男性向け婚活&恋活

独身ハラスメントに悩む男性の解決法|結婚を急かす人の目的って何?

独身ハラスメントに悩む男性の解決法|結婚を急かす人の目的って何?

独身で年齢を重ねると、バカにされたり結婚を急かされたりと嫌な思いをするケースが増えてきます。男性も30歳を過ぎると「まだ独身なの?」「なぜ結婚しないの?」と会う人から必ずと言っていいほど聞かれます。

基本的には、笑ってごまかしたり聞き流したりと気にしないように努めます。しかし、何度も同じことを言われるとストレスが溜まる一方です。当然、言ってくるのは既婚者で「早く結婚しないと行き遅れるぞ」としつこく言ってきます。しかしその反面、自分の結婚生活に対しては愚痴ばかり言っています。

なぜ、既婚者はハラスメントと言われるくらい独身者に対して結婚を強制するのでしょうか?また、独身者をからかうのはどうしてでしょうか?

今回は、独身であるが故にまわりの人から独身ハラスメント(嫌がらせ)を受けた男性の体験を参考に、なぜハラスメントをしてくるのか理由を解説します。また、今後独身ハラスメントでストレスを抱えないための改善策についてもご紹介します。

そもそも独身ハラスメントってどんなもの?

そもそも独身ハラスメントってどんなもの?

結婚していない未婚の人(男女問わず)に対して、本人が嫌がる言葉や態度で不快にさせる行為です。似たような表現として、「シングルハラスメント」「マリッジハラスメント」「ソロハラスメント」「結婚ハラスメント」といった言い方もあります。同じく、未婚者を不快にするようなハラスメントに対して使われるものです。

一般的に、セクハラ(セクシャルハラスメント)やマタハラ(マタニティハラスメント)は女性を対象にするケースが多いです。しかし、独身ハラスメントは女性に限らず男性も精神的な苦痛を感じます。

また、セクハラやマタハラのように性的な表現ではないので、大きなダメージはないと思われがちです。ただ、言われた本人は他人が思っている以上に気にしていたり、日々何度も言われることにストレスを感じています。

なぜ既婚者は独身ハラスメントをするのか?

なぜ既婚者は独身ハラスメントをするのか?

まわりの人は「あなたのことを心配している」といった雰囲気を出しています。しかし、独身ハラスメントをする人の心理は大きく2つです。

結婚するのは基本で家庭を持つことが当たり前だと思っている

独身ハラスメントをする人は、誰しも結婚を望んでいるはずだという固定概念のあります。また、結婚して子供を育てることが理想のライフプランだと考えています。

そういう人に限って「少子高齢化」を武器に「結婚して子供を生まないから人口がどんどん減っていくんだ」と主張します。だからこそ、結婚もせず子供を生まない未婚者は悪だとまで批判する人もいるわけです。

独身でいることへの羨ましさからくる嫉妬やねたみ

今現在、家族に対して時間やお金を費やしている自分を正当化したい気持ちがあります。そのため、独身生活を羨ましく感じて嫉妬している人も少なくありません。

結婚すれば色々な制限があるのだから、独身生活も絶対にマイナスの面がないと不公平だと考える人もいます。独身生活に不満を感じてくれれば、自分は結婚できて良かったと安心できるからです。

独身男性に職場で受ける独身ハラスメントの不満を聞いてみた

独身男性に職場で受ける独身ハラスメントの不満を聞いてみた

アラサー以上の男性は、独身を理由にさまざまなハラスメントを受ける可能性が高くなります。実際に、独身ハラスメントを受けた男性の体験をご紹介します。

何かと嫌な仕事を任せられるケースが多い(30歳/会社員)

職場において、残業や休日出勤など既婚者の社員に頼みづらい用事は常に自分に振ってきます。

 icon-user 「みんな家族があるから時間が取れなくてさあ…」「お前は独身だから都合付けやすいだろ?」

 icon-user (「いや、仕事なんだから独身も既婚者も関係ないだろ」)

結婚しない理由を勝手に決めつけられる(33歳/会社員)

結婚しない(できない)のは〇〇だから?と原因を勝手に決めつけてきました。

 icon-user 「もしかして女性に興味ないとか?」「最近はLGBT(性的マイノリティー)も認知されてるから、男性に興味があってもおかしくないしな」

 icon-user (「普通に女性が好きだし。彼女いないだけで勝手にLGBTだと決めつけるなよ」)

家庭持ちの大変さをアピールしてくる(31歳/公務員)

妻子がいると何かと苦労するという愚痴を、どこか自慢気に話をされました。

 icon-user 「独身はいいよなあ。こっちは休みの日も家族サービスで大変だよ」

 icon-user (「そんなに嫌ならさっさと離婚して自由になれよ」)

独り身はお金が貯まるはずと決めつける(36歳/サービス業)

独り身はお金に余裕があるから羨ましい、と嫌味を言われました。

 icon-user 「独身だったらお金貯まるだろ」「自分のために使う金しかねえんだから」

 icon-user (「独身は税金の控除も少ないから、所得税とかたくさん納めてるんだよ」)

背負うものがないから気楽でいいと見下される(34歳/会社員)

いずれ独立して起業したいと夢を語ったときに鼻で笑われました。

 icon-user 「独身は自由でいいよな。嫁・子供がいたらそんなこと言えないぞ」

 icon-user (「関係ねえよ。家族いたって夢叶える人はたくさんいるよ。アンタが諦めてるだけだろ」)

独身ハラスメントは訴えることも出来るの?

