男性向け婚活&恋活

マッチングアプリで40歳の独身男がうまくいかない原因を徹底解説

マッチングアプリで40歳の独身男がうまくいかない原因を徹底解説

マッチングアプリを利用して、恋人や結婚相手を探す人はどんどん増えています。しかし、多くの男性が長続きせず、一度も女性と会うことすらできないまま退会しているのも事実です。

・いいねがもらえない
・女性との会話が続かない
・結局会ってもらえない
ユキオ
ユキオ
私も最初はまったく女性からいいねがもらえず悩んでいました。

 icon-check やはりアラフォーの男に興味を示す女性はいないのか?
 icon-check 高学歴・高収入というスペックを満たしていないから無理なのか?
 icon-check 女性とのコミュニケーション能力が低いから嫌われるのか?

 

どんどん自己否定が強くなり、やっぱり自分にはマッチングアプリは向いていないと諦めかけました。ただ、「もしかしたら、やり方が間違っているのでは?」と思うようになって、どうせダメなら色んな方法を試してみようと考え実践しました。

すると、少しずつ女性からの「いいね」の数が増えてきて、メッセージのやりとりができるようになりました。そのうちの数名の女性と会ってお話もできて、何度かデートを重ねてお付き合いができました。

今回は、いろんなマッチングアプリを試してみて気付いた、なかなかうまくいかない男性の特徴について解説します。アラフォーで自分のスペックに自信のない男性は、ぜひ参考にしてみてください。

マッチングアプリで40代の男性はそもそも不利な立場にある

マッチングアプリで40代の男性はそもそも不利な立場にある
まず40代の男性は、マッチングアプリを利用する時点でかなり不利だと自覚すべきです。利用者の多くは、20~30代の男女です。自分と同世代の異性を探す人にとって40代という年齢は恋愛対象から外れます。

男性から人気の女性であれば、同世代の男性を選ぶのは自然な流れです。わざわざ40代の男性を選ぶにはよほどの条件や理由がある時です。

もちろん、絶対に無理という意味ではなく確率の話です。大前提として40代の男性は、同世代か年上の女性とマッチングする可能性が高いという傾向を理解しておいた方がいいです。

【写真】マッチングアプリは写真がすべて|投稿する写真で失敗している

【写真】マッチングアプリは写真がすべて|投稿する写真で失敗している

・顔写真を載せていない
・顔をぼかしたり隠している
・印象の悪い表情をしている
・サブ写真がなくイメージしにくい

 

顔写真を載せていない

そもそも顔写真を載せていない人は、かなりの確率でスルーされます。マッチングアプリは、何百人・何千人といる男性会員の中から選んでもらう必要があります。

女性はスマホをスクロールしながら気になる男性をクリックして詳細を見ます。男性を一人ずつチェックするわけではないので、写真がブランクになっている男性をわざわざクリックして見ようとは思いません。

顔をぼかしたり隠している

顔写真は投稿していても、顔の一部しかわからない写真だと効果は弱いです。女性からすると「顔がイマイチなのかな?」「真剣に女性を探してるの?」と誤解されます。

お互いに顔を晒して真剣に相手を探しているというアピールになるので、きちんと顔がわかるように投稿するのがベストです。顔に自信がなくても、好印象を与える写真の撮り方はあります。

印象の悪い表情をしている

顔写真の基本は笑顔です。真顔だったりムッとした表情の写真は悪い印象を与えます。また、ふざけた表情や顔面ドアップの写真も女性にとっては不快な思いをします。せっかく顔写真を投稿しても、相手に良いイメージを持ってもらわないと意味がありません。

サブ写真がなくイメージしにくい

メインの顔写真だけだと情報が不十分です。写真は相手にアピールできる最大のツールです。文章でアピールするより、画像として表現する方が何倍も効果があります。

仕事の雰囲気やプライベートの様子などいろんな一面を見せるチャンスを逃しています。自分が写っていなくても、趣味で楽しんでいる姿や絶景を載せるだけでも印象が変わります。

【自己紹介】自己紹介でしっかりアピールできない男は女性からスルーされる

【自己紹介】自己紹介でしっかりアピールできない男は女性からスルーされる

・内容が乏しい
・真剣さが伝わっていない
・魅力が伝わっていない
・悪い(苦手な)印象を与えている
・ネガティブ思考で嫌われる

 

【※悪い例】

はじめまして!ユキオといいます。
年齢的にもそろそろ結婚したいと思い登録しました。

人見知りであまり話すの得意じゃないですが、
よかったらいいね押してください。

よろしくお願いします!

