活を満喫してください」と捨てゼリフが飛んできます。婚活では、1年以内の結婚を目標に活動している人が多いので、自分も同じくらいの熱量で取り組まないと女性から見透かされてしまいます。

また、40代の男性は結婚して子供を授かりたいと考えて、20代~30代前半の若い女性を求める傾向にあります。しかし、女性からすると、わざわざ10歳以上も年の離れたオジサンと結婚するメリットは少ないです。それより、見た目も若々しく健康的で、価値観のあう同世代の男性を求めるのはとても自然な考えです。

40代からはじめる婚活は、より現実的に相手の年齢や条件を定めて、結婚を真剣に考えているという姿勢を見せることが大切です。

婚活中の女性からみた40代の独身男性のイメージ

40代になるまで一度も結婚しなかった男性は、女性から何か問題があるのではないかと疑われてしまします。例えば、性格が悪く女性と付き合っても長続きしないのでは?と警戒されてしまいます。また、恋愛経験がないという場合も、20代の若い男性なら純粋なイメージを持たれますが、40代の男性だと引かれてしまいます。

他にも、身体的に何か持病を抱えていたり家庭環境に問題があったり、深い原因があるのではないかと誤解される可能性もあります。最近は、見た目がそこそこの男性でも、意外に彼女がいない男性も存在します。すると余計に、40代まで独身で来た男性に不信感を抱かれても不思議ではありません。

むしろ一度結婚生活を経験したバツイチ男性の方がモテたりします。婚姻歴があるだけで、まったくの変わり者というイメージが無くなるからです。バツイチの男性で2回・3回と結婚できる人は、女性に慣れているという一面があります。さらに女性側も、バツイチ男性の方が結婚への理解力があると安心できます。

40代から始める婚活で男性が苦労すること

40代の独身男性が、女性から結婚相手として選ばれるのは簡単ではありません。女性が40代の男性を結婚相手に考えたとき、非常に高い条件を求められます。

例えば、見た目の印象です。一般的には40代は中年のオジサンです。外見の老化やだらしない体型も目立ってきます。また、加齢臭などの体臭も自分が気付いていないだけで、まわりの人は敏感に感じているケースもあります。男性が思う以上に、女性からみた40代の男性は魅力が欠けていると思われがちです。

また、年収についても期待値が高くなります。20~30代の男性と違って、仕事のキャリアも積んでいると思われます。すると、それなりの年収があると期待されてもおかしくありません。逆に、40代で低収入の男性には将来への不安が感じられるので、結婚すると苦労しそうとマイナスのイメージを与えてしまいます。

さらに、結婚して子供を授かるのも難しくなります。一般的に出産は女性の年齢が大きく影響すると思われがちです。しかし、男性も30代後半から肉体的に子供が出来にくいリスクが高まります。女性からしても、子作りにリスクのある男性を選ばないのは正直な気持ちです。

理由はさまざまですが、男性も歳を重ねると結婚できる確率はどんどん低くなっていきます。また、どうしても結婚したい場合は、自分が求める条件を妥協しなければパートナーがみつからない可能性も高まります。

40代の男性が結婚相手を探すときの自分に合った婚活法

40代の婚活は、男性のタイプによって方法を変えるのが望ましいです。婚活の手法にも向き不向きがあるので、自分のタイプをしっかり理解して最適な手段を選んだ方が成功の確率が高まります。

恋愛に苦手意識が無ければ婚活パーティー

女性との交際経験もあり、女性へのアプローチにもそれなりの自信がある男性は婚活パーティー街コンが向いています。女性にアピールできる外見や職業・年収などのスペックも平均的であれば、出会いの数を増やすことで理想の女性をみつけるチャンスが増えます。

婚活パーティーの魅力は、リーズナブルな料金でピンポイントに参加できる点です。具体的にいうと、1回数千円の参加費で「40代の男性が集まるパーティー」といったイベントを選んで参加します。1回のパーティーで複数の女性と出会えるので、そこでカップルになれば連絡先を交換するなどして交際へ発展させることができます。

仮にカップルになれなくても、また別のパーティーを探して新たな出会いを求めればいいので気楽に利用できます。定額でお金が掛かるわけではないので、自分のペースで婚活を進めることができるのが利点です。逆に、恋愛に自信がない男性が利用すると、何回も参加しているのにまったく成果が出ないと挫折してしまうのはよくあるパターンです。

恋愛に苦手意識があれば結婚相談所

恋愛が苦手で、女性にアピールできるポイントもみつからないと悩む男性であれば結婚相談所が便利です。婚活は期限をしっかり決めて、結婚相手をみつけるというゴールを設定した方が確実に目的を達成できます。

結婚相談所は、自分のプロフィールと女性に求める条件から相性のあう相手を探してくれます。複数の女性と出会って、仮交際という期間で女性を絞り込んで最終的に1人の女性と真剣交際をして「成婚」という流れです。

仕事に置き換えると分かりやすいですが、1つのビジネスを成功させるためにはしっかりとした計画が必要です。また、実際に行動してみてうまく進まない場合は検証をしたり、失敗の原因をみつけて軌道修正します。最終的に納期までに間に合わせるといった流れで目的を達成します。

婚活は、結婚という目的を達成するための活動です。ダラダラとうまくいかないことに時間やお金を使うより、「1年以内にパートナーをみつけて結婚する」と計画的に行動する方が結果が得られます。一人で悩むくらいなら婚活のプロに相談した方が、悩みも解決して前向きになれます。

まとめ

・結婚に対するプラスのイメージが少なく独身生活に自由を感じていた
・40代は将来への不安や親孝行から結婚への意識が高まってくる
・40代の婚活は結婚への真剣さがないと女性から相手にされない
・女性は40代の男性に不信感や警戒心を持ちやすい
・40代の婚活はハードルも高くなるのであまり高望みは好ましくない
・婚活では自分のタイプに合わせて手法を選んだほうが成果は出やすい

 

20代や30代の頃と違って、40代からの婚活は状況が異なります。相手の女性のことも考えるとあまり時間がないのは事実です。これまでの自分の恋愛遍歴や女性とのコミュニケーション能力などを理解したうえで、どんな方法で婚活をするのがベストか選択した方がいいです。

もし、恋愛や婚活に自信がない男性は、結婚相談所などサポートしてくれる手段を選んだ方がスムーズに進められます。何より、40代以降の婚活はしっかりと計画を立てて、短期間で結婚相手をみつけるのが成功の秘訣です。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