男性向け婚活&恋活

【別れる決断はスピードとタイミング】40代で知り合った同世代の女性 募る不満から学んだ決断と教訓

私は46歳独身男性で会社員をしています。2年前に交際した彼女の話ですが、ものすごく不満とストレスを抱えて付き合った経験があるのでご紹介します。

出会いのきっかけは恩師からの紹介 40代男女の恋愛観とは

今から2年前なので、当時私は44歳で彼女は37歳でした。彼女はバツイチで子どももいましたが、離婚後親権は父親になったそうです。

私の仕事は会社員で、彼女は医療事務をしており病院勤めでした。知り合った経緯は、私が以前通っていた書道教室の師範からの紹介です。書道教室はすでに辞めてしまいましたが、師範には大変お世話になったので時折顔を出したり、お中元や旅行のお土産等を渡したりと関係は続けていました。

ある時、師範から「最近うちの教室に通い出した女性がいるんだけど一度会ってみない?」と紹介があり引き受けました。最初は、師範・彼女・私の3人で食事をして、2回目以降は二人だけで会いました。何度か会う中で自然と交際へ発展しました。

会うのは週末土曜日が多かったと思います。理由はお互い日曜日が休みなのですが、明日が月曜日となると早く帰って週明けに備えたいだろうとの考えで土曜日が定着しました。

会えない日は電話やLINEでのやり取りをしていましたが、そんなにマメにという程でもありません。連絡を取らない日もありましたし、お互いの生活リズムを崩さないよう配慮したというか年齢的にも若い時のような恋愛観ではなかったと思います。

本当にアラフォー女子!?彼女への不満は募るばかり

さて本題なのですが、私が彼女に抱えていた不満というのが「気配りの無さ」です。例えばデートで外食をする際、彼女の好みに合わせてお店選びをします。事前に電話予約を済ませて、当日彼女を車で迎えに行ってお店まで移動します。

お店に入るとスタッフとのやり取り、サラダ等の取り分け、追加ドリンクのお伺いや注ぎ足し、空いたお皿等テーブル周りの整理、会計といった事をすべて私が行ないます。

焼肉店なら、自分の分だけでなく彼女の食べるお肉もお皿から焼き網まで運び、肉をひっくり返し、焼きあがったら彼女の取り皿に運びます。焼肉のタレ等の準備も私です。しゃぶしゃぶ店に行った日は、右腕を動かしすぎて翌日筋肉痛になる事もあります。

自宅デートの際も、飲み物やお茶菓子を用意、食べた後の片付けや彼女が粗相をした際の掃除、こういった事もすべて私がします。彼女は座ってるだけで何もしません。

これが10代の男性経験のない女性なら、まだこういった気配りは分からないかなと初々しく感じたと思います。若い頃の恋愛は実際そうでした。しかし彼女はその倍近い年齢です。

正直40も近い大人の女性がさすがにマズいよなと思いました。しかも彼女には高校生になる子供までいるという現実に大変ショックを受けました。

変わらないものへの対応策 スピーディーな決断も重要

付き合いたてとはいえ、交際から1,2ヶ月経過してもこの調子なので、さすがに私からも苦言を呈しました。しかし彼女は「甘えてしまって、ごめん」と口では謝るものの何も変化はありません。「お子さん相手でも何もしないの?」とキツい言葉も投げかけると、精神が不安定になって突然キレたり泣き出したりする始末。

きっと元々こういう女性で、年齢的にも今後改善する可能性はないと諦めました。紹介してくれた師範には申し訳なかったですが、ズルズル引っ張るよりは早く関係を切った方がお互いにとって最善と思い彼女との別れを決意しました。

私も自分の年齢の事もありますし、これから先そう何度も出会いがあるとは思いません。しかし性格や価値観が合わなければ長続きはしないので、無理だと感じたら「即時撤退」という教訓を学びました。