内容が乏しい

自己紹介の内容が乏しいとスルーされる確率が高まります。唯一言葉で自分をアピールできる場にも関わらず、適当に書いている男性は非常に多いです。

特に、アプリ内にある定型文をそのままコピーしたありきたりの文章では特徴が伝わりません。結局、どんな男性かもわからないまま流し読みをされて消されてしまいます。

真剣さが伝わっていない

女性側は真剣に相手を探している人が多いです。マッチングアプリでは、遊び半分で参加したり「いいね」を送る男性もいます。

女性は適当な男性を嫌うので、真剣さが伝わらない男性には特に警戒します。「本気で彼女や結婚相手を探しています」という思いを伝える必要があります。

魅力が伝わっていない

ただ自己紹介をするだけでは相手に何も伝わりません。マッチングアプリは、一度に何人もの異性を閲覧してチェックします。

自分の特徴や付き合った場合のメリットを伝えなければ、スルーされるのがオチです。趣味や性格など、一つでも多く自分の魅力を伝えるコメントをするのがポイントです。

悪い(苦手な)印象を与えている

気付かないうちに見る人に悪い印象を与えるワードを使っている場合があります。例えば、「年上の女性はごめんなさい」とか「転勤があるんで引っ越しOKの方が嬉しいです」など、出会う前から制限を掛けてしまうパターンです。

条件を伝えたい気持ちはわかりますが、「何かと条件厳しそうな男性」というイメージが付いてしまいます。細かい条件は後からでも伝えることはできます。自己紹介はすべての女性が見ているという自覚を持つ必要があります。

ネガティブ思考で嫌われる

謙虚さをネガティブ思考はまったく異なります。「何の取り柄もない男ですが...」「人見知りであまり話せませんが...」などネガティブな表現が多いと誰からも相手にされません。

頼りない男性というマイナスのイメージが付いてしまいます。仮に自信がなくても、自己紹介でネガティブな発言をするのはNGです。

【プロフィール】プロフィールから真剣さが伝わらない男性は相手にされない

【プロフィール】プロフィールから真剣さが伝わらない男性は相手にされない

・項目を全部記入していない
・嫌われやすい項目がある

 

【※悪い例】

項目を全部記入していない

マッチングアプリにはプロフィールを項目ごとに入力する欄があります。面倒くさがって最低限の情報しか入力しないと自己アピールとして弱いです。「何か答えにくい部分があるのか?」と疑われてしまいます。

特に、職種・年収・結婚歴・子供の有無など女性が気になる項目もあります。基本的にはすべての項目をオープンにすることで、相手に安心感を与えます。

嫌われやすい項目がある

男性に多いのは「喫煙する」や「実家暮らし」といった項目です。タバコを吸う男性を敬遠する女性は多いです。また、実家暮らしも「結婚したら親と同居しないといけない?」と不安になる女性もいます。

ウソをついたらいけないので正直に記入するのは当然です。ただ、どうしても女性が毛嫌いしやすい特徴は理解しておくべきです。

【共通点】共通点が少ないからマッチングの確率が一向に上がらない

【共通点】共通点が少ないからマッチングの確率が一向に上がらない

・チェックしている項目が少ない
・女性が好きそうなジャンルがない

 

【※悪い例】

チェックしている項目が少ない

マッチングアプリでは、コミュニティといったツールがあります。自分の趣味嗜好や価値観などをさまざまなジャンルを選べるので、自己アピールのツールとしても便利です。しかし、面倒くさいからと利用しなかったり、適当に2,3つ選んで終わりといった男性も多いです。

