男性向け婚活&恋活

トラブルから発展した恋愛 友人の元カノといつしか急接近

私の職業は介護士で、年齢は35歳になります。奥さんとの出逢いは私が入院していた病院での事です。私は、1ヶ月ほど持病が悪化したため入院していました。そこで、担当として就いてくれたのが今の奥さんです。私と同じ年なので共通の話題も多くすぐに仲良くなりました。

入院生活の中で偶然に生まれた出会いの数々

ある日、私の友人が病室にお見舞いに来てくれました。実は彼はお医者さんなのですが、ちょっと変わった経歴なんです。

30歳になって医者の道を目指し猛勉強の末に奇跡的な出世をした努力家です。彼は私が持病の事を打ち明けてから、色々な面でサポートしてくれるとても頼りになる存在です。

病室で彼と話をしていると、ちょうど担当の看護士さん(である後の奥さん)が来たので彼にも紹介しました。するとお互いに驚いた様子でしたので、後になって友人に聞いてみると2人は幼なじみで高校時代に付き合っていたというのです。

交際はしばらく続きましたが、友人が大学を中退して医者の道を断念した頃に別れて、それ以来連絡も取っていなかったとの事でした。そんな話を聞いてお節介な私は、まだお互いに未練があるのではと思い友人と看護士さんをもう一度結び付けようとしました。

良かれと思った行動が大失態 誠意ある謝罪後に事態は思わぬ方向へ

退院後に友人と看護士さんそれぞれに連絡を取って、近所の喫茶店に呼び出し内緒で会わせるセッティングをしました。きっとうまく行くと思い込んで。

ところが、看護士さんから二人きりでは話も合わないし困ると電話が入りました。慌てて喫茶店に行くと看護士さんの姿はありませんでした。

友人に謝罪して事情を聞くと、付き合っていた当時の事をまだ引きずっているのだと言います。友人の態度が原因だったようで看護士さんをとても傷つけた過去があったようです。

私は深く後悔しました。勝手な思い込みで友人と看護士さんに嫌な思いをさせてしまったのですから。すぐに看護士さんに連絡を取って何度も謝罪しました。最初は機嫌が悪かった看護士さんも、もういいよと許してくれて「今度ごはんでもおごってよ」と言われたので、喜んでと返事をしました。

後日、看護士さんの休日に合わせて一緒に焼肉屋さんへ出かけました。改めて、友人との件を謝罪して、友人も過去の事を謝っていたと伝えました。すると看護士さんは「もう過ぎた事だし今さら思い出したくもないから、これでおしまい!」とすべてを水に流してくれました。

私は、お詫びのしるしに用意していたチケットを渡しました。近々行われる夏フェスのチケットで「誰か誘って行って来なよ」と言うと、「行く人いないし、じゃあ一緒に行ってよ」という事で結局2人で夏フェスに行きました。もちろん友達として夏フェスも楽しみましたが、いつしか看護士さんといると自然体な自分でいられる心地よさを覚えるようになりました。

交際期間を経て結婚へ つらい過去も忘れるくらいの結婚生活

それからは2人で会う回数が増えて、いつの間にか友達から恋人になっていました。看護士さんとは5年の交際期間を経て結婚をしました。

結婚後、奥さんは看護士の仕事を辞めて専業主婦として家庭を守ってくれています。家に帰ると迎えてくれる家族がいると安心しますし、色んな相談相手になってくれるパートナーがいてとても幸せです。

友人の話はあれ以来全くしなかったのですが、奥さんも結婚して心が穏やかになったのか時々話題に出すようになりました。奥さんも過去の傷を治して前に進んでいるようなので、結婚生活には自然な治癒力があるのだと実感しています。

あんなトラブルを起こしても、今となっては夫婦になり幸せに暮らせているのですから人生は本当に不思議なものです。

管理人

当サイトを管理しているユキオです。
私は、38歳のアラフォー独身男でした。そろそろ結婚したいと思い、婚活をはじめて見事結婚できました。
独身男性って仕事や結婚・将来について色んな不安や問題を抱えていますよね?そんな独身男性と一緒に様々なお悩みを解決していきましょう。

サイトマップ