独身ハラスメントは訴えることも出来るの?

法律に詳しい弁護士に相談したところ、ハラスメントによって精神的な苦痛を受けた場合は損害賠償請求は可能です。ただし、相手の言動や態度が違反行為に値するか、また相手の行為によって自分が受けた損害の関連性があるかを立証しなければいけないので大変です。

訴えるのであれば、第三者が納得できるような客観的証拠が必要です。そのため、動画や音声など実際にハラスメントを受けたことを証明する物的証拠が欠かせません。素人ではなかなか難しいので、専門家である弁護士に相談した方が良いです。

いきなり弁護士に相談するのが難しい場合は、住んでいる地域の労働局に相談すればアドバイスや指導をしてくれます。訴えたいという感情だけで推し進めてもうまく行きません。詳しい人に相談するのが正しいやり方です。

独身ハラスメントをされないために自分の考えを整理する

独身ハラスメントをされないために自分の考えを整理する

独身ハラスメントは、日々何度も同じような言葉を投げかけられるのでストレスは溜まる一方です。訴えたいくらいに精神的な苦痛を感じる人もいますが、一旦自分の本心などを確認してからにしましょう。

結婚願望はない

結婚するつもりはないとハッキリ説明した方が良いです。毎日顔を合わせる上司や同僚であれば、尚さら自分の意志を伝えておくことが重要です。

何度も同じことを言われるのは、まわりの人は「結婚したいのにできないかわいそうな奴だ」と感じています。また、「必死になって婚活をしていないから結婚相手がみつからない」と余計な心配をされます。

「そもそも結婚する気持ちはなく、今後も独身で生きていきます」と宣言すれば、何度も同じことを言われなくなります。最初は引かれるかもしれませんが、しっかり考えを伝えれば独身を貫こうとする人に結婚の話をする人はいなくなります。

結婚したいけどできない

結婚したいのにできないと悩む人であれば精神的な苦痛は大きいはずです。言っている側はハラスメントだという認識がない場合もあるので、自分が傷ついていることを相手に理解してもらう必要があります。

まずは相談できる人を見つけるのが先決です。職場であれば上司など、ハラスメントをしてくる相手より上の立場にある人に相談するのがベストです。会社としては、社員が働きやすい環境をつくる管理責任があるので知らん顔はできないはずです。

万が一、会社内に相談できる人がいなければ、弁護士など法律のプロに依頼する方法もあります。ただ、弁護士に相談する場合は費用が発生するうえに、ハラスメントを受けたことを証明する画像や音声など具体的な証拠が必要です。また、時間やお金が掛かるという負担も大きいので、なるべく利用せずに解決できればベストです。

独身ハラスメントの対処法はまわりの意見に振り回されないこと

独身ハラスメントの対処法はまわりの意見に振り回されないこと

まわりから結婚を急かされると、独身でいることにネガティブになってしまいます。「独身でいることは悪いこと」「結婚できないのは情けないこと」とマイナスな思いが強くなります。

しかし、結婚することが必ずしも正解ではなく、結婚するタイミングも人それぞれです。まわりの意見に振り回されて、無理に結婚を急いでも幸せになれるとは限りません。自分の気持ちに正直に生きた方が、後悔のない選択や行動ができるはずです。

まとめ

・未婚の人が結婚していない・できないことに対して嫌がらせを受けるケースがある
・既婚者は結婚することが当たり前だと感じ、独身者の自由さに嫉妬している人が一定数いる
・独身者は職場など普段からいろいろな人に不快な言葉を投げかけられるケースが多い
・独身ハラスメントは訴えることも可能だが手間が掛かって素人には難しい
・結婚する気があるかないかで自分の気持ちを整理して対処することが望ましい
・結婚に対してはまわりの意見に振り回せれないことが大切である

結婚願望がない人にとっては、まさに大きなお世話で不快な気持ちになるだけです。自分の気持ちをハッキリ伝えて、不快にならないような環境に身を置くことが大事です。

一方、結婚願望がある人はどうしてもまわりの声が気になって、結婚を焦ってしまいがちです。また、現在結婚相手となる彼女がいない男性は、年齢的にも焦りを感じてしまいます。

なるべく早めに結婚相手をみつけるには、正しい手順と方法で婚活をすることが重要です。年齢的な不安や恋愛が苦手な男性は、より確実性の高い婚活でパートナーをみつけるのがコツです。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、40歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