女性は、自分と趣味や価値観の合う男性かどうかをチェックしています。せっかくのツールをうまく活用できない男性は、それだけでいいねをもらえるチャンスを逃しています。

女性が好きそうなジャンルがない

女性が好みやすいジャンルがあります。例えば「旅行が好き」「温泉が好き」「カフェが好き」「犬・猫が好き」「映画が好き」などです。

単純に自分が好きだからという理由で、「ビールが好き」「ゴルフが好き」「車が好き」といったものだけでは女性の心を動きません。ポイントは女性が関心を持ってくれるかどうかです。

【ターゲット】狙うべきターゲットの女性を見誤ると必ず失敗する

【ターゲット】狙うべきターゲットの女性を見誤ると必ず失敗する

・若い女性ばかりをターゲットにしている
・顔が見えない女性は対象から外している
・狭いエリアだけで探している

 

若い女性ばかりをターゲットにしている

アラフォーの男性に多いのが、若い女性ばかりをターゲットにしていることです。一般的に自分の年齢の±3,4歳くらいが理想と言われています。アラフォー男性としては、できれば30代前半の女性と出会いたいと考えがちです。

しかし、30代前半の女性からしてみると、自分と同世代の男性はたくさんいます。わざわざアラフォーの男性を選ぶ理由がありません。よほど、年齢を感じさせないルックスか高条件であれば別ですが、年齢が10歳近く離れた女性からいいねをもらえる確率は極めて低いです。

顔が見えない女性は対象から外している

自分のプロフィール写真はしっかり載せるべきですが、顔写真のない女性を無視するのは話が別です。「自分は顔を公開しているのに、顔を伏せる女性はフェアじゃない」という気持ちもわかります。

しかし「顔写真を公開するのは恥ずかしい」と考える女性は一定数います。そういった女性は、他の男性からもスルーされる可能性が高いです。逆にいうと、ライバルが少ない分マッチングできる可能性が高まるわけです。

狭いエリアだけで探している

自分の住んでいる地域だけで探すと限界がきます。女性も同じく、自分の住んでいる地域に良い男性がいないと感じているケースもあります。

エリアに制限を設けず、色んな地域の女性にアプローチすることで会話のスキルも磨かれます。将来引っ越しアリの女性もいますし、仮にメッセージのやりとりだけでも女性とのコミュニケーションを取る練習にもなります。自分の中のこだわりを一旦リセットすることも大切です。

【相手選び】こだわりが強すぎると対象の女性がどんどん少なくなる

【相手選び】こだわりが強すぎると対象の女性がどんどん少なくなる

・ルックスの良い女性ばかりを探してしまう
・苦手な項目があるだけで除外している
・いいねを送る女性の数が圧倒的に少ない

 

ルックスの良い女性ばかりを探してしまう

顔の好み大事です。ただ、それだけを基準に選んでもマッチングは難しいです。自分がいいなと感じた女性は、他の男性も同じくいいねをしているのでライバルが多いはずです。よほど相手と相性が良くないとマッチングはできません。ルックス以外の性格や価値観で合いそうな女性にもアプローチすべきです。

苦手な項目があるだけで除外している

女性のプロフィールを見て苦手な項目があるだけで却下していると、対象の女性がどんどん少なくなってしまいます。例えば、犬や猫が苦手な男性は「ペット飼ってます」という女性を敬遠しがちです。また、「海外旅行好き」という女性には、「価値観が合わない」「付き合ったらお金が掛かりそう」という印象を持ってしまいます。

合わない点が1つ2つあるのは珍しくありません。先入観だけで決めずにまずマッチングできることを目標にアプローチすることが大事です。

いいねを送る女性の数が圧倒的に少ない

マッチングアプリでは、ほとんどのいいねは無視されます。女性を選び過ぎて、いいねを送る数が圧倒的に少ない男性はうまくいきません。できるだけ多くの女性にいいねを送ることが重要です。

