男性向け婚活&恋活

生活スタイルを決めるのは最初が肝心 豪華なプレゼントの後に待っている問題点

私の年齢は55歳で、仕事は工事作業員をしています。奥さんは48歳で婚活パーティーで知り合いました。年齢もそこそこなので周りから再婚と思われがちですが、お互いに初婚です。

プロポーズは準備が重要 奥さんを射止めたのは豪華な旅行

最初から真剣交際といった感じではなく、お友達として仲良くしましょうというノリでたまに連絡を取り合うくらいでした。時々、食事に行って会話をしながらお互いを知る中で意識するようになりました。

まあ最終的に結婚する決め手になったのは二人で行った旅行です。私なりに結構奮発をして旅行をプレゼントしました。ディナーには高めのレストランを予約して、そこでプロポーズをすると決めていました。

事前にお店側と入念な打ち合わせで素敵な料理もセッティングしましたので、奥さんはとても驚き喜んでプロポーズは成功しました。もちろんそれまでの交際の過程があっての事ですが、意外とこういったポイントは大きいと思います。

結婚後に突然言い出した奥さんのわがままな要望に唖然

新婚生活は、特に問題もなく楽しい毎日を過ごしていました。しかし結婚生活が半年を過ぎた頃でしょうか、奥さんがまた旅行に行きたいと言い始めました。

最初は楽しい思い出話をしてるのかなくらいで聞き流していました。でも、そのうちにパンフレットを見せにくるようになり口癖のようにせがんで来るのです。

しかも具体的なパッケージのプランを自分で調べ出したりして、プランの内容を聞くとどれも高額なものばかり(どこにそんな金があるんだよ!)さらに旅行期間が2週間って(そんなに休み取れるわけないだろ!)

あの時の旅行なんて一生に1回行けるかどうかなのに、年に1回は行きたいとか言い出すんです。我が家の経済状況が分かっていなかったんだと実感しました。

そんなの常識と思わずに生活水準は早めに確認しておくこと

今回の件で、生活水準をしっかりと相手に理解してもらう事は重要だと気付きました。若いカップルではないし、それくらいの事は理解できるだろうと思い込んでいると大変な目にあいます。

結婚前に同棲でもしていれば何となく把握できていたかもしれません。しかし、いざ一緒に生活してみると見えてくるものもたくさんあります。

特に「お金について」は重要で、お金の件で離婚する夫婦も多いと聞きます。一方的な言い方はよくないので伝え方は注意する必要がありますが、お互いに話し合って通じ合わなければ最悪の状況も覚悟しなけばいけません。

これから続く長い夫婦生活において、こういった話し合いの場は何度もあると思います。のんびり屋の奥さんにどこまで伝わるか不安ですが、じっくり話をして行きたいです。