もちろん、むやみに送るのではなく、女性と価値観が合いそうなプロフィールに修正します。そのうえでいいねを押すと、女性の目に止まりやすいのでマッチングの可能性は高まります。

【メッセージ】メッセージのやりとりが下手な男は絶対に女性に会えない

【メッセージ】メッセージのやりとりが下手な男は絶対に女性に会えない

・女性の印象に残らない
・女性に不快感を与えている
・タイミングが悪く自然消滅する

 

女性の印象に残らない

淡々と当たり障りのない会話ばかりだと飽きられます。「今日はいい天気ですね?」「アプリの使い方に慣れてないからごめんなさい」など女性からすると、具体的な話が一つもなく進展しなさそうと思われてしまいます。

また、他の男性と比較されてしまい印象にまったく残らないままメッセージが途絶えてしまいます。相手の興味を引き出す会話力が必要です。

【※悪い例】
ユキオ
ユキオ
今日はいい天気ですね。
女性
女性
そうですね。いい天気ですね。
ユキオ
ユキオ
今日は何するんですか?
女性
女性
お友達とランチに行く予定です。
ユキオ
ユキオ
へえ、そうなんですね。

 

女性に不快感を与えている

すぐ会いたがる男性は嫌われます。女性は相手が信頼できる男性かどうかわからないと会おうと思いません。

それなのに「取りあえず会って話しませんか?」と急かす男性が多いです。メッセージをやりとりする中で、「一度会ってみようかな」と思わせることが最初の課題です。最近はオンラインで通話できるサービスもあるので、まずは相手の不安感を取り除くのが先決です。

【※悪い例】
ユキオ
ユキオ
まずは会ってお話しませんか?
女性
女性
できればメッセージのやりとりから始めたいです。
ユキオ
ユキオ
えー会って話した方がお互いのこと分かると思いません?
女性
女性
いきなり会うのはゴメンなさい。
ユキオ
ユキオ
そうですか。じゃあ何か聞きたいことありますか?何でも答えますよ!

 

タイミングが悪く自然消滅する

マッチングアプリのメッセージ交換はタイミングが非常に重要です。返信が遅すぎると相手からの返信も遅くなります。逆に何通もしつこく送ると相手から嫌がられます。

ある程度コミュニケーションが取れるまでは、通知設定をONにするなどして相手から来たメッセージになるべく早く返信するのがコツです。また、相手の返信が遅くてもイライラしないのも大事です。だからこそ、一人の女性だけでなく複数の女性とやりとりができればストレスも抑えれます。

【※悪い例】
ユキオ
ユキオ
返信ないですけど忙しいのかな?
ユキオ
ユキオ
大丈夫ですか?具合悪いとか?
女性
女性
すみません、仕事で遅くなって返信できませんでした。
ユキオ
ユキオ
無視されたかと思って落ち込んでました(汗)
女性
女性
仕事中は携帯見れないもので。

マッチングアプリは「いいね」をもらわないと何も始まらない

マッチングアプリは「いいね」をもらわないと何も始まらない
マッチングアプリは、女性からいいねがもらえないと何も始まりません。しかし、多くの男性はマッチングアプリを利用するだけで、女性と出会うことができると安易に考えています。

間違ってはいけないのが、マッチングアプリはより多くの女性と出会うチャンスが増えるだけです。利用すれば女性から選ばれることが約束されたわけではありません。

つまり、今の自分を変えないとマッチングの確率を上げることはできません。逆に、女性から気に入られるポイントを抑えるだけで、女性の目に止まる可能性を高めることができます。

まとめ

40代の男性がマッチングアプリでうまくいかないのは、女性がどんな男性に関心を抱くか?を理解できていないのが原因です。ただ単に「よかったら会って話しませんか?」と声を掛けても、OKする女性はいません。

自分ひとりで婚活をするのが大変な場合は、婚活サイトといったサポート付きのサービスを利用するのも手段の一つです。女性とマッチングできるポイントを具体的に教えてくれます。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、40歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